3年A組 ―今から皆さんは、人質です―

【3年A組】7話のあらすじと感想評判「熱血教師・武智(田辺誠一)の罪?」



ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」第7話が2019年2月17日(日)に放送されました。

ここでは、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

ベルムズにフェイク動画のオーダーをした魁皇高校の教師HUNTER___柊が名指ししたのは熱血教師としてマスコミにももてはやされていた武智(田辺誠一)でした。

あまりにも意外な名前に、世間は大騒ぎになります。

【3年A組】5話のあらすじと感想評判「運命は少女(今田美桜)が握る」



スポンサーリンク


【3年A組】7話のあらすじ(ネタバレ)

「全ての罪を自白してください」、と柊は言いました。

犯人として告発された教師はマスコミの寵児ともいうべき“熱血教師”の武智だったのです。

熱血教師の“仮面”

3月7日。
朝の情報番組はこのネタで持ちきりです。

武智本人は証拠がないこと、また柊が自分のカリスマ性に嫉妬しているのだとして完全否定していましたが、柊はいずれネット民がその証拠をも明らかにするだろう、と予言しました。

武智の手元にも拡散されてきたとある動画。

女子学生と男性がビルに吸い込まれていき、後に男性のみが出てきた直後に救急車がやってくる…それは、澪奈(上白石萌歌)が亡くなったときの様子ではないか、という防犯カメラの映像でした。

そんな中で武智はマスコミ主催の写真集出版イベントに向かうのですが、周囲の様相はこれまでとは違っていました。

釈明をする映像はテレビで中継され、無実を訴えていました。

身の潔白を証明してみます、というのです。

完全に宣戦布告した武智ですが、その裏で、郡司(椎名桔平)らは相楽社長(矢島健一)らを調べ、柊との関係を突き止めていたのです。

テレビを見ている文香(土村芳)は「私だけ知らないふりをするわけにはいかない」と呟きました。

胡乱な空気が流れる中で、武智はステージ上で「魁皇高校朝礼体操」を踊りだし、その様子をSNSは「これぞ最高のエンターテイメントだな!w」「クレイジー対クレイジー」と茶化すのです。

「盛り上がってきたねぇ~」
柊はその様子をテレビで見ながら次の手を打っていました。

彼の“大切なもの”

これまでパズルのように、まるでサブリミナルのように差しはさまれてきた数々の動画が並べられていきます。

文香が、ベルムズがフェイク動画を作っているというのは武智大和から聞いた、と語るシーン。

ワイドショーの中でファッションのトピックスを説明する武智。

そして、武智が澪奈に大学への推薦の話をしているシーン。

武智の釈明をテレビで見た生徒らに、「ちょっと遅めだけど」と前置きして柊が授業を始めます。

どちらを信じるべきか揺れている生徒らに「そんなに気になるなら直接本人に聞いてみようか」と、柊は武智の番号をタップし、電話をかけました。

今日の課題として、武智に「今夜8時までにすべての罪を告白してください」と彼は言うのです。

防犯カメラの映像の当日、澪奈はフェイク動画の犯人に会いに行く、と言っていたのです。

「もし8時までに罪を償う気が無いのなら、あなたの最も大切にしているものを奪います」

それが何かは8時になってからのお楽しみ…Let’s think!___そう言って柊は電話を切るのです。

澪奈の告白

携帯がないからマインドボイスが見られない、という生徒らに、柊は澪奈が亡くなった日の動画を見せました。

彼女は自ら美術準備室で「フェイク動画の犯人に会いに行く」と柊に告げていたのです。

そしてその相手はこの学校の先生だと。

防犯カメラの映像、その日付を見てさくら(永野芽郁)は「これって…」と絶句しました。

映像に残った姿には、澪奈の名前入りのカバンと、さくらが以前プレゼントしたキーホルダーがついていたのです。

クラス全体が武智犯人説に傾いていくところで、瀬尾雄大(望月望)は「それは(柊の)憶測だろう?証拠はあるのか?」と問いました。

柊は「逮捕に結びつく証拠はない」と答えました。

瀬尾は、柊が印象操作を行うために立てこもって、武智を陥れているのでは?と主張し始めました。
それに賛同したのが魚住華(富田望生)です。

二人は、武智の後押しで豪翔大学にスポーツ推薦が決まっていたのです。

柊は、瀬尾に自分で動画の解析をしてみろ、と言って美術準備室に戻りました。

彼は激痛に耐えていましたが、その命のリミットは削れるばかりだったのです。

スポーツ推薦枠の闇

瀬尾と華は西崎(今井悠貴)に「武智が面倒を見た豪翔大へのスポーツ推薦は、大学に入って一年目にほとんどが退学しているって、知っているのか?」と聞かれます。

武智は学生の技量をよく知らないままに推薦をだしているので、入学してから練習について行けなくてメンタルを病んでしまうのだというのです。

初めて聞いた話に愕然とする華。
しかし瀬尾は「覚悟はできてるよ」というのです。

瀬尾は陸上競技を頑張っていました。

華は卒業したら実家の米屋を手伝うと決めていましたが、柔道に未練を残していました。

お互いに、推薦に手が届かなかった、そのわずかな差を悔いていたのです。

そこに現れたのが武智でした。

豪翔大の推薦枠が二つ空いた、結果を残せば学費免除、スポンサーも付く、親にも楽をさせてやれるぞ、という夢のような話で、彼は二人にとってまるで救世主のようだったのです。

