2019年春ドラマ

【インハンド】4話のあらすじ(ネタバレ)と感想「紐倉は謎の病原体を解き明かせるか!?」

インハンド


ドラマ「インハンド」第4話が2019年5月3日(金)に放送されました。

謎の病原体を紐倉哲(山下智久)は解き明かす事が出来るのか、注目です!

ここでは、「インハンド」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...


スポンサーリンク


【インハンド】4話のあらすじ(ネタバレ)

謎の病原体の存在

研究所では高家春馬(濱田岳)が掃除をしていて、紐倉哲(山下智久)は落花生を食べていました。

高家が殻を掃除して自らも食べようとすると段ボールの中は空になっていたのです。

怒りそうになる高家は先日の紐倉が苦しんでいる姿を思い出します。

2人は牧野巴(菜々緒)の話をしていると「紐倉博士」と突然彼女が現れました。

紐倉に人を自殺させる病原体についての話をし始めて、外務事務次官・源田創子(紫吹淳)に脅迫状が送られてきた事を明かすのです。

高家も知らないと口にすると、紐倉は「いや、ノーとは言えない」と自殺させる病原体の存在を否定しません。

「トキソプラズマ」というネズミが感染すると異常行動を起こす事例を説明します。

「可能性はゼロじゃない」と言い、「良いだろう」と珍しく引き受けるのでした。

病原体を調査する

紐倉と高家は亡くなった人物や現在の状況を牧野から説明されます。

3人は亡くなった遺族の元を訪ねて、娘の水原舞(益田恵梨菜)が急に落ち着きなくなり、自らから命を絶った事を聞くのです。

その後、佐伯総合病院に足を運んだ3人の前に屋上から飛び降りそうな菊地香織(河合優美)と必死で止める源田恵奈(吉川愛)の姿が目に入ります。

恵奈によって助けられた香織は冷静な状態ではありません。

3人は恵奈から事情を聞くと今回の事件の関係者である4人はSNSで再会した幼馴染でしたが、「アルバイトをしたんです」と口にします。

治験のアルバイトを恵奈の勧めで行っていて、「これです」と見せられたのは製薬会社のセクメト・ジャパンの薬でした。

恵奈は「お願いします」と頭を下げて頼むと紐倉が「君だろう」と脅迫状を送った犯人だと問います。

高家は信じられませんでしたが、恵奈は「それ以外に方法がなかったんです」とあっさりと認めるのです。

調査するのが困難な製薬会社ですが、「天才に不可能はない」と言いながら紐倉は治験のアルバイトを高家が行かせる事にしました。

上司の網野肇(光石研)に事情を説明する牧野に御子柴隼人(藤森慎吾)から連絡が入ります。

紐倉に関する事で5年前、CDCに在籍していた紐倉の助手・入谷廻(松下優也)が自殺した事を聞きました。

さらにその原因が紐倉だったと口にして、「ちゃんと裏取って」と牧野は電話を切るのです。

高家を治験のアルバイト先である病院に送迎する高家は入谷の事を確かめるが、彼からも知りませんでした。

治験のアルバイトに潜入する

高家は治験のアルバイトに参加して処方された薬を見て手が震えますが、飲んだふりをして持ち帰るのです。

一方、牧野は製薬会社のセクメト・ジャパンを訪れた担当の鍋島智樹(山中崇)から協力を得る事が出来ました。

紐倉は研究室にいた恵奈に病原体が存在する理由を聞くと幼馴染の緒方貴成(岐州匠)が言っていた事と答えます。

さらにバイトをした理由が母親から援助を受けたくなかったと打ち明けるのです。

4人は仲が良く、再会を果たしたが今回の出来事は自らのせいだと彼女は責めました。

すると高家から報告の連絡が入り、「必ず裏がある」と詳しく調べるように伝えます。

「昔、知り合いがいた」と口にした紐倉に高家は入谷の名前を出すと突然、苦しみ出して「入谷なんて知らない」と電話を切るのです。

高家は病院内を探し始め変装して、ある資料室に入り込みます。

大量の資料の中から今回問題「SQ61」のデータを見つけて、写真を撮って紐倉に送るのです。 

部屋に戻ろうとする高家な鍋島に声を掛けてられて、彼の事を聞かれます。

そして、鍋島は「あの男は人殺しなんです」と衝撃的な言葉を口にしました。

サイエンス・メディカル室では牧野が中心になって、当時の治験者の追跡調査を行っていたのです。

