イノセンス 冤罪弁護士

【イノセンス 冤罪弁護士】5話のあらすじと感想評判「拓がフェンシング名門校のパワハラ疑惑の真相を暴く!」



ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第5話が2019年2月16日(土)に放送されました。

ここでは、「イノセンス 冤罪弁護士」第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

今回の依頼は、高校名門フェンシング部の顧問の高松が部活の指導中の事故でパワハラと体罰を疑われているというもの。

聞き取り調査で高松が周りから慕われている様子を垣間見る拓たちだったが、裁判で証人として登場した部員の発言により意外な展開に。

果たして拓はこの事故の真相を明らかにできるのでしょうか?

【イノセンス 冤罪弁護士】4話のあらすじと感想評判「黒川家の食事会に楓が巻き込まれる!」



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】5話のあらすじ(ネタバレ)

今回の依頼

拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は高校名門フェンシング部の顧問の高松(豊原功補)から依頼を受ける。

その依頼内容は、高松が部活の指導中にエース選手の藤里(清水尋也)をフェンシングの剣で突いたところ不整脈による心停止を起こし、一命を取り留めたものの現在も自宅で療養中。

その後、高松はパワハラと体罰を疑われ、業務上過失傷害で在宅起訴をされたというもの。

高松は藤里を必要以上に強く突いておらず、自分に過失はなく、藤里との関係でトラブルはなかったと主張するのだった。

調査開始

拓と楓、穂香(趣里)は藤里に話を聞くため自宅へ。しかし母親から門前払いをくらってしまい、学校に聞き込み調査へ。

そこで拓たちは高松が優秀な指導者だったと聞き、さらにフェンシング部の部員の田代(柾木玲弥)は高松のために法廷で証言をしても良いと申し出るのだった。

事務所に戻った拓たちは聡子(市川実日子)が入手した事故当時の練習の様子が映り込んだ映像をチェックする。しかし、肝心の事故の瞬間はノイズが入りよく見えないのだった。

楓の過去

そんななか、楓がかつて働いていた大手弁護士事務所内の悪質なセクハラが表沙汰になり、楓は週刊誌から取材依頼の電話にうんざりしていた。

楓もかつてそこで働いている際、上司からセクハラ被害を受けていて、そこで楓は抵抗しセクハラしてきた上司を殴る。

するとセクハラはもみ消され、楓の暴力が問題視され楓はその事務所を辞めさせられていたのだった。

法廷大混乱

高松の裁判の弁護側証人尋問当日、田代は高松が部員に高圧的な態度で体罰を行なっていたと言い、事故当時体調不良だった藤里を無理やり練習に参加させていたと話す。

さらに田代は藤里が高松から暴力を受ける様子を撮影した動画を見せる。

田代は裁判を利用して高松の暴力を告発するのだった。

その後、拓と楓は高松に藤里への暴力について話を聞く。

その時、高松は藤里が酒を万引きをし自ら停学になろうとしている事実を知り、藤里の考えを改めさせるためビンタをしたのだった。

事務所で楓は湯布院(志賀廣太郎)と別府(杉本哲太)の兄が保駿堂法律事務所を創設したことを知る。そして湯布院は別府の兄はある殺人事件の裁判で負けた時に批判をくらい病に倒れ亡くなったと話すのだった。

ネット上では高松の誹謗中傷が多く書き込まれ、家族についてもネット上にさらさてしまう。それを見た高松は家族に迷惑がかからないよう離婚届けを妻に差し出すのだった。

事故の真相

拓は事務所で再び事故当時の映像を確認するとあることに気が付き、突然事務所を出て学校の体育館のステージ下を確認すると黒いシミを発見。

次の日、拓と楓は秋保(藤木直人)のもとを訪れ検証実験を頼むのだった。

次の裁判で秋保は事故当時のリールが改造されていて藤里の心停止を引き起こしたことを装置を使い実験しながら説明。

実は事後当時のリールの改造は科学部の生徒の森吉が行ったのだった。

森吉は、田代たちからいじめられていてリールの改造を命令され、断ろうとしたが藤里自身からも頼ませたからやったと話す。

実は藤里はこれを使って自殺しようと考えていて、一方、田代はこれを利用して自分の努力を評価してくれない高松を陥れようとしたのだった。

その後、証言台に立った藤里は高松の期待が重かったと話し、それを聞いた高松はショックを受ける。

藤里の話を聞いた拓は、間違ったことをしてもいいという理屈にはならない声を荒げる。

藤里はこれからのこの事故の真相が明らかになり今後の人生が不安だと吐露すると、拓は自業自得だと言い、苦しくても償い立ち直るよう藤里に言う。

そして拓は裁判を傍聴している人たちに向かってこの件を公にする場合、この件に関わった人たちを追い込まないように配慮するよう頭を下げてお願いするのだった。

数日後、高松は無事無罪となり、保駿堂法律事務所では別府がこの件で多くのマスコミから取材を受けていた。

そんななか、楓は拓がこだわる東央大学生殺人事件の被害者が秋保の妹だと知るのだった。



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】5話の感想

今回の話はリールが改造されたものだったため感電して心停止するというケースだったが、普通のリールでは今回の話のように感電する危険はないのかなぁと疑問に感じて観ていたところ、ドラマの最後に「このドラマはフィクションです」という文言と一緒に「フェンシングで感電することはありません」と出ていたので安心しました。

田代が法廷で高松のパワハラを暴露し、高松を陥れるために高松が藤里をビンタする動画を見せる場面では、少し前に高校生が先生を陥れるためにわざと煽り暴力を振るわせそれを動画で撮影させていたニュースを思い出しました。

今回の話のなかで楓が前に働いていた法律事務所で上司からセクハラ被害を受けていだことが明らかになり衝撃を受けました。

また、楓がセクハラに抵抗しその上司を殴ると、セクハラのことはもみ消され楓が殴ったということだけが問題視され、辞めさせられたのはひどいなと思い可哀想だなと思いました。

今回、保駿堂法律事務所は湯布院と別所の兄が創設したこと、別所の兄はある刑事事件の裁判で負けたことが原因で病に倒れ亡くなってしまったことが明らかになり、おそらく別所が刑事事件を嫌う理由はその兄のことが関係しているのだろうなと感じました。

今回のラストでは拓がこだわっている東央大学生殺人事件の被害者が秋保の妹だと明らかになり、もしかしたら拓と秋保の妹は当時恋人同士で、だからこそここまでその事件にこだわっているのだろうな思いました。



スポンサーリンク


【イノセンス 冤罪弁護士】5話の評価評判

まとめ

今回は楓の過去、保駿堂法律事務所の過去など様々な過去について少し明らかになった回でした。

今回のラストでは拓がこだわる東央大学生殺人事件の被害者が秋保の妹だと明らかになったので、次回も新しい事実が明らかになるのを楽しみにしたいです。

次回、拓たちは友人を射殺した容疑をかけられている裕也の弁護を担当します。

周りの評判は悪く限りなくクロに近い裕也役を須賀健太が演じるということで、ドラマ「人にやさしく」でのかわいらしい子どものイメージが強い彼が悪い役をどのように演じるのか楽しみです。



スポンサーリンク