2019年春ドラマ

【インハンド】8話のあらすじ(ネタバレ)と感想「鬼の血の真相を紐倉が突き止める!?」



ドラマ「インハンド」第8話話が2019年5月31日(金)に放送されました。

園川家に代々伝わる鬼の血伝説とは、何でしょうか?

ここでは、「インハンド」第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...


スポンサーリンク

【インハンド】8話のあらすじ(ネタバレ)

血のポスターが話題に

サイエンス・メディカル室のメンバーが紐倉哲(山下智久)の研究所を訪ねていました。

紐倉は「どうして、彼らがここに」と早々と追い返そうとします。

盛り上がる中、御子柴隼人(藤森慎吾)が「これ知っています」とSNSで話題になっている血のポスターを彼に見せました。

大手企業のキガシマホールディングスの会長である園川務(柄本明)の息子・園川直継(夙川アトム)が自殺した後にロビーのポスターの人物の髪が赤く塗られていたのです。

「そのポスター見に行く」と紐倉と高家春男(濱田岳)と現場に来きました。

周囲の気を引くため高家とその場で苦しむ演技をしている間に紐倉がポスターに近付き、赤の部分を採取して、セラチア菌と判明します。

テレビでは直継の事が取り上げられて、牧野巴(菜々緒)は上司の網野肇(光石研)に調査の許可を求めますが、断られました。

紐倉の同僚・遠藤に遭遇

3人が直継の家に行き調べていると、紐倉はある本から1枚の写真を見つけてポケットに入れます。

他の部屋を探していると経産省の職員がやってきて、「久しぶりだな」と紐倉に声を掛けました。

ある会議の時に網野は3人の行動を指摘されて、釘を刺されます。

部署に戻り、高家と牧野から謝罪を受けていると遠藤匡晃(要潤)が入ってきました。

「大学時代の同期だ」と紐倉が言って、彼は2人に挨拶をします。

彼は経産省のアドバイザーを務めていて、紐倉に「君は一切手を出すな」と忠告しました。

大学時代から遠藤にライバル視をされている事を口にすると網野は「調査を続けろ」と会議経産省の同期に嫌味を浴びせられた事を怒っていました。

務の会社を訪れた牧野は窓口で経産省の職員がアポを優先されている事を目の当たりにします。

紐倉は展示していた絵画ポスターを見て、直継の名前を見つけました。

3人は裏口で務を待ち伏せして話し掛けますが、相手にしてもらえません。

職場に戻ると遠藤が直継の事を説明していました。

彼が部屋を後にして、今回の件で様々な噂が話題になっているのを耳にします。

すると直継が自殺した当日に男性と喧嘩になっていたとの情報が入っていた事を明かしました。

紐倉は「真相なら直接聞こう」と再び務の会社に向かいます。

経産省と偽って、3人は面会して直継の事を聞き、最後に紐倉が写真を出して彼が普段の髪の色が赤い事を尋ねますが、務は無言でした。

帰り際に紐倉が赤毛は特殊な遺伝子によるもので、特化したジャンルに才能を開花すると口にします。

牧野と高家が先に外に出ると紐倉は姿を消して、ある場所に足を運んでいたのです。

メディカル室に行くと遠藤が待ち伏せをして、紐倉に務との会話の内容を聞きます。

再度、忠告を受けた紐倉は「まだまだ、調べるぞ」と言い、隣にいた高家も「了解」と調査を再開しました。

鬼の伝説を調べる

紐倉達はホワイトボードに園川家の家系図を描き、調査を進めていきます。

牧野から連絡が入り、上之宝島の鬼伝説を伝えられると「代わりにいって欲しいところがある」と彼が頼みました。

鬼の伝説の専門家に会い、詳しく話を聞いた2人は去年に別に人物が話を聞きに来た事を知ります。

一方、牧野はある個展を訪れて、直継の情報を掴み「紐倉博士、ビンゴ」と喜びました。

3人は遠藤の元に足を運び、事情を聞こうとして研究所に場所を変えます。

まず、高家が「全てお見通しです」と推理した内容を言うが、違っていました。

牧野が遠藤の首に目が行き、「その痣」と尋ねると1年前に直継から園川家の血を調べるように依頼を受けた事を明かします。