しかし、それこそが落とし穴でした。

武智がワイドショーで世話になっていた教育評論家で政治家の牧原は、このトラブルであっさりと武智を切りました。

そして彼は政界を引退して、豪翔大の学長に収まるのだというのです。

ネット民は着々と防犯カメラの映像の解析を進めていました。

テレビ出演した武智と同じスーツ、そしてイギリスの老舗ブランドの特注で滅多には存在しない靴までもが特定されたのです。

相楽と柊の絆

「警察が撮影所に来たそうだ」と相楽は柊に告げました。

火薬などの調達を依頼していたこともバレているのだろう、と話す二人の間には、深い信頼の空気がありました。

後悔はしていない、娘のためだ、という相楽。

文香は今は何も知らないが、柊が事件を起こしたことに責任を感じている、と相楽は言います。

「私たちがしていることは間違っているが、必要なことだ」

二人は、その言葉の意味を噛み締めて電話を切りました。

警察も二人の関係性にたどり着いていたのです。

郡司らは相楽が過去に様々な特撮ヒーローの作品をプロデュースしており、さらに、文香は亡くなった妻の連れ語であったのだということまでつきとめていました。

生徒らの葛藤

瀬尾らは柊が弱ってきていることを察知し、彼を制圧すれば外に出られる、そして武智を逮捕できるだけの証拠がないことを話せば、疑いも張れるのではないかと企んでいました。

そして武智のもとにも五十嵐(大友康平)らが事情を聞きにやってきていたのです。

郡司は文香が退職した当時の高校の生徒にまで聞き込みに行きました。

ちょうどその頃、部下の宮城(細田義彦)からの報告で“ヤバイ”ことが判明したのです。

文香は武智と三年前からの知己でした。
担当している生徒の豪翔大への推薦について話をしていたのだと、動画の中で語っていました。

その動画を見ていた柊自身に異変が起こりました。

瀬尾や兵頭(若林時英)らが消耗している柊を襲撃してロックを外そうとしているに気が付いた甲斐(片寄涼太)たちが気づいて制圧し、騒動が起こったのです。

瀬尾にとって、あのスポーツ推薦はやっとつかんだチャンスだったのです。

___もし武智が犯人だったら?
___澪奈を死に追いやったやつからの推薦で本当にうれしいのか?

そう糾弾される瀬尾を見て、華は泣きながら言いました。

「3年間必死で努力してもダメで、諦めかけていた時に声をかけてもらって、こんなチャンス二度とないって喜んで、なのに!次があるなんて、簡単に言わないでよ!」

瀬尾、お前のゴールはどこだ?
スポーツ推薦で大学に入ることか?

柊に問われても、瀬尾は「しらねえよ…目の前のことでいっぱいいっぱいで、考えたこともねぇ…」と静かに涙を流すのみです。

お前たちはそれでいい。
だが、教師はそうはいかない。
お前たちに頼みがある…俺という人間を、ジャッジしてくれないか?

柊は苦しそうな様子で生徒らにそう告げるのでした。

タイムリミットがやってくる

夜八時を目前にして、柊は武智を呼び出しました。

武智は澪奈を豪翔大学の推薦を持ち掛けて断られていました。

澪奈は、武智と豪翔大の癒着を知っていて、断った、と柊は言いました。

有望な学生を送り込み、その見返りに武智は大学から報酬を受け取っていたのです。

澪奈は断り続け、武智は禁じての現金を手渡してきたと澪奈は告白していました。

入学後に推薦した学生が好成績を収めれば、武智へのマージンも跳ね上がったというのです。

そして、1年目に結果を残せなければ強制退部、授業料免除の撤回という苦しい条件をのませたうえで大学に放り込んでいた9割の学生が退学を余儀なくされていった、というのです。

澪奈はその事実を知り、教育委員会に訴えようとして澪奈を陥れようとしてフェイク動画を作らせた、というのです。

武智は、澪奈に言い寄られていた、と言い始めました。
断ったから、柊にすり寄っていったのだというのです。

しかし。
解析された動画には、はっきりと___防犯カメラの映像にある鏡に、武智の顔が克明に映っていたのです。

それを見せられた武智は錯乱し、フェイク動画を作らせたことは認めました。

その瞬間はマインドボイスのライブ中継になっていました。

全世界に生配信されてしまったことで、武智の人生は終わりました。

「約束通り、あなたの大切なものを頂きました」
それは___名声と、権威。

まるで物のように、生徒を使い捨てても構わないという武智につかみかかった柊は猛然と反論し、「生徒はものじゃない、人間だ!」と叫ぶのです。

その未来を信じ、行く先を案じて、寄り添って一緒に答えを探す、それが教師の務めだろう?!
あいつらの将来を、俺は見届けることができない。
でもだからこそ、あいつらには幸せになってもらいたい!

