リーガルV

リーガルV 2話のあらすじと感想「パワハラ問題で圭太(林遣都)が大奮闘」



ドラマ「リーガルV」第2話が2018年10月18日(木)に放送されました。

ここでは、「リーガルV」第2話のあらすじと感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。
前回は翔子に振り回されっぱなしだった圭太。今回はどんな依頼をひき受けるでしょうか?



スポンサーリンク


リーガルV 2話のあらすじ

京極弁護士事務所に、世界的企業の「太陽製紙」元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が依頼に来ます。永島はパワハラで訴えられていました。そしてパワハラを理由に役員を解任されています。

3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、永島は会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしました。しかし口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったといいます。

それを聞いていた小鳥遊翔子(米倉涼子)は「途中で弁護士がおりたということは、戦っても勝ち目がない」と言い、弁護を引き受けないと言います。しかし永島が要求している損害賠償額が3億円だと知り、翔子は急にやる気になります。

しかし今度の相手もFelix&Temma法律事務所です。Felix&Temmaの事務所に通された青島圭太(林遣都)と京極雅彦(高橋英樹)は、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)から太陽製紙の社員がパワハラを受けた際の録音データを聞かされます。そこには「飛び降りろ」と言う声と暴力をふるう様子が録音されていました。

京極事務所に帰り、翔子たちに録音データを聞かせます。証拠がある以上勝ち目がないとし、訴えを取り下げようと圭太は言います。しかし納得がいかない翔子は戦う気満々です。

圭太は太陽製紙へ行き、被害を受けた3人に面談を申し込みますが拒否されます。一方、茅野明(三浦翔平)と馬場雄一(荒川良々)は女性社員から永島の評判を聞き出しますが、永島への印象は良いことしか出てきません。圭太は会社で永島と一番仲の良かった部長の城野優(平山浩行)に法廷で証言をしてほしいと頼みます。

そして永島からも話を聞こうと、翔子たちは高級レストランで食事をします。レストランでは提供された料理に虫が入っていたり、ワインをこぼされたり様々なトラブルがおこります。すべては翔子のたくらんだ罠でした。しかしどんなドラブルにも温厚な態度で対応する永島を見て、翔子は永島はパワハラをしていないと信用します。

次に行った鉄道バーで城野が証人をすることを聞いて、永島が拒否します。自分のために城野が会社にいずらくなるのを気にしていました。

裁判所に向かう翔子ですが、まだ録音データのことが気になっています。その時サングラスをかけた怪しい女が横を通り過ぎました。

第一回口頭弁論期日

被告側証人尋問
太陽製紙の事業課長の角野浩紀は永島からのパワハラを受けたと証言し、うつ状態で医師からPTSDの診断書をもらっていました。

原告側証人尋問
城野を法廷に呼びますが、城野は出廷しませんでした。

圭太は太陽製紙に行き城野に会いに行きますが、会うことを拒否されます。そこへ昇進して部長になったうれしそうに部下と歩く角野を見ます。

京極事務所ではもう一度資料を見直します。するとパワハラ被害の日が同じ週に集中していることに気が付きます。そこへ圭太が帰ってきて、被害を受けた3人が昇進していることを伝えます。

人事担当は大垣専務でした。社内では大垣派と社長派に分かれていて、パワハラ被害を受けた3人は大垣派でした。社長派の永島は大垣にとってじゃまな存在で、派閥争いのために永島が罠にはめられたのではないかと翔子たちは考えます。しかし何も証拠がありません。

翔子から情報を集めるよう言われた京極は、大松加工の大松社長のところへ足を運びます。永島が解任されたとたん太陽製紙から契約を切られたことを知ります。社長は永島に有利な証言をするとして、出廷をすることを約束をします。

第二回口頭弁論期日

被告側証人尋問
二人目の被害者の里崎茂が永島に受けたパワハラ被害を証言します。

それを見守る翔子とサングラスをした謎の女。

原告側証人尋問
二人目の証人の大松加工の社長を呼びますがまたも来ません。しかしそれは京極が日にちを間違えて伝えたためでした。

白鳥に証人が二回とも来ないのは不誠実だと言われた圭太は、大垣が永島を陥れる罠だった可能性があると自分たちの考えを明らかにしてしまいます。

口頭弁論の後、翔子は今度こそ証人を確保するよう言います。そこへサングラスをかけた怪しげな謎の女性が現れます。翔子が声を掛けますが、女性は逃げるように去っていきました。

