2019年春ドラマ

【インハンド】6話のあらすじ(ネタバレ)と感想「アドバイザーに就任した紐倉の初仕事!」

インハンド


ドラマ「インハンド」第6話が2019年5月17日(金)に放送されました。

アドバイザーに就任した紐倉が最初に担当する仕事とは何か注目です!

ここでは、「インハンド」第6話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...


スポンサーリンク


【インハンド】6話のあらすじ(ネタバレ)

アドバイザーに就任した紐倉

紐倉哲(山下智久)は高家春馬(濱田岳)と一緒にサイエンス・メディカル室を訪れていました。

室長の網野肇(光石研)と挨拶を交わして、最初の依頼の説明を受けるのです。

数々の日本記録を出している陸上選手の野桐俊(清原翔)の身辺調査をする事になりました。

彼は異端児であり、高家が詳しく説明すると「変わり者だな」と紐倉は口にします。

国民栄誉賞が検討中でもあったため、網野が頼むと紐倉は「断る」と言いました。

すると高家が土下座して、必死で説得して「親孝行させてくれ」と伝えると「僕には関係ない」と再び断ります。

2人で話し合いをして、ようやく承諾したが、紐倉は「ドーピングってしちゃ駄目なの」と驚きの質問をするのです。

異端児・野桐との初対面

ある競技場に向かった3人は野桐の様子をスタンドから見ていました。

高家が彼の特徴を話していくと「ルーティンだな」と紐倉が彼の動きを細かく説明します。

「なかなか面白い人間だな」と興味を示すと彼のコーチである東野潔(石井正則)が現れました。

高家と牧野巴(菜々緒)が挨拶をしている間に紐倉は野桐に近付き、声を掛けます。

苛立つ彼は紐倉に物を投げつけるなど、攻撃的な態度を取るのです。

取材を承諾して、更衣室に入ると彼は床にうつ伏せの状態でいました。

野桐は手の事を紐倉に聞くと、今度はドーピングの事を尋ねます。

更に自宅に行って詳しく調べるように話を持っていきました。

野桐家を訪れて高家が採血をしている間に、紐倉は部屋の状況や物を見て回ります。

紐倉の言葉に機嫌が悪くなる彼を高家が機嫌を取るのです。

メディカル・サイエンス室で報告をする高家は「特にやましいところはありませんでした」と網野達に伝えて、安堵するのです。

しかし、紐倉が「野桐はドーピングしてる」と口にして、6年前と現在の映像を映して、ルーティンや聞いている音楽の奏者が変わった事を挙げました。

続けて、野桐が強迫性障害で何かあったのだと紐倉は読み、「さらに追及出来るぞ」と意気込むのです。

再び野桐に会いに行く

研究室で「証拠はあるの」と牧野が聞くと「ない」と紐倉が答えて、彼女は勝手な行動を取らないように忠告をします。

彼女が帰った後、早速「よし、行こうか」と野桐の練習している長野に向かいました。

現地で野桐に会い「もう少し観察させてくれて」と頼むと彼は承諾して、2人は練習を映像に収めながら細かく見ていきます。

同じ練習を繰り返している彼の行動に「全てに科学的な理由がある」と紐倉が口にして、「もっと観察させてくれ」と問い掛けました。

その問いに野桐は承諾して、紐倉と仲の良い姿を見せるのです。

黙々と練習に励む野桐に紐倉は「それドーピング対策か」と彼の行動が目に入りました。

明確ではないドーピングの判断に苦言を呈すると「まだ、調査は終わっていない」と紐倉は言います。

その時、野桐の父親・俊明(温水洋一)が現れるのです。

野桐はトレーニングしているこの場所を選んだ理由を話すと「素晴らしい」と紐倉は答えました。

そして、「なぜ、変わった」と聞いている曲の演奏者の事を尋ねて、貧血の治療を始めた事や食材もドーピング検査が必要である事を口にすると野桐の表情が険しくなります。

「高家、帰るぞ」と紐倉は研究所に帰っていくのです

ドーピングが判明

