中学聖日記

中学聖日記 6話のあらすじと感想「聖(有村架純)と晶(岡田健史)それぞれの道」



ドラマ「中学聖日記」第6話が2018年11月13日(火)に放送されました。
ここでは、「中学聖日記」第6話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

第6話は、末永聖(有村架純)と川合勝太郎(町田啓太)が別れ、聖が町を出ていき、その3年後になったところで終わります。今回はどのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク


中学聖日記6話 あらすじ

末永聖(有村架純)は川合勝太郎(町田啓太)と別れ、黒岩晶(岡田健史)の住む町から出て行った3年後に舞台は移ります。

聖は、実家へ戻り、しばらく過ごした後、学習塾で働き、現在は丹羽千鶴(友近)が務める小宮第一小学校で副担任として働いています。

ある日、聖が生徒たちと遊んでいると、生徒の橘彩乃(石田凛音)が転んでけがをしてしまいました。

千鶴から彩乃を自宅まで送るついでに、母親から遠足代をもらってきてほしい、そして、最近母親の顔を見ていないから様子を見てきてほしいと頼まれます。

聖が綾乃を自宅まで送ると、母親の橘美和(村川絵梨)が出てきますが、すぐに追い返されてしましました。

聖は学校に戻り、その事を報告し、そして男性物のスニーカーがあったことも伝えます。そして、学校の先生から美和の噂を聞きます。

その噂とは、美和の親は子の地域の大地主だったが、夫の親友と不倫をして、実家を追い出されてしまった、禁断の恋に走ってしまったとのこと。

その話を聞いた聖は、自分と晶を重ねてしまい、思わず好調の湯飲みを割ってしまいます。

翌日、聖は担任の野上一樹(渡辺大)と一緒に湯飲みを買いに雑貨市を訪れます。その時、偶然晶を見かけます。晶が聖の方を振り向こうとした瞬間、聖は逃げ出してしまいます。

そして、上布茂(マキタスポーツ)も聖に気づき、晶を聖から遠ざけます。しかし、晶は全く気付きませんでした。

晶は聖が町を出て行ったその後、上布の実家に下宿をしていました。母親の愛子(夏川結衣)とはぎくしゃくしたままで、愛子が訪れても会おうとはしませんでした。

そして、上布は愛子に雑貨市で聖を見かけたことを報告します。

その日の夜、聖は千鶴に晶を見かけたことを報告します。晶を見て、3年前のことを思い出したとのこと。そして、今の生活がダメにならないように逃げだしてしまったと。ここで教師として頑張っていきたいと話しました。

別の日、晶のクラスの同窓会が行われました。聖の一件後、学校には戻らず卒業してしまった晶ですが、晶は出席します。

そこで、クラスメイトから「末永と何があったの?」と聞かれますが、「末永?誰、それ」と答えます。

同窓会終了後、晶は岩崎るな(小野莉奈)を誘います。そして今までどうしていたかを話します。

るなは晶のことがまだ好きだと告白します。

一方、聖は野上と帰っていると、勝太郎が会いに来ます。そして、聖と勝太郎は当時のことをお互いに謝ります。そして、勝太郎は「そろそろいろんなことと向き合って進む時だと思う。聖も幸せにな」と聖に伝えます。そして勝太郎は今気になっている人がいることも伝えます。

会社に戻った勝太郎は、原口律(吉田羊)に告白します。

愛子は晶が中学時代に友達との付き合いが復活したことに喜んでいましたが、上布から聖が教師を続けていると聞き、愕然とします。

ある日、聖は遠足に行きました。そこで彩乃が弁当を持ってきていなかったので、気になった聖は、帰りに野上と一緒に彩乃を家まで送ることにしました。

彩乃の家で、ガラスの割れる音がして、急いで向かうと、そこでは美和のもとに不倫相手の奥さんが乗り込んできていました。

野上が「子どもの前です。いい加減にしてください」と言い何とかその場は収まります。そして、美和は、「帰ってください!」と聖と野上を追い出します。

学校に戻り、野上は「過去は過去ですよね。」と聖に言い、「まだ先日見かけた高校生をまだ思っているのですか」と尋ねます。

野上は、知り合いから聖の過去について聞いてしまったとのこと。そして何かあったら力になりたいと聖に伝えます。

聖は、3年前のことについて話し始めます。「今でも先日見かけた晶のことを思い出してしまう。元気そうでよかった。でも私だけがあの頃のまま前に進めないまま…」と話します。

野上は「末永先生は、前に進めていますよ。大丈夫。」と励まします。

聖はそう言われ泣いてしまいます。そして野上はもう一度「大丈夫」と言い聖を抱きしめます。

晶はるなと2人でプラネタリウムを訪れています。そこでるなは晶に「帰りたくない、今日は一緒にいたい」と言いホテルに行きます。

晶はまだ聖のこと思っているが、「もう会えない、きっと結婚している」と言います。

るなは「忘れよう。忘れさせてあげる」と言い晶にキスをします。

勝太郎は、会社で帰ろうとしている律を引き留め、キスをします。律は「もしまだ聖ちゃんのことが忘れられず、こっちに来たのなら…じゃない方みたいな扱いは嫌。」と引き離します。

しかし、勝太郎は、何も言わずもう一度律にキスをします。

愛子は聖が勤めている小学校を調べ上げ、「あんな騒ぎを起こしてまだ先生やってるの…許されるのそんなこと」と怒りが込み上げます。

ここで6話が終わります。



スポンサーリンク


中学聖日記6話 感想

前回、聖が勝太郎と別れ、晶の住む町から出て行ったところで終わったので、これからどうするのかなと気になっていました。

先輩の千鶴の助けもあり、小学校の先生として生き生きと過ごせていて良かったと思いました。

ただ、町で晶の姿を見た時の聖を見て、まだ晶を忘れらずにいるんだな…と切なくなりました。

晶は同窓会で「末永って誰?」と言った時は、何言ってるの?とイラッとしましたが、本当は晶も聖のことを忘れようとしていただけなんだと知り、切なくなりました。

3年経った今でもお互いに忘れられずにいるのだから、無理して別の人とくっつかずに、聖と晶が結ばれて欲しいです。

色々と障害があると思いますが、2人で乗り越えていってほしいなと思います。

聖と別れた後の勝太郎がどうなってしまうのかとても気になっていました。落ち込みすぎて自暴自棄になってしまうのでは…と心配していました。

けれども、聖のことは吹っ切れたようで、新しい恋に向かって、律と結ばれそうなので、良かったなと思いました。

勝太郎は爽やかでとても良い人なので、このまま律と幸せになってほしいです。

晶の母の愛子に関しては、今までは気持ちが理解できると思って観ていましたが、聖の勤めている学校まで調べ上げるのには恐怖を感じました。

3年も前のことなのだから、もう聖のことは気にせずに、晶との関係を修復して、穏やかな日常生活を送ればいいのに…と思ってしまいました。

次回は聖と晶はこのまま別々の道に進むのか、再開してまた惹かれ合うのか展開がとても気になります。



スポンサーリンク


中学聖日記6話 視聴者の反応(評判)とまとめ

今後聖、晶が新しい相手と付き合うのか、それとも2人が再開して結ばれるのか気になる視聴者がたくさんいたようです。次回はどのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク