中学聖日記

中学聖日記 5話のあらすじと感想「聖(有村架純)と晶(岡田健史)の別れ」



ドラマ「中学聖日記」第5話が2018年11月6日(火)に放送されました。

ここでは、「中学聖日記」第5話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

第4話は、末永聖(有村架純)の家の前で聖と黒岩晶(岡田健史)、川合勝太郎(町田啓太)と黒岩愛子(夏川結衣)が鉢合わせしてしまうところで終わりました。今回はどのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク

中学聖日記 5話のあらすじ

手を繋いで家へと向かっていた末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)ですが、聖の家の前で、川合勝太郎(町田啓太)と黒岩愛子(夏川結衣)と鉢合わせしてしまいます。

勝太郎は何も言わずに聖の肩を抱いて、部屋へと向かいました。

聖は経緯を説明しようとしますが、勝太郎は何も聞かずに「信じてる」とだけ言い、聖を責めようとはしません。

一方、晶は部屋へと戻る聖を追いかけようとしますが、愛子に制止され、家へと連れ戻されます。

家へ戻った晶は、愛子に聖が好きな事、聖も同じ気持ちでいる事を伝えますが、愛子は受け入れようとはせず、「忘れなさい。もう2度と会わせない」と晶を怒鳴りつけます。

翌朝、聖は「生徒相手に何やってるの私」と後悔していると、学校から呼び出しの電話がかかってきます。

聖が学校へ向かうと、そこには教頭の塩谷美千代(夏木マリ)と愛子がいました。そこで、教頭から淫行の疑いがある事、これまでの経緯を話すようにと言われます。

聖は、これまでの経緯を全て話し、昨晩、晶とキスをしたことも話します。浅はかで愚かだったと謝罪をし、教師は辞めると言い退職届を出します。

愛子は「退屈しのぎに晶を利用されなきゃならないの」と憤り、聖を責めます。

そして聖は、教頭からは処分が決まるまで自宅謹慎をするように命じられます。

愛子が学校へ行ったことを知った晶は、急いで学校へ向かいます。そこで教頭から聖の処分が決まるまで接見禁止だと伝えられると走って聖の元へ向かいます。

晶は聖の腕を掴み、「先生辞めるんですか?」と聖に問います。

聖はそうだと答え、「もう忘れて。あれは間違いだった。いけないことなの」と晶に伝えます。

晶は「嫌だ、なんで」と聖に問います。

聖は「あなたが15だから!」と晶に言い、晶の手を離しその場を去ります。

追いかけようとする晶を教頭達が止めます。晶は教頭に「先生を辞めさせないで。僕が辞めます。お願いします。」と懇願します。

晶は聖の家へ向かおうとしますが、聖の家の前で上布茂(マキタスポーツ)に制止されます。

そして晶は大阪へ行き、勝太郎と会おうとしますが、会えず、そこで原口律(吉田羊)に声を掛けられます。

律から勝太郎とあってどうするのか尋ねられますが、わからないと答える晶…。「会えば何か変わるかな、話したらわかってくれるかな、僕には聖ちゃんしかいないから」と律に言います。

律は「なんかそういうのいいね、少年」と晶を子供扱いし、「悔しかったら大人になれ」と晶に伝えます。

家に戻ると愛子が待っており、愛子は晶に「これ以上勝手なことをするなら教育委員会に言って即刻クビにしてもらう。」と晶を怒鳴ります。

晶はなんでもいうこと聞くから、先生を辞めさせないでください。お願いします。と土下座をします。

聖は自宅で丹羽千鶴(友近)依願退職の処分が出たことを報告します。そして、教師を辞めて、とりあえず実家に戻ろうかと思っていることを伝えます。

千鶴は聖を実家に連れていきます。そして、「あんたにとって教師ってそんなものだったの。応援してくれたご両親に全部話しておいで」と説教します。

実家で聖は母(中嶋朋子)に生徒を好きになって、学校をクビになったことを伝えます。

すると母は、勝太郎が許してくれるならば、勝太郎と結婚して、大阪に行くようにと勧めます。

聖は勝太郎から大阪で「大阪で心機一転やりなおそう」と提案され、引っ越しの準備を進めます。

晶は友人の九重順一郎(若林時英)から聖が引っ越ししてしまうことを伝えられ、部屋を飛び出します。

愛子は晶を制止し、晶の父親と別れた本当の理由を話し始めます。晶には仕事がうまくいかなくて離婚したと伝えていたが、本当は愛子が別の男性に恋をしてしまって離婚をしたんだと話します。