帰宅すると「あんたら、何してたのよ」と牧野が門の前で待ち構えていました。

紐倉は遺伝子ドーピングである事を明かして、検知する事が難しいと説明します。

クリスパーキャスナインという遺伝子を変える方法により、ルーティンや曲の変化が生じた事を話しました。

更に東野が野桐の治療を行っている深谷クリニックと金銭の流れがある事を掴み、「行こう」と院長を尋ねるのです。

3人が協力して調査しましたが、証拠は見つかりません。

すると牧野の携帯に網野から連絡が入り、呼び出されて調査を進めている事を怒られます。

牧野は網野に遺伝子ドーピングの疑いがあり、今後の対応策に悩むのです。

3人は研究所に戻り、野桐の報道を見ていると紐倉がテレビを消して、音楽を流し始めます。

彼の行動を思い出す紐倉は野桐の実家から荷物が届いている事に気付き、足を運ぶのです。

実家を訪ねて、彼が4年前に怪我をしてリハビリ中の映像を見ます。

突如、紐倉が「ところで次のレースが最後なんですか」と俊明に聞くと動揺しました。

「何かごまかしてるな」と俊明が席を外した隙に部屋の中を探すとカレンダーに丸印と国立ガン総合センターからの父親名義である封筒を発見するのです。

突き止めた真相を伝える紐倉

大会当日、競技前に1人で集中している野桐に2人は声を掛けます。

紐倉は「君は遺伝子ドーピングをした」と口にして、身体の異変を尋ねました。

そして、悪性リンパ腫になっているため、首や脇などリンパ節がある場所を触っていたと伝えるのです。

俊明とHLAなら助かる道があると問うと「俺は走る」と言い、自分の限界を超えた景色を見たいと口にしました。

「見て来いよ、その景色」と紐倉が言うと気合いを入れて、競技場のトラックに向かうのです。

多くの声援の中、レースが始まり快走を見せる野桐でしたが、突然止まってしまいその場に倒れてしまいます。

研究所で野桐の報道がテレビで流れて、その事で紐倉と高家が言い合っている時に牧野の電話をなります。

牧野が帰ろうとして電話の相手を「娘から」と答えると2人は驚くのです。



スポンサーリンク


【インハンド】6話の感想

紐倉がアドバイザーとして、ドーピング疑惑の陸上選手の野桐を調査する事になりましたが、まさか変わり者だとは驚きました。

最初は対立している様子だった紐倉と野桐はお互い似た者同士なのか、仲が良くなっていくのに納得してしまいました。

2人とも特定の分野に特化している同士だからこそ、通じ合う部分があったのだと思います。

野桐からドーピング検査から異常は見つかりませんでしたが、紐倉が他の方向性を考えていたとは流石でした。

遺伝子ドーピングという思いも付かない方法を発見したのは凄いですが、野桐の身体に異変が生じているとは驚きです。

最後のレースで倒れしまいましたが、紐倉も高家も助ける事が出来ずに辛かったはずです。

本当は彼を助けたかったのではないでしょうか。

紐倉と高家は再びコンビを組むようになりましたが、2人のやり取りは面白いです。

助手を務める事が出来るのは改めて高家しかいないと思いました。

今回から紐倉の表情も今までより変わったように感じます。

最後、牧野に娘がいる事を聞いたときはかなり驚きました。

次回は牧野の娘を救うために紐倉と高家は治療法を見つけていきます。

元上司の福山にも協力を求めに行きますが、何かありそうです。

紐倉は有効な治療法を見つけ出す事が出来るのか、注目しています。



スポンサーリンク


【インハンド】6話の評価評判

まとめ

アドバイザーとして陸上選手・野桐のドーピングを調査しましたが、悲しい結末でしたね。

変わり者だった野桐と紐倉は通じ合うものがあったようですね。

今回は面白いとの声や3人のやり取りを評価する意見がありました。

次回は牧野の娘の治療法を紐倉が見つけていくようです。

果たして、助ける事が出来るのか気になります。



スポンサーリンク