イノセンス 冤罪弁護士

【イノセンス 冤罪弁護士】最終回(10話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(3月23日放送分)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の最終回(10話)が2019年3月23日(土)に放送されました。

ここでは、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)をリアルタイムで見逃してしまった方のために動画を無料視聴する方法をご紹介します。

記事の後半では、視聴者による見どころ・展開予想・感想を載せています。

※ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」はHuluで全話見放題となっています。

▼今すぐ視聴したい方は下のリンクからどうぞ▼
Huluで今すぐ「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する方はこちら

(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単にできます)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の見逃し動画を無料で配信しているサービスをご紹介!

放送から1週間以内の場合の無料視聴方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)もしくは日テレ無料!TADA(日テレオンデマンド)という動画配信サービスを利用すれば、無料視聴が可能です。(スキップできないCMが何回か流れます)

1週間の限定配信となっていて、次回の放送開始直前まで視聴できます。

Tverで無料視聴する

日テレ無料!TADAで無料視聴する

放送から1週間以上経っている場合の無料視聴方法

放送から1週間以上経過している場合は、Tverや日テレ無料!TADAで見ることはできません。

調査したところ、国内ドラマの配信サービスを行っているVOD(ビデオオンデマンド)のなかで、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」を最もお得に見ることができるのは、Huluです。CMもないので快適に見られます。

Huluで「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単にできます

2週間の無料お試しキャンペーンを実施中なので、登録して2週間は配信されている全作品が無料で見放題です。

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は全話配信予定なので、1話から最終回まで見放題となります。

数ある配信サービスの中で、追加料金無しで全話見放題なのはHuluだけと思われます。

また、無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

Huluで見放題の作品例(最近の国内ドラマ)

  • 今日から俺は!!(2018年秋ドラマ)
  • 獣になれない私たち(2018年秋ドラマ)
  • ブラックスキャンダル(2018年秋ドラマ)
  • ゼロ一攫千金ゲーム(2018年夏ドラマ)
  • サバイバル・ウェディング(2018年夏ドラマ)
  • 高嶺の花(2018年夏ドラマ)
  • 正義のセ(2018年春ドラマ)
  • ミス・シャーロック(2018年春ドラマ)
  • 崖っぷちホテル!(2018年春ドラマ)

など(※2019年3月時点)

 

Huluの特徴まとめ

現在2週間の無料お試し期間あり
無料期間中に解約すれば、料金は一切不要
ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は全話見放題
・5万本以上の配信中の全作品(海外、国内人気ドラマ、映画、音楽番組、アニメなど)が見放題

Huluは無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。登録・解約手続きも簡単なのでこの機会にぜひ試してみてください。

Huluに登録して「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する

※2019年3月時点の情報です。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトを使っての視聴は辞めたほうがいい理由

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

などの動画共有サイトでも見逃し動画を視聴できる可能性はあります。

しかし、これらのサイトはドラマや映画を違法でアップロードしているので次のようなデメリットがあります。

動画共有サイトのデメリット

・画質、音質が悪い
・広告が多くストレスになる
・動画は急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険

安全に高画質・高音質でドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」を全話見るならHuluがおすすめです。

無料期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

解約も非常に簡単です。

Huluで今すぐ「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する方はこちら

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)のあらすじ

【最終回(10話)のあらすじ】

謎の男から拓たく(坂口健太郎)をかばい刺された楓かえで(川口春奈)。一方聡子さとこ(市川実日子)は、殺された京香きょうかと殺人を疑われている富士田ふじた(坂本真)のSNS上の共通の“友達”である『KooZ』という人物が、11年前に殺された彩花あやかと自殺した浅間あさま(鈴之助)の両方のブログにもコメントを残していることに注目していた。『KooZ』のSNSの画像に被害者の傷と同じ形“勾玉まがたま”の模様があるのを見た秋保あきう(藤木直人)は、勾玉が英語で所有を表す「’(アポストロフィ)」に似ていることから「被害者は自分の所有物だ」という犯人の主張かもしれないと推測。

そんな中、楓を刺したという男・神津こうづ一成かずなり(武田真治)が自首をする!拓は、神津が京香の通う大学の職員だということと、『こうづ』が『KooZ』に似ていることが単なる偶然ではないと感じ、接見を願い出る。翌日、接見室での何気ない会話に11年前の事件との関係を匂わせる神津は、立会いの警察官が席を外した隙を狙い、今回の2件と11年前の事件で被害者を殺したのは自分だと拓に囁く……!!