その男性とは上手くいかなかった。晶も忘れた方がいいと諭しますが、晶は「一緒にすんな!」と怒鳴りつけ、家を飛び出し、急いで聖のもとへ向かいます。

聖を迎えに来た勝太郎に律から電話がかかってきます。

「川合は魅力のある男なの。あんたが好きなの。なのに今のあんたは2人を引き離そうとするつまらない男。あんたより好きな人に会っちゃったの。聖ちゃんは。あんたが幸せならいい。でもそうじゃなきゃ嫌。いいの?このままで。」と律から言われますが何も言わずに勝太郎は電話を切ります。

学校では教頭が聖から届いた手紙を読んでいます。そして教頭は「もっと育ててあげたかった…」と呟きます。

聖を乗せた車を見つけた晶は、追いかけます。そして聖は追いかける晶に気づきます。

晶は追いかけながら、「進路決めたから。そこで大人になるから行かないで、聖ちゃん!」と叫びます。

聖は勝太郎に車を止めるように頼みます。そして、こんな状態で結婚できない事、晶とも二度と会わない事を伝えます。

勝太郎は「誰のせいでこんなバカげたみっともない状態に!」と憤ります。

聖は「ごめんなさい」と言い、婚約指輪を外します。

勝太郎は「この先一人になって、全部なくせばいい」と言います。

聖は何も言わず車を降りて歩いていきます。そして、晶のいる街から姿を消します。

そして3年後、晶が18歳になったところで5話が終わります。



スポンサーリンク


中学聖日記 5話の感想

今回は波乱が起こりそうな感じだったので、5話が放送されるのを楽しみに待っていました。

今回は本当に辛く切ない回でした。出演者それぞれみんなの気持ちが痛いくらい伝わり共感しました。しかも誰も悪い人がいないので余計に切なかったです。

聖と晶がうまくいってほしいとは思う気持ちはあるけれど、知らないふりをしてずっと待ち続けてた勝太郎はどんな気持ちだったのだろうと本当に切なかったです。

しかも、最後は聖と勝太郎は別れてしまう‥。相手が中学生なら尚更辛いし、勝太郎はこの先もずっと引きずってしまうのだろうな‥と思いました。

また晶が聖がクビにならないように親に土下座したり、大阪まで行ったりした時は、聖に対する強い思い、愛情を感じました。

後先考えずにがむしゃらに行動できる若さに羨ましさも感じました。

最後に自転車で聖を追いかけて、「先生、大人になるから!」は切なくなりました。

聖と晶が先生と中学生ではなく、大人同士の恋愛だったらうまくいくのに…。と切なくなりました。

晶の母、愛子の気持ちも本当によくわかります。息子を思う母親の立場だったら、反対し、学校に報告するのは当然だと思います。自分が愛子でも同じような行動を起こすと思います。

聖が辞めた後、学校へ手紙を送り、手紙を読み終えた時の教頭の「もっと育ててあげたかった」という言葉に涙しました。

今のところ誰一人、幸せになっていません。最終的にはみんなが幸せになってほしいなと思っています。

次回は学校を辞めてから3年後。2人がどうやって再会を果たし、物語が進んでいくのかとても楽しみです。



スポンサーリンク


中学聖日記 5話の視聴者の反応(評価評判)とまとめ

大きな展開を迎えた第5話。辛くて、切なくて涙する視聴者が多かったようです。

次回は3年後が描かれるようです。どのような展開になるのでしょうか。



スポンサーリンク