しかし、網野から厚労省の上層部と製薬会社が繋がっているため、「この案件から手を引け」と指示を受けました。

牧野はこの事を紐倉に報告しますが、「緒方を探せ」と厳しい表情で彼女に訴えます。

紐倉と入谷の関係性

高家と牧野は鍋島から入谷の事を聞き、以前研究者として一緒に働き共同開発をしていた話を聞くのです。

入谷は紐倉に引き抜かれて、CDCでは危険な実験をしていたと口にしました。

その後、アメリカ陸軍が調査に入りましたが、入谷は責任を擦り付けられて自殺したと説明されます。

治験データを確認して病原体の原因を突き止めた紐倉は恵奈と一緒に当時4人が遊んでいた場所に向かいます。

高家と牧野が研究所に駆け付けるとすでに紐倉の姿はありませんでした。

現地に着いた紐倉は恵奈の記憶を頼りにある建物に入ってきます。

そこは馬小屋でしたが、中には緒方が倒れていたのです。

そして、牧野に連絡をして鍋島とのアポを取り付けるように指示をしました。

明らかになった事実

当日、初対面した鍋島に対して紐倉は早速、セクメト・ジャパンの治験に原因があると迫ります。

非ステロイドの鎮痛薬自体が原因でなく、ウイルス感染時に服用すると脳に影響を及ぼすと口にしました。

さらにボルナ病ウイルスが製薬会社の検査から漏れていて、4人は馬から感染したと説明をします。

緒方も独自で調査していましたが、症状が悪化して倒れてしまっていたのです。

鍋島はこの事を知っていましたが、隠蔽していたのです。

紐倉は証拠のデータを出すと彼は莫大の研究費が掛かっている上、止める事が出来きなかったと言い逃れをして、誰も裁く事が出来ないと主張しました。

牧野は社会的制裁を受ける事や高家も研究者として先がない事を彼に伝えると、恵奈がいなくなっていたのです。

彼女は屋上に行き、飛び降りようとしますが、高家と牧野が止めました。

治験に誘った事を後悔している恵奈に「感情の奴隷にはなるな」と紐倉は伝えます。

そして、「感情があるから人間なんだ」と言い、「前を向いて生きていくんだ」と背中を押しました。

過去に苦しむ紐倉

牧野は御子柴に呼ばれて、「気になるものがあって」と紐倉の事が書かれた記事を見せられます。

その時、高家が書類を整理しているとCDCのファイルを見つけました。

すると遠くから飼っている犬が泣く声が聞こえて、駆け付けると紐倉が苦しんでいたのです。

彼は義手を上にかざして、過去の事を思い出しながら気を失ってしまいました。



スポンサーリンク


【インハンド】4話の感想

謎の病原体を調査する紐倉ですが、相変わらず身体を張る役目は高家になるのだと彼の大変さを感じました。

前回も危険な思いをしましたが、今回は上手く高家も任務を遂行したと思います。

やはり、紐倉の助手を務める事が出来るのは彼しかいません。

彼の無茶ぶりにも対応していますが、高家は相当心配しているはずです。

日頃見せる事のない紐倉の苦しむ姿を目にしている事もあり、何とかしようと思っているでしょう。

製薬会社の非ステロイド鎮痛剤が原因だと考えていましたが、ウイルス感染の時に服用するのが本当の原因だとは意外でした。

馬から感染したものだと驚きましたが、その事実を知っておきながら隠蔽した鍋島の行動は許されないです。

真実を明らかにした紐倉は入谷と過去に何があったのか、気になります。

入谷を追い詰めたのは本当に紐倉で、どんな事が原因だったのか知りたいです。

本当に彼は危険な行動をしていたのでしょうか。

次回は紐倉がCDCで働いていた時の元上司が登場しますが、彼の過去が更に明らかになりそうです。

そして、彼の義手の秘密も分かりそうです。

話が進む毎に判明していく紐倉の過去には何が隠されているのでしょうか。

高家と牧野は真実を知り、どのような態度を取るのか注目しています。



スポンサーリンク


【インハンド】4話の評価評判

まとめ

謎の病原体を突き止める事が出来ましたが、意外な真実が隠されていました。

今回も面白いとの声や次回を楽しみにしている声が多く上がっています。

徐々に明らかになっていく紐倉の過去も気になりますね。

次回は紐倉の元上司が登場しますが、一体何が明らかになるのでしょうか。

紐倉の過去に何があったのか、気になりますね!



スポンサーリンク