証拠がないため真犯人を前に何もできないことに苛立つ拓は、11年前捜査に当たっていた元刑事・草津くさつ(佐藤B作)に会い、現場の遺留品だった煙草の吸殻が、浅間が喫煙者でなかったために証拠として採用されなかったことを知る。地裁に対し証拠品の開示と再審請求に踏み出す拓だが、そんな矢先検察が想定外の暴挙にでる!!果たして閉ざされた真実への扉は開くのか!?それぞれの思いを胸に真実に迫る衝撃と感動の最終回!!

※公式サイトより引用

【イノセンス 冤罪弁護士】最終回(10話)のあらすじと感想評判「11年前の真相に拓が挑む!」ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)が2019年3月23日(土)に放送されました。 ここでは、「イノセンス 冤罪弁護士...

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)の視聴者の考える見どころは?

  • 拓が11年前の幼なじみの友達の冤罪を晴らすことが出来るのか。
  • 黒川拓弁護士はいったい誰のために、何の無罪を法廷で主張するのか?
  • 11年前の事件の真相が世に知られることはあるのか!?秋保教授と黒川先生の関係はどうなるのか!?
  • 遂に明らかになる11年前の事件の真相と、楓の安否だと思います。

 

Huluで今すぐ「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する方はこちら

(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単にできます)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)放送前の視聴者による展開予想や期待の声

拓が11年前と今回の事件を結び付けようとしていたことで、狙われたように思え、楓が何者かに刺され命が心配である。

犯人は捕まり11年前の事件と今回の2つの事件を自白した男性は、快楽殺人を行ったように思える。

拓は11年前の事件で、自殺した幼なじみの冤罪を晴らすことが出来るのか楽しみである。

秋保との関係は冤罪を晴らすことで繋がっていると感じたが、検察庁の科学捜査をすることになった秋保がどこまで協力をしてくれるのか気になる。

11年前の事件で犯人の証拠がないと裁判では不起訴になってしまうことが十分わかり行方が気になる。
(50代女性)

最終回なので、今度こそ真犯人がわかるはず!と気負ってみれば、突然降ってわいたように「自供」する男が現れるとのこと。

最後まで事件にヒネリを効かせてくるのかと、困惑してしいるところです。

予告で出頭してくる男は、何を考えているのでしょうか。

「心神喪失」あたりを狙っているのか、愉快犯なのか、気持ちが悪いです。

また、ベッドにクギ付けになりそうな楓のことも心配です。

まさか再起不能、などという設定はないかと思いますが、これではなんとなく出来上がっていた拓と楓の「いい関係」が、進展なしで終了してしまうのかな、と少し残念です。

最後にひと花、恋バナも期待しています!
(40代女性)

このドラマほど毎回、モヤモヤしたまま終わる話はなかったように思います。

最終回もおそらくスッキリとした気持ちにはなれないと思います。

しかし、少なくとも今回と11年前の両方の事件の真犯人を見つけてほしいです。

そして、やはり楓の容態が非常に気になります。

彼女にはぜひ助かってほしいですが、もう拓に協力することはできないかもしれません。

いつのまにか楓は拓のことが好きになっていたように思います。

それがあの状況で、見を呈して拓を守ったような形になってしまったのだと思いました。

最終回では全てが解決するのかよく分かりません。

秋保準教授が再び拓に協力してくれることを望みたいです。
(50代女性)

