2018年秋ドラマ

大恋愛 6話のあらすじと感想「尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)の新婚生活に現れた謎の男」



ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」第6話が 2018年11月16日(金)に放送されました。
ここでは、「大恋愛~僕を忘れる君と」第6話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

ついに結婚した、尚と真司の幸せな新婚生活が始まります。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第6話のあらすじ

2014年9月。
紆余曲折ありながらも結婚した間宮尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)は新居に引っ越し、新しい生活を始めました。

今度こそ料理もする、アップルパイも作ろうかな、とはりきる尚に、仕事もあるんだから、そんなにはりきらなくても、という真司。

医者の仕事はカルテの整理ぐらい。新しい論文を読んでも新しいことから忘れるんだから、奥さんらしいことをしたい、真司には良い小説を書いてほしいから、という尚の思いでした。

そんなある日、井原侑市(松岡昌宏)の診察に訪れた尚と真司は、松尾公平(小池徹平)という男性に出会います。

尚の認知機能の結果はとても良好で、半年前のとても悪かった状態より回復しているとのことでした。

尚たちの次に診察に入ってきた公平は、尚と同じMCIの患者でした。保育士として働いていますが、園長にはそろそろ事務として働けば、と言われていることに不満を持っているのでした。

尚と真司のもとには「脳みそとアップルパイ」にちなんで、たくさんアップルパイが届きます。
引越の事務所などにお裾分けしてまわる、幸せそうな二人でした。

尚は真司に「脳みそとアップルパイ」の続きは書かないのかと尋ねます。あれはあれで完結してるという真司。続きを書く気はない、と断ります。

困難は描きやすいけど、幸せは描きにくい、だからもう書くことはない、という考えからです。

ゆるやかに悲劇に向かうのだとしても、このささやかな幸せは公にする必要はない、と思う真司でした。

一方、お見合いを再開しない侑市に落胆する侑市の母、千賀子(夏樹陽子)は、侑市は尚に出会ってから運気を落とされている!と怒るのでした。

そんなある日、真司は尚に「子供を作ろう」と提案します。
家族を知らない自分は、親子というものを経験したい、尚と二人でもいいけど、その間に二人の子供がいればいいなぁと思う、と話す真司。

しかし尚は、これからの自分のことを考えると、賛成しかねるのでした。

尚はそのことを母、薫(草刈民代)や親友の沢田柚香(黒川智花)に相談しますが、二人とも反対でした。

母の勧めで侑市にも相談してみます。もろ手を挙げて賛成ではないが、そういう選択もあるかもしれない。しかし尚に少しでも迷いがあるなら辞めたほうが良いと答える侑市でした。

尚は以前に勧められたMCIの新薬の治験を受けることにしました。それで症状がよくなれば子供のことも考えられるかもしれないと思ったのです。

そして侑市は尚に、医学部の学生の前で自分の病気について話をしてくれないかと相談します。尚の治療としても良いことだし、先輩医師として学生の力になってほしい、という侑市の願いに快く尚は承諾しました。

そこに公平が現れます。
去年、学生たちの前で講演した公平ですが、そのことはすっかり忘れていました。
しかし尚が同じMCIだと知り、お互い頑張りましょう、と笑う公平でした。

編集の水野明美(木南晴夏)と打ちあわせ中の真司。
真司が会いたい建築家とはなかなか取材の時間が取れないという明美ですが、その建築家でないと、と熱く願う真司でした。

そして明美は、地方でのサイン会の仕事は無理だという真司に、尚が心配なら一緒に連れていけば良い、奥さんを連れてくればますます本も売れる、という提案をします。しかし妻を表に出す気はないと、きっぱり断る真司でした。

尚は真司に医学部での講演の話と治験を受ける話します。もし薬が効いたら子供のことも考える、と言う尚を抱き締める真司でした。

講演のための原稿を考えはじめた尚は、公平にもアドバイスしてもらい、原稿を完成させました。

出来上がった原稿を真司に聞かせていると、真司の携帯に明美から連絡が入ります。
真司が取材を熱く希望していた建築家に会えるというのです。しかしその時間は尚の翌日の講演と重なる時間帯でした。

諦めかけた真司ですが、尚に相談します。尚は講演に遅れることを謝る真司に、一人でも大丈夫だと、笑顔を見せます。

そして翌日、尚の講演が始まりましたが、尚が話し始めた途端、マイクトラブルによるキーンという音に尚の呼吸が乱れ、「真司」と呟いて倒れてしまいます。

運ばれていく尚を見て、微笑む公平がいました。

心配する薫に、この失神をきっかけに病気が進行してしまうことはある、という侑市。

真司も連絡を受け病院にかけつけると、「真司…」とベッドでうわごとをいう尚に、公平がキスをしていました。

驚く真司に対して、にやりと笑う公平。
公平を押しのけ、尚に語りかける真司に、尚は「誰?」と呟き、また目を閉じてしまうのでした。

そして公平は楽しそうに笑いながら、踊るように非常階段を降りていくのでした。



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第6話の感想

怖い人が出てきました!
優しい顔で笑いながら何を考えているのかわからない公平。

なぜキスをしてしまうのか。好きになったのでしょうか?
しかし新しいことから忘れてしまうのであれば、公平もキスをしたことすら忘れてしまうのでしょうか。

せっかく幸せな幸せな新婚生活が始まったのに、彼はこれから二人にどう関わってくるのでしょう。

公平は病気だとわかった途端、奥さんに逃げられたとのことでしたから、尚と真司が羨ましいのでしょうか?
深い闇を抱えていそうです。

しかし保育士として働いているくらいですから、本当は心のあたたかい優しい人なのではないかと思いたいです…
尚に原稿のアドバイスをしているときは本当に親身になっているようにも思えました。

新しいマンションでの生活ぶりがラブラブすぎてほっこり。
公平が怖くて、ドキドキ。

ほっこりしたり、怖い人が出てきて震えたり、忙しいドラマです!

それにしても侑市はなかなかお見合いしないようですね。お母さんもヤキモキして、ずいぶん尚に対して失礼なことを言っていましたが、やはり尚の存在がまだ大きいのでしょうか?
侑市にも幸せになってほしいものです!



スポンサーリンク


大恋愛~僕を忘れる君と 第6話の視聴者の反応(評判)とまとめ


https://twitter.com/green16tea/status/1063441687543013377?s=09

やはり公平の登場にビックリ、怖い!と思った方が、多いようですね。
これにより、観たくなくなってしまう方もいるようです。
こういった病気が出てくるドラマは賛否両論あっても仕方ないですね。

でもラブラブなふたりに相反して、支えてくれる人がいなさそうな公平の気持ちもわからなくはないという意見もあります。

真司は来週、公平にまず何を言うのか。
少し心配な気もしますが、次回が待ち遠しいです



スポンサーリンク