歪む武智の世界の中で、柊は武智に銃を向けました。

「お前に、教壇に立つ資格はない!」

ギリギリのところで五十嵐に止められた柊は武智を彼に託し、教室に戻りました。

その音声を聞いていて、さくらはつぶやきました。

「勝利だよね…?先生の言ってたジャッジ、柊一颯の完全勝利だよね?!」

その言葉を聞いて華が言いました。

「瀬尾なら、できる」

二人は、涙をぽろぽろとこぼして見つめ合いました。

「…おまえもな」

表情は穏やかで、華が差し出した拳に、瀬尾もこつんと拳を差し出しました。

明らかになる謎?

武智が護送されていき、それを見送った五十嵐のもとに郡司が戻ってきました。

彼は、柊と相楽の繋がりを示唆し、「あなたもグルですよね?」と五十嵐に静かに詰め寄るのです。

教室では去っていくパトカーを見送っていた生徒たちでしたが、甲斐が「武智が犯人てことで解決なのか?」と言いました。

しかし、まだ生徒らは解放されていません。

「続きがある…?」と呟いたさくらの声に、周囲は愕然としていました。

美術準備室のパソコンの前で柊はSNSの画面をにらみ、言うのです___「さぁ、これからが本番だ」…と。



スポンサーリンク


【3年A組】7話の感想

ドラマのスタート当初から胡散臭いやつだなぁと思っていた武智、予想をはるかに超える“悪”でした。

似非・熱血教師ほどウザいものはありませんね。

嬉々としてテレビに出ていたこと自体、いったい何だったのか?!

ステージ上で魁皇高校朝礼体操を披露する彼はもはや教師でも何でもなかった、ただの金の亡者の“死の舞踏”のようでした。

しかし、あの動画自体が、もし武智がいうように、彼でない可能性がまだあるのだとしたら、それは柊自身がフェイク動画をつくって武智をはめた、ということにもつながります。

二重三重にいろいろなことが重なっているので、今回のジャッジそのものだけを評価するのは難しいなぁと思ってしまいます。

残念だったのは、郡司が文香の退職の理由を聞こうとしていたところで部下の宮城からの電話がかかってきてしまい、その生徒らの話がまだ聞けていないこと。

そして郡司がどうして五十嵐へのつながりを見つけたのか。

この世界はまだまだ謎だらけなのです。

相楽にあれほどの覚悟を持たせるに至った過去の何某かの事件とは…文香の身に、いったい何が起こったのか…?

良いところで邪魔が入って、肝心なところにまだ私たちはたどり着けないままにいます。

残すはあと三日。

予告動画にファイター田中(前川泰之)さんも映っていたし、武智は取調室で錯乱しているようにも見えるし…どんでん返しばっかりでさっぱり結末の予想がつきません!

早く知りたいような、しかし柊には生きていてほしいので、終わってほしくない…そんな思いを噛み締めた7話でした。



スポンサーリンク


【3年A組】7話の評価評判

ドラマ【3年A組―今から皆さんは、人質です―】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、Tverや日テレ無料!TADAで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

日テレ無料!TADAで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、Huluで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【3年A組】7話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(2月17日放送分)

まとめ

「あれ?どこかで見たことある二人?」と思ったら、華ちゃん(富田望生)と瀬尾くん(望月歩)は映画「ソロモンの偽証」コンビだ?!と気づきました。

華ちゃんは割と早いうちに気付いていましたが、これまで瀬尾くんは目立つ存在ではなかったのです。

そして瀬尾くん、「ソロモンの偽証」では冒頭で亡くなってしまう男の子を、そしてドラマ「コウノドリ」1期の5話で中学生同士の妊娠、そして特別養子縁組という切ない芝居を見せてくれた男の子でした。

当たり前ですが、随分身長が伸びて、大人びたなぁ、と。

そして、自分の人生をかけて事態を打破しようとする姿は、今回も素晴らしい演技だったと思います。

大人たちの方がいろいろと問題がありすぎる中で、華ちゃんと瀬尾くんの二人はとてもピュアでした。

あと3話?

まだ謎だらけの大人たちは、生徒らに何を見せて卒業させてやれるのでしょうか。

1話の冒頭のあのシーンが、柊の妄想(夢)であってほしいなと、今でも私は願い続けています。

【3年A組】7話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(2月17日放送分)ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」の7話が2019年2月17日(日)に放送! ここでは、ドラマ「3年A組」7話をリアル...


スポンサーリンク