最終回では、11年前の事件の真相が明かされることになると思うのですが、8話では事件の真相が明らかになっても再審請求が通らなかったので、最終回では11年前の事件が明らかになるだけでなく、司法で再び争い、黒川先生の幼なじみの無実が証明されることを期待したいと思います。

また、秋保教授と黒川は立場の違いから対立してしまったのですが、最終回でも検証が必要になると思うので、また秋保教授が協力してくれて、無事に真実を見つけられるといいなと思います。

ついでに、秋保教授には、黒川先生のお父さんに勧められた機関には入らないで欲しいです。
(20代女性)

ついに事件のすべての真相、犯人がわかるんだと思うと、とても楽しみです。

今回、坂口健太郎さんは、藤木直人さんとぶつかり合ったことで、自分が死体の冷たさを知らないことに引け目を感じるようになり、自信をなくしつつありました。

そこに来て、川口春奈さんが坂口健太郎さんをかばって、ナイフで刺されるというラスト。

坂口健太郎さんにとって、苦しくてツライ展開になってくると思います。

けれども、坂口健太郎さんには本来の真実だけを追求するという自分の信念を取り戻してほしいと思っています。

川口春奈さんのケガがたいしたものでありませんように。
(30代女性)

まずは、いよいよ真相に近づいてきた拓の人格を変えることになってしまった11年前の事件の全容が気になります。

今回の依頼人は犯人ではなさそうな感じもしますが、詳細は不明なので、まだ疑いは晴れません。

やはり、最後に楓を刺した犯人が、11年まえと今回の殺人事件の犯人なのかが気になります。

拓をいきなり襲ってきたのも謎です。

真相を明かされることへの恐怖から犯行を決意したのか、誰かに何かを吹き込まれたのかも興味深いところです。

そして拓を庇って刺されてしまった楓の命が心配です。

出来ればなるべくハッピーエンドで終わって欲しいです。
(30代男性)

和倉先生を刺した犯人が、今回の事件と11年前の事件の犯人だけど、それを立証する証拠がないというのがもどかしく感じました。

きっと犯人も証拠がなくて立証することができないことをわかっているから、自ら自分がやったと黒川に行ったんだろうなと思います。

黒川も、目の前に犯人がいるのに裁くことができなくて苛立ってしまうだろうなと感じました。

11年前には証拠品として採用されなかったタバコの吸い殻からは神津のものなんだろうなと思います。

だけど裁判所は再審請求を突っぱねるのかなと考えました。

そこを、検察の期間に入った秋保が、科学的根拠を立証して助かるんじゃないかなと予想しました。
(20代女性)

最終回は11年前の事件解決すると思います。

1話の放送時間で、急に出て来た真犯人をどうやって現代の2件の殺人と、11年前の殺人の件について、納得できる形で動機や殺害方法を提示してくれるのか楽しみです。

あと秋保教授と黒川先生の関係、黒川と黒川父の関係がどうなるのか?

できれば秋保教授と黒川は真犯人を見つけ仲直りして、以前のように協力して冤罪事件に向き合ってほしい!

あと、おそらく黒川は和倉先生の気持ちには気づかづ、恋の部分では全く何も変化なしで終わりそう。

ただ恋愛の部分でも秋保と有馬とか、黒川と和倉とか、どうなるのかちょっと気になってます。
(30代女性)

Huluで今すぐ「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する方はこちら

(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単にできます)

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)の視聴者の感想

みかさん(30代女性)
みかさん(30代女性)
武田真治さんがまさかの真犯人役として登場しました。

冤罪というものを、テーマにずっと進んできたドラマでしたが、まさか真犯人までもが冤罪事件の被害者だったとは思いませんでした。  

真犯人がわかって、自供してるし、死刑になるし、とりあえず解決という終わり方ではなくて、坂口健太郎さんは、ちゃんと犯人に自分の罪と向き合ってほしかったのですね。

経験したことがないので、被害者遺族の気持ちはわからないですが、ただ犯人が自分で納得して死刑になるだけでは満足できないというのは、なんとなくわかるような気がします。

