2018年秋ドラマ

ハラスメントゲーム 5話のあらすじと感想「アルハラと思われた恋心」



ドラマ「ハラスメントゲーム」第5話が2018年11月12日(月)に放送されました。

ここでは、「ハラスメントゲーム」第5話のあらすじと感想、視聴者の評判を紹介していきます。



スポンサーリンク

ハラスメントゲーム 第5話のあらすじ

広報部では、結城課長(八嶋智人)のおごりで毎月恒例のバーべキューパーティーが行われていた。結城課長は、みんなの楽しそうな姿を満足そうに見ていた。

部内で一番年下の女性社員の関根(岡本玲)が他の社員とぶつかり転んでしまう。結城課長が大丈夫かと声を掛けようとすると、どうして仕事が終わった後に会社の人間と飲まなければならないのかと泣き出してしまった。

同じ頃、コンプライアンス室でも、秋津室長(唐沢寿明)の主催で親睦会が行われていた。メンバーはコンプライアンス室の高村(広瀬アリス)と矢澤弁護士(古川雄輝)の3人。

何故、立ち飲み屋なのかと不満を漏らす高村と、仕事の話を持ち出す矢澤弁護士に呆れながら、昔の話をする秋津室長のもとに1本の電話が入り、秋津室長は嫌な予感を感じながら電話に出た。

翌日、コンプライアンス室に水谷取締役(佐野史郎)が訪ねてきた。広報部の関根が結城課長をアルハラ(アルコールハラスメント)で訴えると言い出し、その日から出社していないという。

広報部は水谷取締役の管轄の為、早期解決を依頼されるが、本当のところは丸尾社長(滝藤賢一)に何かを依頼されている秋津室長を探るために近づいていた。

コンプライアンス室は早速調査を開始する為、関根に会いに行った。関根の話では飲み会は2週間に1回、バーべキューは月1回のペースで行われ、強制参加させられることが苦痛だったが、仕事に不満はないという。

関根だけでなく、他の社員達にもヒアリングをすると、迷惑に思っている人もいた事を伝えると結城課長はがっかりしてしまい、もう2度と飲み会等はしないと拗ねてしまう。

そんな中、秋津室長は結城課長を飲みに誘う。そこで結城課長は、実は関根に好意を持っていたことを告白するが、一回り年下の彼女を誘う勇気も無いし、セクハラやパワハラで訴えられるかもしれないと臆病になっていた。

一方、矢澤弁護士が高村を食事に誘おうとするが、うまくいかず先に帰ってしまった。その様子を見ていた脇田常務の秘書の小松(市川由衣)が、高村に脇田常務のおごりで3人で食事に行こうと誘ってくる。

脇田常務は秘書の小松には日頃のお礼をしたいがなかなか2人きりでは怪しまれてしまうからと一緒に来てほしいとお願いされ、同行をすることになった。

しかし、これは秋津室長を探る為の脇田常務の策略だった。そうとも知らず、高村は秋津室長が頻繁に社長室へ行っていることを漏らしてしまった。

翌日、関根が出勤してくるが、結城課長は気まずくて関根のことを避けてしまう。結城課長は秋津室長に相談に行き、気持ちを伝えてはどうかと言われ、告白の段取りが組まれた。

結城課長は、バーベキューの一件や今までの飲み会で不快な思いをさせてしまった事を謝罪し、自分の気持ちを伝えるが、関根には彼氏がいて振られてしまう。しかし、関根はこれからも仕事はきちんとやりますと言い、2人は和解した。

秋津室長は水谷取締役のもとへ解決したことを報告に行くが、水谷取締役の表情は浮かないままだった。喜べないのは私を探れなかったからですか?と挑発すると、水谷取締役はふざけるな、出て行け、顔も見たくない!と罵声を浴びせた。

秋津室長は丸尾社長にこのことを報告すると、脇田への見せしめに水谷取締役を罵声を浴びせたことをパワハラとして訴えろと丸尾社長から指示を受けた。



スポンサーリンク


ハラスメントゲーム 第5話の感想

今回も知らないハラスメントが紹介されました。飲み会の席への強要をアルコールハラスメント(アルハラ)というのです。

男性は出世の為、毎晩のように上司に付き合うのが常識だった時代は終わりを迎えました。ハラスメントがどんどんと増えて、部下は自分を守る為の武器を手に入れ、上司はハラスメントに縛られて部下の教育をし難い世の中が出来上がりました。

部下に好感を持っていても、セクハラやパワハラで訴えられるかもしれないから簡単には誘えない時代だというセリフがありました。そして、興味深いのがセクハラとパワハラを組み合わせると、「セパ両リーグ」という野球にちなんだ名前になるということ。

一番の見どころである、脇田常務と秋津室長の戦いが今回メインになるのかと思いきや、始まりそうで始まらない事にジレンマを抱えています。まだまだ腹の探り合いばかりでした。

しかも、お互い徐々に行動が派手になり、もはやこそこそ探らずに直接聞いてしまうという大胆さ。丸尾社長と脇田常務の味方はどのくらいの比率に分かれるのか。ドラマを観る限りでは丸尾社長より脇田常務のほうが優勢でしょうか。

最後に、回を追うごとに水谷取締役のキャラのオネェ化が進んでいるようですが、アドリブも入っているのでしょうか。



スポンサーリンク


ハラスメントゲーム 第5話の視聴者の評判とまとめ 

今回は、ゲストが八嶋智人さんだったので面白さへの期待値が大きかったようですね。唐沢さんとの掛け合いも面白かったです。脇田常務VS秋津室長がさらに深く対立しそうで来週も見逃せません。

 



スポンサーリンク