中学聖日記

中学聖日記 7話のあらすじと感想評判「末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)の再会」



ドラマ「中学聖日記」第7話が2018年11月20日(火)に放送されました。
ここでは、「中学聖日記」第7話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

6話は末永聖(有村架純)は野上一樹(渡辺大)に抱きしめられ、黒岩晶(岡田健史)はホテルで岩崎るな(小野莉奈)とキスをしたところで終わります。今回はどのような展開を迎えるのでしょうか。



スポンサーリンク


中学聖日記7話 あらすじ

聖(有村架純)は千鶴(友近)に野上(渡辺大)から抱きしめられ、大丈夫と言われたことによって、「ホッとした、ここにいてもいいんだと思った」と話します。

聖と千鶴が話していると、登校してきた橘彩乃(石田凛音)が目の前で倒れ保健室に運ばれます。

栄養失調とのことで、学校は母親の橘美和(村川絵梨)に連絡を取りますが、繋がりません。そこで、美和が迎えに来るまで聖と野上が学校で待つことになります。

一方、黒岩愛子(夏川結衣)は聖のことを気にしています。黒岩晶(岡田健史)が聖のことを知ってしまったらどうしようと恐れています。

晶と岩崎るな(小野莉奈)は海辺で話をしています。るなは晶に抱きしめられた時に「付き合うってことでいい?」言い、二人は付き合うことになります。

聖は野上と一緒に美和が来るのを待っています。夜になってようやく美和が迎えに来ます。

聖は美和に今度こういうことがあったら、彩乃が心配なので実家に知らせると伝えますが、美和は実家とは絶縁しているので、やめてほしいとお願いします。
そして、今度勝手なことをしたら聖の過去をばらすと脅します。

美和と聖が話しているところに彩乃と野上がやってきて、美和と彩乃は帰っていきます。

晶の友人の九重順一郎(若林時英)はるなに聖の居場所が分かったことを伝えます。

それを聞いたるなは、不安になります。そして聖の居場所を晶に伝えるか悩みます。るな達が話しているのを陰で同級生の香坂優(中田青渚)が聞いていました。

休日、晶とるなはデートをします。るなは聖のことを晶に伝えるか悩んでいます。

デートの最中に晶の携帯が鳴ります。それは優からでした。聖の居場所を知ったから教えてあげるとのことでした。

聖のことを知った晶は、るなの元から走り去ります。聖のいる場所に急いで向かっていきました。

川合勝太郎(町田啓太)は仕事で使うデジカメを先日聖の家に忘れてしまったので、聖のもとにとりに行こうとしていました。

勝太郎は聖の家に向かう途中、晶とばったり遭遇し、晶に声をかけます。

勝太郎は「もう聖には関わらないでくれないか、聖には俺がついてるから」と晶に言います。

その言葉を聞いた晶は、聖と勝太郎は結婚したのだと勘違いをして肩を落として帰ります。

勝太郎は聖からデジカメを受け取り、晶と会ったことを話すか一瞬迷いますが、話さずに帰ります。

聖に会えずに戻ってきた晶にるなは「私のこと少しでも好き?」と尋ねます。

しかし晶は何も答えませんでした。るなはその場を去ります。

るなは帰り道、愛子と会います。るなは愛子に晶が聖に取られたらどうしよう…と話し、晶が聖の居場所を知って飛んで行った事を話します。そして、二人があったのかどうかは分からないとのことでした。

