2018年秋ドラマ

大恋愛 第3話のあらすじと感想 「病気を知らされた真司(ムロツヨシ)と尚(戸田恵梨香)のこれから」



ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第3話が 2018年10月26日(金)に放送されました。

ここでは、「大恋愛~僕を忘れる君と」第3話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。
自分が軽度認知障害であることを真司に告げた尚、二人の生活はこれからどうなっていくのでしょうか。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第3話のあらすじ

間宮真司(ムロツヨシ)に自分は将来アルツハイマーになるかもしれないと告げた北澤尚(戸田恵梨香)。
翌朝、朝御飯を作ろうとするもコンロは一つ、お風呂もトイレも狭く汚い、これから二人で暮らすなら、家賃15万くらいのところに引っ越さない?と尚が切り出します。

お金は自分が出すからと言う尚に、それはダメだと言う真司。真司と楽しく過ごしたい、貯金も5000万位あるから大丈夫なのに、という尚に驚く真司でした。

真司と尚は、尚の母、薫(草刈民代)にこれから二人で生きていくことを話します。本当に何もかも承知で一緒にいてくれるの?と驚く薫は、それなら近くに引っ越してきなさい、住環境や食生活が激変するのはよくなから、とはりきります。

そして治療するのは元婚約者の井原侑市(松岡昌宏)であり、そこは割りきってほしいことを真司に告げます。

このまま医師として働き続けても良いと言われていた尚ですが、患者の名前を忘れたりすることも踏まえ、やはり診療をやめることにします。助手か受付をやれば、という薫に病気のことはまだ公表したくないから、他にできることはないかを考えてみることにしました。

残り少ない貯金通帳を見ながら苦悩する真司は、尚との生活のために、仕事場でこれから同僚の替わりもどんどん引き受けると言い、シフトをどんどん入れてもらうことにします。

せっせとトイレや風呂掃除をし、鏡を磨く真司。
綺麗になったシンクや鏡に驚きながらも、でもせまーいと笑う尚。

薫に持たされた寿司を食べながら、代官山の20万のマンションを見に行かないかと尚が提案し、金曜の夜に見に行くことを約束します。

侑市の実家では、三枚のお見合い写真がひろげられていました。侑市は一日で三人の女性とお見合いすることにします。

尚は真司に記憶のチェックをしてほしいとお願いします。好きな小説、母の旧姓、真司が捨てられた神社。この三つが言えなくなったら別れよう、アルツハイマーに移行したら別れようという尚に、別れないよ、どうなっても別れないよとつぶやく真司でした。

尚はクリニックで薫のアシスタントをはじめます。たった今診たはずの患者の名前を、まだ来てないのかと、受付の沢田柚香(黒川智花)に聞き、不思議な顔をされた尚は、友人でもある柚香に自分の病気を打ち明けます。

驚く柚香ですが、尚に恩のある柚香は尚のことならなんでもすると言ってくれました。

金曜の夜、物件を見に行くはずだった二人ですが尚は現れません。真司が電話すると尚はスーパーにいると答えます。尚はスケジュールを確認して、内覧の予定を忘れていたことに気づきます。

真司がアパートに戻ると、ドアに鍵がささりっぱなしになっていました。それをポケットにこっそりしまいながら、明るくただいまを言う真司に、尚は約束を忘れていたことを謝ります。落ち込んでいる尚をふざけて笑わす真司でした。

真司は侑市に会いに行きます。尚尚と一緒に生きていこうと思っています。どんな状態でどんな治療をしているか知りたい、と言う真司に、家族でないと病状を話すことはできないと侑市は断ります。正式に結婚されてはいかがですか、と侑市はその場を去ります。

ビールのイベントでデートする二人は楽しそうに躍ります。幸せすぎて怖いんだと、尚は涙を流しながら笑うのでした。

一方、三人の女性と一気にお見合いした侑市でしたが、誰と会っても思い出すのは尚のことばかりでした。

診察のため病院にやってきた尚は、ふらつきながら倒れてしまったおばあさんに駆け寄ります。するとおばあさんは、私は追われてる、さらわれてここに来た、と話します。

尚は侑市との診察中、私もさっき会った人みたいになる、とつぶやきます。息子のこともわからず、自分はさらわれて殺されると言っていた。10年かけて右肩下がりにあの人のようになるなんて。