会社の創業者・園川大次郎は気性が荒くて、直継も辛い経験をしていました。

祖父のようになる事を拒んでいた彼は遠藤からの調査結果に落胆します。

祖父と同じタイプの遺伝子である事が分かり、遠藤も調査した事を後悔していました。

調査結果を知ってから直継は今までとは変わってしまい、遠藤の首を絞めてしまいます。

彼は祖父と同じ遺伝子である事で絶望して、その後自ら命を絶ったのです。

後悔する遠藤に「39番か」とUSBに入っていたファイルの1つに紐倉は何か気付きます。

紐倉が務に事実を伝える

務の元に紐倉達がやって来て、園川家の遺伝子資料を見せました。

鬼の話になり、創業者の大次郎の事を語り、「恐ろしい男だった」と口にします。

その姿を見て幼い時から直継に忠告を彼のやりたい事をさせてきたと伝えました。

話を聞いていた紐倉は「だいぶ古典的だ」と務を絵画コンクールの式典に連れていきます。

大賞の子供が直継の息子・都築歩夢(大平洋介)である事を明かして、交友関係を遠藤が調べる中で都築潤子(ちすん)という女性と会いました。

歩夢の母親で紐倉は直接話を聞き、息子の絵をコンクールに出すように提案していたのです。

直継は歩夢の存在を知らず、遠藤は教える事が出来ずに後悔していました。

「人と作るのは遺伝子と環境か」と務は口にして、紐倉に授与式で歩夢に掛ける言葉を尋ねます。

紐倉は「さあ、絵を描いてくれように頼んだらどうです」とアドバイスをして、「なるほど」と務は壇上に向かいました。

会場を後にする3人は遠藤と遭遇して、彼が鬼の血について世間にバレないようにしていた事を聞きます。

ビジネスパートナーであり友人のために動いた遠藤に「だから、セラチア菌をポスターに撒いた」と紐倉が口にして、彼の回りくどさを指摘しました。

後日、紐倉に遠藤がメールを送り、長文の最後に感謝の言葉が入っているのに気付き、高家と笑みを浮かべます。



スポンサーリンク


【インハンド】8話の感想

大手企業の後継者と思われていた直継が自殺して、その後会社のポスターに赤い液体が掛けられていましたが、早速現場に足を運んだ紐倉は流石です。

高家が苦しむ演技をしている時に液体の採取をする紐倉の行動も驚きましたが、2人の息の合った作戦は凄いと思います。

必要以上の説明をせずにお互いの考えや行動を察してしまう2人のコンビは最強だと思います。

調査を進めていくと鬼の血の真相に辿り着きましたが、まさか紐倉の同期・遠藤が関わっているとは意外でした。

そして、詳しい話を聞くために研究所に呼び、高家が自らの推理を話す展開は面白かったです。

真剣な話の前に推理を入れてくるとは思っていませんでした。

自ら命を絶った直継を救えなかった遠藤は相当辛かったでしょう。

紐倉は直継の息子の存在も把握しているとは凄いです。

今回は様々な葛藤があった展開でしたが、最後まで見応えがありました。

次回は高家の母親が現れるようですが、どのようなやり取りを見せてくれるでしょうか。

母親の恩師が高家の働いていた病院に入院しますが、何か問題が起きそうです。

紐倉達は真相をどうやって突き止めていくのか、楽しみです。

また、3人の軽快なやり取りが見れる事を期待しています。



スポンサーリンク


ドラマ【インハンド】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【インハンド】8話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【インハンド】8話の評価評判

まとめ

紐倉達は鬼の血の真相について調べましたが、彼の活躍は流石でしたね。

遺伝子と環境が影響すると良い言葉を口にして、深い内容に見応えを感じました。

今回も面白いとの声が多く、次回が楽しみですね。

高家の母親の恩師が彼が勤めていた病院に入院しますが、何か起きそうです。

3人の息の合ったやり取りが楽しみですね。



スポンサーリンク