中学聖日記

中学聖日記 10話のあらすじと感想評判「度重なる試練」



ドラマ「中学聖日記」第10話が2018年12月11日(火)に放送されました。

ここでは、「中学聖日記」第10話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

9話は末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)の思いが繋がりようやく結ばれました。しかし、晶を心配する黒岩愛子(夏川結衣)が聖の実家を訪ねてきたところで終わりました。

今回はどのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク


中学聖日記 10話のあらすじ

末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)は小屋でようやく2人の思いが繋がり、キスをします。

そして、2人はそれぞれ離れて一夜を過ごします。
翌朝、小屋にいるところを島民が見つけます。

晶は帰りの挨拶を父の島崎康介(岸谷五郎)にします。康介は、晶に母の黒岩愛子(夏川結衣)との関係を修復するように伝えます。

晶は笑顔で「ここに来るよ。父さんに会いに。」と言い聖と船に乗ります。

晶は今から帰る旨を愛子にメールします。そして、紙にもう一度自分の携帯番号を書き、「先生にもう一度会いたいです」と言い、渡します。

そして、2人の事を愛子に認めてもらおうと決めます。

船が着き、上布茂(マキタスポーツ)が晶を迎えに来ます。そして、聖の母、里美(中嶋朋子)も聖を迎えに来ます。そして、聖を怒鳴り、聖の頬を叩き、聖を連れて帰ります。

里美は事の経緯を聖から聞きます。聖は晶とのことを伝えようとしますが、伝えられませんでした。

そして翌朝、聖と里美は、晶の家を訪れ、晶と島に行った事を愛子に謝罪をします。そして、聖は愛子に晶を好きなことを伝えます。

聖は愛子の許しを得るまでは晶の生活を妨げるようなことはしないと約束すると言います。

里美は驚き、晶を諦めるように言いますが、聖は聞き入れようとはしません。

愛子は、2人のことは認められない。そして、晶はまだ未成年。聖は教師。責任を問われるのは当然だ。これ以上はしかるべき措置をとると聖に言います。

里美は聖に言って聞かせるので、やめてほしいと土下座します。

愛子は聖に里美と愛子の気持ちを分かってほしいと言います。聖は複雑な気持ちになります。

帰り道、聖は里美に認めてもらおうと説得しますが、里美は諦めるように聖に言います。

そして、晶は愛子と話し合うために実家に戻ってきます。そして、愛子は康介のことを今まで黙っていたことを謝罪し、晶は心配をかけてしまったことを謝罪します。

そして、愛子は聖が今日家に来た事、2人が思い合っている事を聖から聞いたことを晶に伝えます。そして、2人を到底認めることはできないと言います。

晶は、「先生のおかげで進路を決めようと思った。今すぐでなくてもいつか母さんに認めてほしい」と愛子に言います。

愛子はまずは実家に戻るように晶に言い、晶は承諾します。

一方、聖は学校に出勤し、丹羽千鶴(友近)に山江島での出来事、晶への思いを話します。

千鶴はもう教師をやる資格無い。晶を取るということは今いる生徒達を捨てるという事だと怒ります。

そして、「おめでとう。お幸せに」と聖に冷たく言い放ち、出て行きます。

そして、聖は学校を辞めることになります。

そしてその帰り道、聖は晶に電話をかけます。晶は聖に実家に戻って学校に通っている事を聖に伝えます。

しかし、聖は学校を辞めた事を晶に言えませんでした。

2人が電話で話していると、愛子が現れ、電話を切ります。

聖が帰宅すると、自宅の前では勝太郎が待っていました。

勝太郎は、聖に海外赴任が決まった。一緒に来てほしいと言います。

そして、聖を突き放し別れてしまった事を後悔している、ほっておけないと聖に言いますが、聖は勝太郎とは一緒に行けないと断ります。

実家にいる聖はこれ以上両親には迷惑を掛けられないと、新しく仕事を決め、住む場所も決めようとします。

一人暮らしするためには保証人が必要で、困っていたところ、原口律(吉田羊)が聖に声を掛けてきました。

そして、聖は律に晶とのこと、そして自立しなければいけないと話します。

律は「聖ちゃん強くなったね。」と言い、聖を応援すると言い、保証人になる事を承諾します。

その夜、聖に晶から電話がかかってきます。そして、晶は「先生のこと考えた。最初は嬉しかったけど、なんか冷めた。先生のこと今は考えられない」と言い、一方的に電話を切ります。

