2018年秋ドラマ

大恋愛 1話のあらすじと感想「尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の恋の行方は」



ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と第 1 話が 2018 年 10 月 12 日(金)に放送されました。

ここでは、「大恋愛~僕を忘れる君と」第 1 話のあらすじと感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。



スポンサーリンク

大恋愛~僕を忘れる君と 第1話のあらすじ

2013年5月
母(草刈民代)が院長を務めるレディースクリニックで医師として働く北澤尚(戸田恵梨香)。
3ヶ月前にお見合いをして、年上の精神科医・井原侑市(松岡昌宏)と婚約しています。
恋愛に入れ込んだことはないけれど、理性的なところがお互い似ていると結婚を決めた二人。

結婚式まであと1カ月となった引越しの日。
本棚に本を並べようとした引越屋のアルバイト、間宮真司(ムロツヨシ)は「砂にまみれたアンジェリカ」という小説をみつけます。
その本の帯には若い頃の真司の写真がありました。

その後、新居に愛飲しているはちみつドリンクが届き、実家にもはちみつドリンクが届きます。いつ頼んだっけ?と不思議に思う尚。
クリニックには、患者の黒田から結婚祝いのケーキが届いていましたが、黒田あや様って誰?と返す尚。馴染みの患者の名前を忘れてしまっていたのでした。

尚が引っ越した新居に帰ると天井からの水漏れで本棚が水浸しです。本棚の本もびしょ濡れ。そこへ引越の段ボール回収にやってきた真司に助けを求めます。

本当にうちが原因かと渋る上の階の住人と話をつけてくれた真司。
二人で本を拭いて片付けながら尚は、濡れてしまった「砂にまみれたアンジェリカ」を大好きな小説なんだと話します。
お礼にご馳走したいと、尚と真司は居酒屋へ。

尚はそこでも「砂にまみれたアンジェリカ」の話をします。

作家は孤児だとインタビューで読んだ、最近は書いてないみたい、作者はすごく素敵な人だと思う。そうじゃないと暗記するほど好きにならない。男の人なのにどうしてあんなに女の気持ちがわかるのかしら。
いつかもし会えたら聞いてみたい、と。

楽しく語ったあと、二人は連絡先を交換します。

そして尚はまた、ご飯に誘うメッセージをおくります。OKの返事は来ませんが、尚は居酒屋で待っていました。しかし真司は来ませんでした。帰ろうとすると、真司は居酒屋の入り口にいました。

なんで入ってこなかったのかと問い詰めながら、暗記した「砂にまみれたアンジェリカ」の文章を読み上げる尚に、真司は文章の間違いを指摘します。

何故知っているのかと驚く尚に、自分が「砂にまみれたアンジェリカ」の作者だと打ち明ける真司。あまり褒めるから打ち明けられなかった、と。
そのまま、生い立ちなどを二人は朝焼けが見える頃まで楽しく話します。

クリニックの休憩時間、尚は受付で友人でもある沢田柚香(黒川智花)に話します。
砂にまみれたアンジェリカの作者に出会った、運命だと思う、と。

はやく結論を出したほうがいい、と柚香にも言われ、引越屋の営業所で待ち伏せていた尚は、また真司をご飯に誘い同じ居酒屋へ行きます。尚はそこで自分から気持ちを打ち明け、真司の部屋で一夜を共にします。

翌朝、一緒に合鍵を作ってから出勤し、尚はワシントンの侑市に電話します。
婚約を解消してください。
好きな人ができてしまった。

侑市は、驚きながらも冷静に、結婚まで1ヶ月ある、それまでに別れてくれれば目を瞑る、と尚を諭します。

その電話を母に中断された尚は真司のもとへ走ります。
真司のアパートの階段で座って待っていた尚。合鍵を作ったことを忘れていたのです。

翌日仕事を終えた尚は、真司のもとへ向かいますが途中で不安な気持ちにかられ、走り出して自転車と衝突してしまいます。

運ばれた病院で目が覚めた尚は、脳のMRIでは異常がなかったので帰宅できることになり、真司のもとへ走り出します。

同じ頃、病院へ戻ってきた侑市が、同僚医師の見ていた患者の脳の写真を見て、「MCI軽度認知症じゃないか?」と話します。
その患者名には、キタザワナオの表記、驚く侑市なのでした。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第1話の感想

主役の戸田恵梨香は、8月の誕生日に30歳になったことをきっかけに、インスタグラムの今までの投稿を全部削除しました。更に進化するためにリセットした、とのことです。

なんだか長く役者さんをやってるベテランのイメージでしたが、まだ30歳だったんですね!

そんな彼女が主役のこのドラマ。
リバース、コードブルー(映画もありましたね)、崖っぷちホテル、と続いて今回は純愛ドラマです。

髪も短くして、30歳から心機一転というところでしょうか。
若年性アルツハイマーに侵されていくという難しい役どころです。

ムロツヨシは期待通り、いい味だしてるなぁーという感じがします。
冴えないけどコミカルな役をやらせたらピカイチ!なイメージでしたが、今回はまた違った一面で魅せてくれそうです。

あと1ヶ月で結婚、という時に、別の人を好きになってしまった尚。

大好きな本の作家に出会ってしまったら、運命を感じてしまうのはもちろんわかりますが、ワシントンにいる侑市に、とにかくはやく連絡しようとするところは、もう打ち明けちゃうの?!と思いました。

尚はこういう性格なのだろうけど、これがもし自分だったら、こんな電話がもし、自分にかかってきたら?と考えてしまいました。

患者の名前を忘れたり、鍵があることを忘れたり、尚に少しずつ、若年性アルツハイマーの症状が現れ始めますが、婚約者である侑市がアルツハイマーの専門というのも皮肉ですね。

この先、尚はもっと若年性アルツハイマーの症状が表れてくるだろうし、侑市や親に許してもらい、真司と一緒になる道は。困難だらけのように思えますが、どのように乗り越えていくのか、この先が楽しみです。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第1話の視聴者の反応(評価評判)とまとめ

https://twitter.com/Woooney/status/1050766045399511040?s=09

皆さんとても楽しく視聴されていたようですね。

そろそろふざけないムロさん見たかった。
という意見は、確かに!という感じです。

この二人のこれからの10年を描くストーリー、辛いことのほうが多そうな気がします。

涙しながら見る人も多いでしょう。
ですが最後には見て良かった!と思えるドラマであってほしいなぁと思います。

戸田恵梨香とムロツヨシ、とても良いコンビだと思いますので次回も楽しみです!



スポンサーリンク