それを聞いた愛子は驚き、不安になります。

一方、勝太郎は原口律(吉田羊)に聖のところに行った時に晶にあった事、晶に婚約者のようにふるまった事、それを聖に言わなかったことを伝えます。

勝太郎は晶を見た時に、「また二人が会ってこの恋が本物だ運命だと思ったら許せないと思った」と言います。

律は「誰かを好きになるとき、正しいも間違ったもない。どうしようもないくらい好きなのが恋」と言います。

そして律は「こんなんで私たちうまくいくのかな」と勝太郎に言います。

晶は実家戻り、中学生の時に書いた日記を見つけ読み返し、聖のことを思い悩みます。

放課後聖が職員室にいると、美和が聖のもとに怒鳴り込んできます。彩乃が実家に連れていかれたとのこと。

聖が実家に連絡したものと思い込み、職員の前で、野上と付き合っているのに、家に別の男を連れ込んでいると言い出します。

野上は「僕が一方的に末永先生に行為を抱いているだけです。実家には僕が連絡しました。」と美和に言います。

美和は「彩乃がこのまま帰ってこなかったら許さないから」と怒鳴って職員室を出ていきます。

美和が出て行ったあと、野上は聖に美和から前からあんな風にいわれてたのではないかと尋ねます。

聖が「はい」と答えると「今後はきちんと相談してほしい」と言います。

夜の教室で野上は改めて聖に告白をします。少しずつ好きになってほしいと伝えます。

二人が話していると、彩乃が行方不明になったと学校に連絡が入ります。職員皆で探していると、公園で聖が彩乃を見つけます。

家に戻ったが、美和は家におらず、祖母の家に戻ろうとしたけれど、道が分からなくなってしまったとのことでした。

すると彩乃の背後には晶の姿がありました。道に迷った彩乃をここまで連れてきたのは晶だったのです。

そしてそこに野上がやってきました。野上は何かを察し、「あとは僕が」と言い彩乃を連れていきました。

二人になった聖と晶。聖は晶に「黒岩君、どうしてここに?」と尋ねます。

晶は「勝太郎と結婚して、子どもを産んで専業主婦になっているのかと思った。」と話し始めます。

「僕またここに来てもいいですか。勝太郎とは別れたんですよね。もう担任じゃないですよね」「僕もう18です。会いに来ちゃダメな理由ないですよね」と言います。

「私は…」と聖は言いますが、それを遮り晶はまた話し始めます。

「僕はあの日のあの時のまんまです」「今度こそ誰が反対しても会いに来ます」と聖に伝えます。

心が揺れ動く聖でしたが、今いる生徒たちのことを思い返し、晶を拒絶します。「私には大事な生徒がいるからそれはできない。二度と来ないで」と晶に言います。

晶は聖の自転車を借りて、晶は駅に向かいます。聖を諦められない晶は、メモに連絡先と「聖ちゃん、会いたいです」と言葉を書いて聖の自転車のかごに入れて帰ります。

翌朝、そのメモを見た聖はすごく悩みながら、メモを握りつぶしました。

聖はその後野上を呼び出し、「私でよければ、これから少しずつ…よろしくお願いします」と先日の告白の返事をします。

そこに愛子が現れます。

ここで第7話が終わります。



スポンサーリンク


中学聖日記7話 感想

聖の同僚の野上は聖の過去を知った上で聖を受け止め、守ろうとする姿から優しさを感じ、とても良い人だなと思いました。

野上もとても良い人なので、聖と野上が一緒になって欲しいなと思う一方、やっぱり聖と晶が合ってるのかなと思ったり、複雑な気持ちです。

彩乃の母の美和は自分が育児放棄をしてる上に、聖の弱みを握り、脅しすなんて最低な親だと思いました。

彩乃が行方不明になった時も、自分が悪いのに、聖に当たり散らすし、人としても最悪な人だなと思いました。

最後、彩乃の行方不明事件をきっかけに晶と聖が再会したのはびっくりしました。

晶は、やっぱり今でも聖の事が大好きなんだなと思いました。晶の聖へのまっすぐな告白は胸を打たれました。

また、晶の「僕18になりました」という言葉を聞いた時、3年前に聖から言われた「あなたが15だから」という言葉を引きずってたんだなと思いました。

一方の聖は晶のことを今でもきっと思っているのだろうけど、今の生活、生徒を失いたくない気持ちもあり、二つの気持ちで揺れ動き、結局、晶を拒絶してしまった時は、本当に切なくなりました。

聖は本当は今でも晶のことが好きなのに…。

せっかく2人は再会したのに…。聖がまた仕事を辞めずに2人がうまくいく方法は無いのかなと思いました。やっぱり聖と晶が幸せになって欲しいなと思いました。

次回は晃の母愛子も聖の前に現れるし、美和も暴走しそうで、波乱の予感…。次回も楽しみです。



スポンサーリンク


中学聖日記7話 視聴者の反応(評判)とまとめ

今回は晶と聖が3年ぶりに再会し、晶が再び聖に告白する姿にドキドキしたり、聖の答えに切なくなる視聴者が多かったようです。

次回はまた波乱が起きそうな8話。どのような展開になるのでしょうか。



スポンサーリンク