ハケン占い師アタル

【ハケン占い師アタル】4話のあらすじと感想評判「這い上がれ上野(小澤征悦)!」



ドラマ「ハケン占い師アタル」第4話が2019年2月7日(木)に放送されました。

ここでは、「ハケン占い師アタル」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

前回の3話では、入社一年目の品川(志尊淳)の悩みを解決したアタル(杉咲花)。

そんなアタルをキズキ(若村麻由美)が必死で探しています。

いったい二人の関係に何があったのか…。

そして今回は誰の悩みを占いで解決するのか!

【ハケン占い師アタル】3話のあらすじと感想評判「品川(志尊淳)の女装が、かわいすぎ!」



スポンサーリンク


【ハケン占い師アタル】4話のあらすじ(ネタバレ)

いつも俺様的な態度で部下から煙たがられている上野誠治(小澤征悦)は、アタル(杉咲花)と同じ制作Dチームの主査です。

30代で一気に管理職に上り詰めましたが、あっという間に降格、40半ばで出世の見込みなし。

5年前に妻とは離婚、中学生の娘と暮らしていますが、思春期の娘とはうまくいっていません。

ある日、10年前に上野と一緒に伝説のイベントを手がけた人物から、上野を指名した仕事の依頼がありました。

もう一度大きなイベントができると張り切る上野。

早速大崎結(板谷由夏)課長と共に、依頼があった会社に出向きます。

そして、昔伝説のイベントをしたスタッフに声を掛ける上野。

上野は神田和実(志田未来)と目黒円(間宮祥太朗)にも声を掛け、仕事を手伝わせます。

やる気満々の上野ですが、声を掛けた昔のスタッフ全員に断られ落ち込みます。

そして神田と目黒が、自分の思い通りに動かないと叱責し、イライラする上野。

上野は会社に泊まり込みで企画書を製作し、大崎課長を通さず勝手に相手の会社に提出してしまいました。

後日、大崎課長と代々木(及川光博)部長が相手の会社に呼び出されます。

そして、上野が作った企画書は10年前にやったことと同じだと否定されました。

それを知った上野はショックを受け、しかも代々木部長が新しい企画書を上野抜きで製作すると約束したことを知り、激怒します。

みんなに当たり散らし、「もっと優秀な同僚と仕事がしたい」と言い出ていく上野。

酒に酔いつぶれて家に帰り、娘にも当たり散らします。

すると娘が「パパと一緒にいると、将来働くのが嫌になる。だからママのところに帰る」と言い、出ていきました。

その日も、深い穴に落ちて這い上がれない夢で目覚める上野。

次の日、気まずくて会社に行けなかった上野に会いに、神田、目黒、品川一真(志尊淳)とアタルがいつもの居酒屋にきます。

酔いつぶれる上野を見て心配になった神田は、アタルに占ってあげてほしいと頼みますが、上野は「助けなんていらない」と素直になりません。

すると品川が「後悔してもいいのかじじい!」と言い、たまには誰かを頼ってもいいのではないかと訴えました。

品川の話を聞いて、走ってアタルを追いかける上野。

毎日同じ夢を見て、娘も出ていき世界で一人ぼっちになった気分だと悩む上野は、どうすればいいのか相談します。

するとアタルが「あなたのことを占います」と言い、サングラスを外しました。

アタルの占い

いつものように、会社のオフィスで占うアタル。

態度がでかいアタルに、上野はひるみます。

どうして自分は周りの人間から嫌われるのかという質問をします。

それに対して「怒るには資格がいる」と言うアタル。

相手のためを思って説教する上野ですが、上野の怒り方は相手のためではありません。

自分に自信がないから大きな声で怒鳴り散らし、そんな暇があるなら自分を磨けと言われてしまいました。

次に、自分にはまだ才能が残っているかと言う質問に、アタルが上野の目をのぞき込みます。

すると上野が子供の頃、家族の前でマジックを披露する様子が見えました。

最初はみんなを喜ばせたかった上野ですが、だんだんみんなからすごいと思われたくなります。

誰よりも仕事を頑張り、やる気があった昔の上野。

失ったのは才能ではなく、その時の情熱です。

まずは自慢話、愚痴そして説教はやめて、これからの人生は過去を振り返らず、今そばにいる人たちを大事にするようアタルは助言。

一人では、仕事はできないと言い残し、アタルは出ていきました。

仲間を大切に

次の日、携帯を見つけてくれた品川に、上野は初めて「ありがとう」と言います。

驚く品川の隣で、出ていった娘に上野はメールをしますが返信がありません。

上野は娘に、信頼できる仲間がいるので、これからは新しい仕事にチャレンジしていくことを約束するメールを送りました。

すると既読になり、それを知ったDチームは大喜び。

気が付けば上野の周りには、Dチームの仲間がいます。

そして娘からの返信が来て、「仕事を頑張って。そしてお酒を控えてね」とメールがあり、最後に「大好き」とありました。

安心したDチームが仕事に戻ると、上野はみんなが自分をどう思っているか意見を聞きたいと言います。

声と態度、難しい言葉、過去の自慢話等々、なおしてほしいところがどんどん出てきました。

そして今まで上野からさんざんパワハラを受けてきた品川が、上野のアシスタントに戻りたいと言い出します。

上野から離れて、初めて自分のために上野が怒ってくれていたと気が付いた品川。

大崎課長も許可し、はれて品川は上野のアシスタントに戻りました。

その夜、いつもの居酒屋に行く上野の神田、目黒、品川とアタル。

楽しく飲む上野たちは、「もう一軒行こう!」と盛り上がります。

しかし、道でアタルを探すビラ配りを見て引き返すアタル。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク


【ハケン占い師アタル】4話の感想

いつも部下たちに大きな声で当たり散らしている上野が、今回アタルに占ってもらいました。

上野の悩みも、誰にでも当てはまるのではないかと思います。

みんなが喜ぶ顔が見たくて、最初は一生懸命していたはずが、褒められるうちにだんだん違う方向にいってしまう。

そして周りから認められたくて、無理をしたり、自分を大きく見せていた上野。

これは仕事の現場だけにとどまらず、普通に暮らしていてもよくある話だと思います。

「毎日が充実して、仲間がいっぱいいて、人生最高!」と、嘘を塗り固めたような生活をしている人が多いのではないでしょうか。

あたかもそれが本当かのように、写真をアップしている人が多い気がします。

みんながみんな毎日が特別じゃないし、ハッピーでもない、だからこそ人生は楽しいのです。

自分を大きく見せる必要もなく、周りにいる人を大事にすることが大切なんです。

そのことに早く気が付かないと、うわべだけの関係になったり、気が付いた時には誰も周りにいなくなってしまうかもしれません。

上野もそのことに気が付いて、娘や会社の同僚を大切にすることを心に誓いました。

すぐには変われないかもしれませんが、周りにいる仲間を大事にしようとすれば、きっとみんなはついてきてくれます。

頑張れ上野!

その一方で、アタルを探す動きがすぐそこまでやってきています。

アタルはいったいどうなってしまうのか…。



スポンサーリンク


【ハケン占い師アタル】4話の評価評判

まとめ

今回は、上野に向かって「じじい」と呼んだアタルや品川に対して、「よくぞ言った!」との声が多かったです。

これからは上野のパワハラもましになると思います。

次回は、入社12年目のベテラン社員の田端です。

いつも正論を言い、定時に帰ってしまう彼女のお悩みとは?

第5話も楽しみですね!

最後まで読んでくださってありがとうございました。



スポンサーリンク