武田真治さんの演技は、鬼気迫るものがありびっくりしました。

ちかんの冤罪のせいで、大学生になれなかった無念さが伝わってきました。

マリさん(50代女性)
マリさん(50代女性)
このドラマは最後までモヤモヤしたままで終わってしまいました。

しかし、そのような中でも救いだったことは、やはり11年前の事件の真犯人が分かったことです。

黒川拓の幼馴染みが冤罪だということを立証できて、本当に良かったと思いました。

秋保準教授も真実が分かったことで、少しだけ気持ちが変わったのではないかと思います。

ですが、やはり事件で亡くなった人は戻ってきません。

そのことがモヤモヤして、スッキリしない大きな理由だと思います。

それでも真実が分かったことで、事件に関わった人たちが前に進めるような気がします。

犯人は自分も冤罪の経験があり、その腹いせに全く関係ない人々を事件に巻き込んでしまいました。

自分がやられたから、その仕返しをするということは、どんなことで合ってもとても危険な行為だと改めて思いました。

きゃしぃさん(50代女性)
きゃしぃさん(50代女性)
やっぱり、11年前の秋保さんの妹殺害事件の犯人も、今回の事件の犯人も、同じ第三者だったんだとすぐ判明したのに、証拠がないなんて!

でも、決して諦めない黒川弁護士の粘りに、かつて捜査した刑事まで動いてくれて、たばこの吸殻という証拠が得られたのには、「やった!」と思いました。

しかし、指宿検事に悪意ある者がわざと置いたのかもしれないと言われ、同じように富士田さんが犯人と思われるように証拠として置かれた可能性も指摘した黒川弁護士。

結局、証拠は捏造することができる可能性もあるということなんですね。

もしかすると、状況証拠に頼ったり警察の執拗な取り調べによる自白で起訴することの危険性を、このドラマは示唆していたのかもしれません。

現実にも、同じように冤罪で苦しんだ人がいる可能性もあるのだろうと思います。

だからこそ、検証実験や、証拠探し、事実の裏付けなど、1つとして手を抜いていいものはないのでしょう。

黒川拓の父親である検事が、自分が生んでしまった冤罪事件を法廷で謝罪したのには、感動しました。

あんな検事ばかりなら、拓のような弁護士ばかりなら、冤罪は生まれないのだろうと思います。

今回の犯人もかつて冤罪で起訴され、人生が狂ってしまったことが犯行動機だったというのには驚きましたが。

最後は秋保さんも救われ、拓も事務所も救われ、パラリーガルたちも弁護士を目指し、見ている私の気持ちもスッキリしました。

whiteさん(30代女性)
whiteさん(30代女性)
単刀直入に面白かったです。最初から最後まで見所が満載。

おそらく一番言いたかった部分は、最初の藤木直人が参考人として証言台に立った時に放った言葉「状況証拠だけを積み重ねて、先入観や思い込みだけで犯人を作り上げることの愚かさ」「正しいのは真実にひたすらに向き合う姿勢」など、この部分にとても共感できましたし感動しました。

少し残念だったのが、もう少し武田真治が悶え苦しんで必死に真実を追求されないようにして欲しかったと感じました。

検察および武田真治と坂口健太郎がバトルしあう場面が見たかったと思いました。

ただ、あのあっさり認めてあっけにとられるのも趣があって面白かったです。

一番、なるほど!と感心したのが、結局、冤罪が新たに死人まで出す新たな事件を生んでしまっていたという事実。

このことがわかって少し犯人に同情してしまったことについては、人間は勝手なもんだなと思いました。

元は必死に勉強して苦学して合格を掴み取ったにも関わらず、一転奈落の底に落とされてしまった武田真治が気の毒でした。

同時に、示談金欲しさに嘘をついた当時女子高生もドラマに出て、袋叩きにあうシーンを見てみたかったです。

イカロスさん(30代男性)
イカロスさん(30代男性)
今回無事に11年前の事件の真相が明らかになりましたが、全体の流れとしてはスッキリしない感じになっていたと思います。