次の日、聖は律と新しい部屋の確認に来ています。そして、昨晩晶から電話が掛かってきて、急に冷めたと言われ振られてしまったと涙を流します。

律は勝太郎に聖の新しい部屋の保証人になった事を伝えます。そして、律は勝太郎の反応を見て、勝太郎が何かしたと感づきます。

そして、聖の実家に律がやってきました。そして、聖を連れ出します。

律はオープンキャンパスを行なっている大学に聖を連れて行きます。そして、この中で晶がいると。

聖が行くのを渋っていると、「このまま終わっていいの。せめて、顔見て最後話すべきなんじゃないの。今逃したら2度と会えないよ」と聖に言います。

聖はその言葉を聞いて、晶を探しに走り出します。そして、晶を見つけます。聖を見た晶は逃げ出します。

聖は追いかけます。晶は聖に勝太郎から晶のせいで聖が学校を辞めた事を聞かされたと言います。そして、なんで学校を辞めた事を言ってくれなかったのか、と。

そして、先生をやめて欲しくない。後悔して欲しくない、自分には離れることしか出来ない。と聖に伝えます。

2人が話していると、遠くに愛子の姿が見えました。晶は見られたらマズイと聖の手を引っ張り、大学から逃げ出します。

そして、聖は晶に先生という仕事は大好きだが、嘘のないそのままの自分でいたい。と晶に言います。

そして「黒岩君の隣にいたい」と言い、晶も「僕もです。先生の隣にいたい。この先ずっと」と言い、2人の思いを確かめ合います。

2人が話しているところに未成年の連れ去りの通報があったと警察が2人の元にやってきます。

ここで10話が終わります。



スポンサーリンク


中学聖日記 10話の感想

前回、ようやく聖が自分の気持ちに素直になって、2人が結ばれたので良かったなと思っていましたが、今回はこのままうまくいけばいいなと思いながら見ていました。

山江島からの帰り道、周りに認めてもらおうと2人で決意する姿を見て頑張れ!と思っていましたが、そう簡単にはいかないよな…とも思いました。

やはり、愛子にお願いしても認めてもらえず、やっぱりそうだよな…。と思いました。

3年前の事で、晶と愛子の関係は悪くなってしまったし、認めたくない気持ちはとても良くわかります。

けれども、3年経っても2人の思いは変わらないのだから、認めてあげてほしいなと思います。

2人の関係を誰も認めない中、律だけが応援し、聖の話を聞いてあげて、聖は心強かっただろうなと思いました。律の言葉は、いつもグッときます。

また、自分のせいで聖が学校を辞めると知った晶は辛かっただろうなと思います。

そして、自分の気持ちに嘘をつき、聖のために聖に別れを告げた時は本当に切なくなりました。

しかし、聖が「黒岩君の隣にいたい」と言って、もう一度2人が結ばれた時は良かった〜と思いました。

そう思っていた矢先に警察が来て、10話が終わったので、次週がすごく気になります。

周りに認めてもらえず、波乱ばかりの2人の恋ですが、2人の思い合う気持ちは強いし、最終回は2人が結ばれて、ハッピーエンドを迎えてほしいと思います。



スポンサーリンク


中学聖日記 10話の視聴者の反応(評判)とまとめ

ようやく繋がった2人なのに、なかなか上手くいかず切ない気持ちになったり、ハッピーエンドを望む視聴者が多いようです。
そして、最後のまさかの急展開に驚いた人も多いようです。

次週はいよいよ最終回。聖と晶の恋はどうなってしまうのでしょうか。



スポンサーリンク