会社の専務室で大垣から城野は会社側の証言をするよう圧力をかけられ、引き受けます。大松加工社長も証人を拒否。それを知った翔子は、録音データをとった松尾潔係長を味方につけようと言います。

松尾が女性と歩く写真を撮り、わざと弱みを握らせる翔子。それをちらつかせ、京極が永島の承認についてくれるよう交渉します。

一方、Felix&Temmaで白鳥は海崎勇人(向井理)から翔子には油断しないよう言われます。それを聞いて「小鳥遊翔子はもう終わった女」と言い海崎にキスをします。

最終口頭弁論期日

被告側証人尋問
城野は永島がパワハラをしていたか聞かれ、しばらく考えたのち「事実ではありません」と言い、被害者の3人もパワハラを受けていたと考えられないと言います。

反対尋問
城野は「大垣から嘘の証言をするよう脅された」といます。そして新たな証言者が出てきます。

原告側証人尋問
松尾係長が出てきて、録音データの前後のやり取りを公開します。そこには永島をわざと怒らし、激怒した永島の言動を録音していました。録音のあった日のやり取りを思い出す永島。

松尾は大垣からの命令だったと言います。すると大垣が「上司が部下に命令して何が悪い!」とみんなが見ている前で叫び、退廷を命じられます。

裁判の後、Felix&Temmaで報告を受ける天馬壮一郎(小日向文世)。太陽製紙の社長は1億2000万円を示談金として、和解交渉を進めてほしいと伝えてきました。

後日、会社から謝罪があったことを翔子に話す永島。すると翔子が録音データにはまだ続きがあったと言います。内容は永島が城野の彼女であった中山あかねを追い込み、中山は会社を辞めたことでした。裁判所に来ていたサングラスをかけた謎の女の正体は、中山でした。

永島は城野を奪った中山に嫉妬していました。勇気を出して永島に会った中山は、永島に謝ってほしいと言いいます。しかし永島は最後まで謝らず、代わりに示談金を払うことを約束し去っていきました。

一方、Felix&Temmaの天馬は、翔子に関する調査報告書を秘書の中沢淳美(宮本茉由)から受けます。しかしそこには翔子とやくざとの関係はないと記されていました。それを見た天馬はもっと調べるよう怒りをあらわにします。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク


リーガルV 2話の感想

今回もハチャメチャな翔子でした。圭太や京極事務所にいる人たちは相変わらず翔子に振り回されっぱなしです。

今回は何かと話題のパワハラ問題が裁判となっていました。「足を踏んだ側は忘れても、足を踏まれた側は忘れない」という翔子の言葉は心に響きました。

翔子から圭太に対するあだ名が「ポチ」から「クズ」となり、まさにパワハラです。しかし翔子は「パワハラってなに?」と言います。「職場での優位性を背景に精神的・肉体的に相手に危害を加えること」と聞き、翔子は管理人だから自分は一番地位が低いと言ってみんなに同意を得ようとします。いつもみんなを振り回す翔子ですが、どこか憎めません。

一方で、天馬が翔子のことを調べさせても、やくざとの関係は出てきません。弁護士資格をはく奪された翔子ですが、そのような事実はなさそうです。いったい真実はどうなんでしょうか?なぜ翔子が弁護士資格をはく奪されたのか疑問です。

そして今回は白鳥と海崎との急なキスシーンもありました。白鳥はやはり海崎のことを好きなようです。しかし海崎は翔子のことが気になるようで、海崎と翔子も昔色々あった雰囲気です。

今日もおいしそうな駅弁をたくさん食べていました。随所に鉄道マニアっぷりが出ていて、これからも様々な鉄道や駅弁を見ることができそうです。

次回はどんな弁護を引き受けるのでしょうか、楽しみです。



スポンサーリンク


リーガルV 2話の視聴者の反応とまとめ

翔子の調査報告を受け、怒った天馬がワインを頭からかけるシーンがとても怖いとありました。たしかに鬼気迫る演技です。

次回は殺人事件の容疑者の弁護をヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)が引き受けます。無罪を主張する容疑者ですが、アリバイ証言がなく次回も悪戦苦闘しそうな予感です。

今回はパワハラ問題のお話でしたね、次週はヤメ検弁護士・大鷹に注目です!



スポンサーリンク