感動するポイントが、なんだか曖昧になっていたと思います。

殺人事件の犯人が痴漢冤罪事件の被害者というのは、いらない流れだったと思います。

まだ金持ちのボンボンが犯した犯行という感じで終わったほうが良かったと思います。

また楓の回復の速さはいかがなものかなと思いました。

「はじ恋」の深田恭子さんの回復の速さと同じように違和感がありまくりだと思いました。

刺される展開もいらなかったと思うので、刺されたならもう少し引っ張って、最後に無事だったという展開で感動を巻き起こしたほうが感動できたと思いました。

のむままさん(30代女性)
のむままさん(30代女性)
11年前の犯人が別にいたと必死に動く主人公の黒川は、証拠が掴めずに苦しみます。

警察側も今さら冤罪となることを恐れ邪魔をするのですが、主人公の黒川は小さな事も見逃さずに吸い殻のDNA鑑定をし、11年前の事件と現在との事件が同一人物の犯行の恐れがあると突き止めましたが、犯人の異常さがとても怖かったです。

犯人は痴漢の冤罪で捕まった過去があり、その恨みからの警察らへ向けた犯行だそうですが、冤罪を1番身に染みて知っていた犯人なのに自分の恨みを晴らす気持ちから別の人を冤罪とさせてしまうのは悲しいことだと思いました。

今回のことで、主人公の黒川は父親とも和解しましたが本当に良かったなと思いました。

冤罪はあってはならないことです。現実ではどうなのだろうと考えさせられました。

しょうこさん(20代女性)
しょうこさん(20代女性)
神津がかなり狂気に満ちてて怖かったです。

自分が真犯人だということもあっさり認めて犯行時の行動も根掘り葉掘り、時には笑いながら話していて、全く反省の色がなくて腹が立ちました。

さらに、自分が冤罪で苦しんだっていう経験があるのに、他人に同じ苦しみを味わわせてしまうなんて、許さないなと思いました。

警察や検察を恨む気持ちは分からなくもないけれど、自分の仕返しのために、無実の人を巻き込んで死者まで出してしまうなんて自己中極まりないなと感じました。

だけど、冤罪痴漢事件さえなければなとも思ったので、やっぱり冤罪を起こさないようにすることって難しいことだよなと考えさせられました。

最後の秋保の、つきものが落ちたような明るい表情が印象的でした。

真実が明らかになっても亡くなった人は戻ってこないけど、今生きている人の気持ちを少しでも救うために、黒川にはこれからも頑張ってほしいなと思いました。

ちわわさん(40代女性)
ちわわさん(40代女性)
ずっと伏線として続いてきた11年前の東央大学事件が、別の冤罪事件に絡んでだけど表舞台で取り上げられた今回。

楓が刺されるという事件も起こり、事務所の書類も差し押さえられ、どうなるのだろうと思いきや、ベテラン弁護士ならでわの発想で拓に自白した犯人を法廷へ引っ張り出す。

法廷シーンが一番の見せ場だが、犯人役の武田真治の怪演が素晴らしかったです。

弁護士として成長した拓の冷静さと、過去を暴かれ取り乱す犯人、その構図が見事でした。

秋保教授の何とも言えない悲しさと悔しさの滲んだ表情も印象的でした。

拓の父ややはり拓の事を見守っていたんだなというか、正義をちゃんと知っている人なんだ、とも思いました。

父子のわだかまりが解けるまで描いてもらえたらそれはそれで終わり全てよし、になったのかもしれません。

まとめ

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」最終回(10話)の無料視聴方法・見どころ・感想をご紹介しました。

放送から1週間以上経過している場合、Huluで無料視聴できます。

Huluに登録してから2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。

Huluで「イノセンス 冤罪弁護士」を無料視聴する
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんし、解約も簡単にできます)