楽しいことがあると逆に悲しくなる、病気が進行する前に心がこわれてしまう、先生にはこの気持ちはわからないと涙しながら訴える尚に、自分も長年この病気と向かいあっているから、他の人よりはわかると語ります。

侑市は話を最先端の治療のことに切り替えます。ワシントンで研究していた薬はもうすぐ治験に入る、今度の薬はアルツハイマー病の前段階が対象であること。そういう選択肢も一緒に考えていこう、あなたらしくポジティブに、出会った頃みたいにいてほしいという侑市は、不安なときはいつでも携帯を鳴らしてくださいと告げるのでした。

診察から帰った尚は、クリニックを開いてからこれまでのデータをまとめるてみる、と薫に話します。侑市のおかげか前向きな話をする娘に、微笑む薫でした。

小説を書いていると嘘をつきながら引越のシフトを増やして働いていた真司でしたが、トラックの中で強烈な腹痛を訴えます。病院に運ばれた真司の診断は、尿管結石でした。

同僚、小川翔太(杉野遥亮)から連絡を受け、病院にやってきた尚は小川から、真司がいつもの三倍のシフトを入れて働いていたことを聞きます。

目を覚ました真司は、仕事を三倍に増やしてもたいした稼ぎにならない、ヒモになるのもしっくり来ない、侑市に会いにいき、コンプレックスを刺激されて働きすぎたとを話します。体まで壊させた私がひどいと言う尚。

ひどいけど、好きなんだ、好きになっちゃったら、どんな尚ちゃんだって好きなんだから。という真司に抱きつきながら「好き、侑市さん」と真司の名前を間違えてしまう尚でした。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第3話の感想

尚に自分が軽度認知障害であることを告げられた真司ですが、約束を忘れていたり、鍵をさしたまま部屋に入っていたりしてしまう尚を、大きな心で包んであげているのが印象的でした。
それにしても病気の兆しが顕著に現れて来ましたね。

1日でまさかの3人とお見合いした侑市ですが、誰とお見合いしても尚と比べてしまうのは、自分が思っていた以上に尚を好きだったということだと思います。

冷静にアルツハイマーの専門医として尚に接していますが、出会った頃のように、とか、いつでも電話してください、というセリフが尚への想いを物語っている気がしました。

お嬢様育ちの尚ですが、真司が倒れたことで、あのアパートで暮らしながら、質素な生活にシフトチェンジしていくのでしょうか?

しかし5000万の貯金って、スゴいですね!
それだけあるなら引っ越そう!とならない真司はなかなかの男前ですね。

しかしそんな真司の名前を、侑市と間違えてしまう尚。愛する人の名前も間違えてしまうほど進行しているのか、それともほんの少しでも侑市に対する思いが残っているが故の間違いなのでしょうか?
侑市と呼ばれて悲しげな真司の顔はなんとも言えないものでした。

来週からは二人の生活が本格的に始まるのだと思われます。真司と尚の幸せな時間、葛藤、困惑、どのように描かれていくのか、楽しみです。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第3話の視聴者の反応(評判)とまとめ

https://twitter.com/mtytnt_syumi/status/1055822876429828097?s=09

やはり皆さん、真司と尚の幸せな様子にほんわかしながらも、これからのことを考えると、辛い気持ちになるようですね。
そしてラストの名前の間違いには真司同様、悲しい気持ちになってしまっているようです。

それにしても、別ドラマでのムロさんは、ザ・ムロツヨシという感じですね。
ホントに真司と同じ人なのでしょうか?
コミカルな先生役のムロさんも良いですが、こちらのドラマではマジメに真司を演じるムロさんに期待しましょう。



スポンサーリンク