イノセンス 冤罪弁護士

【イノセンス 冤罪弁護士】2話のあらすじと感想評判「偏見で逮捕された元不良のアリバイ証明に挑む!」



ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話が2019年1月26日(土)に放送されました。

ここでは、「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

今回の拓が弁護するのは元不良という偏見から強盗致傷容疑で逮捕された岳雄。

拓たちがこの事件の調査を進めるうちに、警察の捜査の杜撰さが明らかになります。

拓は岳雄の冤罪を証明できるのでしょうか?

【イノセンス 冤罪弁護士】1話のあらすじと感想評判「放火の冤罪を証明できるのか?」



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】2話のあらすじ(ネタバレ)

今回の依頼

楓(川口春奈)は、拓(坂口健太郎)の父親が最高検のエリート検察官だと知る。そして、そんな拓が弁護士をしていることを疑問に思うのだった。

そんななか、拓の元に弁護の依頼が。今回拓が弁護するのは、コンビニで現金を奪い店員にケガをさせた強盗致傷の容疑で逮捕された岳雄(山田裕貴)。

岳雄は十代の頃から窃盗を繰り返していた不良で、拓と楓が接見に行くも態度が悪い。岳雄はいきなり激昂すると、自分はやっていないと主張。

その後岳雄の話を聞いていると、楓の言葉に岳雄は激怒し、弁護を拒否するのだった。

その帰り、拓と楓は岳雄の母睦美(仙道敦子)に遭遇し話を聞くことに。睦美は、岳雄は高校時代は不良だったが今は料理人を目指して真面目に修行をしていたから強盗をするはずがないと話す。

そして、拓は睦美から改めて弁護依頼を受け、拓は徹底的に調べて戦うことを宣言するのだった。

その後、拓はテレビ局員の聡子(市川実日子)から事件の情報を送ってもらう。それによると犯行現場の監視カメラ映像に岳雄が映っていて、さらに現場には指紋が。

拓と楓は別府所長(杉本哲太)に呼び出される。そして、別府所長は拓に暴走させないために今回の弁護は楓の主導で行いたいと提案するのだった。

事件現場へ

拓と楓と穂香(趣里)は事件現場のコンビニへ行き調査し、拓は警察はこじつけで岳雄を犯人にしたと推測。

近所の人たちは昔から不良だった岳雄の犯行だと決めつけている様子で、その様子を見た楓は憤りを覚えるのだった。

拓たちは岳雄が事件発生時刻にいたと主張する近所のガソリンスタンドを訪れる。そこの店員は岳雄の昔の友人だった。

するとそこに警察の杜撰な捜査を確認しようと現場調査のため指宿検事(小市慢太郎)が現れるのだった。

拓たちは監視カメラに映る岳雄を確認するが映像の時刻は6:45となっていて、7:00の犯行は可能でアリバイにはならない。

拓は、指宿検事に警察の見込み捜査を訴えるが、指宿は拓の父親真(草刈正雄)から「疑わしきは疑われるだけの根拠がある」という言葉を教わったと話すのだった。

岳雄の指紋

拓はガソリンスタンドの向かいの家の庭にあった巨大な日の出の塔のオブジェに興味を示し、その様子を見て楓は苛立つ。

その後、睦美から連絡があり拓と楓は現場のコンビニに呼び出される。

コンビニに到着した拓と楓は、指紋は事件以前についた可能性があると話す睦美と共に監視カメラを確認。

そして岳雄の指紋は事件発生以前についたものだと判明するのだった。

留置所では連日の取り調べ岳雄は追い詰められ、自殺しようとする。

その知らせを聞いた拓と楓は岳雄の元へ行く。そこで弱気な岳雄の様子を見た楓は岳雄に喝を入れるのだった。

秋保たちと実証実験

拓と楓は検察が岳雄を起訴することを決めたことを知り焦っていると、拓はあることに気付き、日の出の塔のオブジェがある家に行く。

すると、その家には拓から監視カメラの映像解析を頼まれていた科学者の秋保(藤木直人)も来ていた。

そして、拓は楓に「十勝さんのアリバイを証明できるかもしれない」と言い、拓は秋保や聡子と協力して光の反射の実験を行うのだった。

岳雄のアリバイを証明

次の日、指宿の元を訪れた拓と楓は実験の映像と、事件当日のガソリンスタンドの監視カメラを見せ岳雄のアリバイを証明できたと言う。

実は、事件当日の6:50から5分間集中豪雨が発生していて、実験などから岳雄が映る映像の時刻は間違っていて6:55以降の映像なので、犯行時刻にコンビニに行くことは不可能だと証明したのだ。

そしてコンビニのドアについていた指紋も事件発生以前についたものだと説明し、岳雄は無罪となり釈放されるのだった。

その後、この事件の真犯人は岳雄の友人のガソリンスタンド店員だったことが判明し逮捕されるのだった。

拓と秋保の関係

楓は穂香と聡子に拓と秋保の関係について尋ねる。

そこで楓は、拓と秋保が大学時代の先輩後輩の関係であること、そして拓は大学時代に今のような性格に変わったと聞かされるのだった。



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】2話の感想

前回もそうでしたが、拓が秋保たちと検証実験を行う場面ではどうしてもドラマ「ガリレオ」と重なってしまいました。

岳雄が映るガソリンスタンドの映像が雨が降った後のものだと証明する場面では、ガソリンスタンド周辺の監視カメラと見比べればすぐにガソリンスタンドのカメラの映像の時刻が間違っていたことは簡単に証明できそうなので、大掛かりな実験を行って証明するようなことなのかな?実験の必要はあったのかな?と思いました。

最初に拓と楓がガソリンスタンドを訪れた時に岳雄の友人であるそこの店員が、岳雄が犯人だという発言をしていたので「なんで友人なのにこんなこと言うだろう?」と思いながら観ていたら最終的にその店員が強盗の真犯人だったので「だからかぁ」と合点がいきました。

拓が秋保たちと検証実験を行う場面で秋保が聡子に冷たい態度を取っていて二人は仲が悪い感じだったので、二人の間に何があったのか気になりました。

拓は父親への反発心から弁護士になったと楓に話していたので、今後父親と過去に何があったのか明かされるのが楽しみです。

拓と秋保が大学時代の先輩後輩だったと明らかになり、拓は大学時代に今のような性格に変わってしまったみたいなので、当時拓に一体何があったのか気になりました。



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】2話の評価評判

まとめ

今回の話で拓の過去について少しですが明らかになりました。

拓の過去や父親との関係などまだまだ謎が多く残っているので今後明らかになるか楽しみです。

次回は拓の大学時代について楓が湯布院などから話を聞き、少し明らかになりそうです。

次回のストーリーは医療ミスがテーマ、でさらにそこには保駿堂事務所が顧問契約を結ぶ人工心肺メーカーの機械トラブルも絡んできます。

大人の事情が絡みながらも、拓は真実を追求するという信念を曲げずに依頼人の弁護を、そして冤罪を証明できるのか注目したいです。



スポンサーリンク