リーガルV

リーガルV 6話のあらすじと感想評判「伊藤理恵(安達祐実)が婚活!」



ドラマ「リーガルV」第6話が2018年11月22日(木)に放送されました。ここでは、「リーガルV」第6話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

前回は、「勝つまで戦うの」と翔子(米倉涼子)に背中を押された圭太(林遣都)が、以前から抱えていた裁判で見事勝利を収めました。さて、今回の依頼は?



スポンサーリンク


リーガルV 6話のあらすじ

青島圭太(林遣都)は、塩見一郎(矢部太郎)の土地を見ていました。婚約者から得だと言われ、3000万円の土地を一括で購入した塩見。しかし陽当たりが悪く、騒音もひどい土地。契約解除は不可能で、しかも名義人は塩見の婚約者です。

小鳥遊翔子(米倉涼子)は、すぐに婚約者に連絡するよう塩見に言います。連絡を取る塩見。しかしすでに婚約者の携帯も勤務先の番号も使われていません。塩見にこれは結婚詐欺だと言う翔子たち。

ショックを受ける塩見は3000万は大事な母のお金で、母親が生きているうちに孫を見せてやりたかったと動揺します。そして婚約者との出会いを聞かれ、しぶしぶ高級婚活相談所で婚約者を紹介してもらったと言う塩見。入会金が高く、10人目でやっとお目当ての彼女と出会えたとみんなに写真を見せました。

その婚約者の写真を見て、馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と同一人物だと判明。翔子は夏純を訴えようと立ち上がります。

高級婚活相談所から夏純の個人情報の提供を拒否さた翔子たち。そこで、潜入捜査をすることを提案します。すると「潜入捜査に私が行きます!」と意気込む伊藤理恵(安達祐実)。早速大金をはたいて入会します。

その頃、圭太は翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会します。事件のことを詳しく聞きたいという圭太に、「必要ない」と言って心を開こうとしない守屋。

今からお見合いに行くと、張り切って出ていく伊藤。男性と見合いをしますが、男性は第一希望の女性との約束があると言って、すぐに帰ってしまいました。しかもその男性が会っていた第一希望の女は夏純でした。

天馬法律事務所では、圭太が守屋に会っていたことを伝える白鳥美奈(菜々緒)。翔子の情報は秘書・中沢淳美(宮本茉由)に任せていたはずだと天馬は怒り、中沢の服にワインを流し入れます。そのまま神崎の元へ泣いて走る中沢。

圭太は夏純のことを訴えて、損害賠償をとろうと提案。そして京極事務所に夏純を呼び話を聞きます。しかし「結婚の約束なんてしていない」と言いきる夏純。そして何か証拠でもあるのか聞き、終始ふてぶてしい態度をとります。詐欺なんてしていないという夏純は、「土地は返すから、この裁判は終わりにして…」と面倒そうに言います。

裁判で争っても勝ち目がないと諦める圭太。塩見も「もういいです」と言って逃げようとします。しかし夏純は高級婚活相談所のサクラだと断言する翔子。

夏純のようなきれいな女性をちらつかせ、金をまきあげるのが高級婚活相談所のやり方。しかも塩見は高級婚活相談所の自己開発プログラムに通い、お金をどんどんまき上げられていました。会員の結婚願望に付け込んで、大金をまきあげる高級婚活相談所。完全な詐欺グループだとし、高級婚活相談所を訴えることにします。

裁判で争うことになり、しかも被告代理人は海崎。それを知った翔子は、負けられないと意気込みます。しかし調査が一向に進展しないと焦る翔子たち。そんな時に、茅野明(三浦翔平)が高級婚活相談所のサクラ会員の女性と接触し、重要な証言を得たと喜びます。

その頃、天馬法律事務所に乗り込んだ翔子。海崎に「何しに来た?」と言われ、「詐欺師の片棒を担ぐ気」と翔子も聞き返します。そしてこれ以上かかわらないよう忠告される翔子は、法廷で会いましょうと言って帰りました。

裁判の日

「あなたが見合いをすすめた女性は、サクラじゃないのか」と結婚相談所の代表・相田栞(東ちづる)に問いかけ、証拠の映像を見せる圭太。映像にはホストクラブで婚活詐欺を堂々と発言する女性たちが写っていました。しかし海崎が接触方法が違法であって、これでは発言の信憑性に欠けると反論。

後日判決の日

翔子たちの証拠映像は認められず却下。しかし裁判官に納得がいかないと言い放つ翔子。「詐欺の証拠をもみ消すのがあなたの仕事?」と言って出ていきます。第一審で敗れることとなった翔子たち。

裁判所を出るとたくさんの記者たちに囲まれます。翔子はテレビカメラに向かって、この裁判の判決が本当に正しいのか問いかけました。

裁判に負けて落ち込む京極事務所のメンバー。しかし翔子はまだ終わっていないと言います。実は裁判所の前にいた報道陣を呼んだのは翔子でした。「世論を味方につけるしか次に勝つ見込みはない」と言い、新たな訴訟をおこすと宣言します。婚活詐欺被害にあった人たちで、集団訴訟を起こそうと次に向かって進み始めます。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク


リーガルV 6話の感想

前回の5話で翔子から弁護を引き継ぐよう頼まれた、守屋との面会をした圭太。しかし守屋は何も答えることはありませんでした。そして圭太が守屋に会いに行ったことを知った天馬の怒りようは、尋常ではありませんでした。前回は頭からワインをかけ、今回は服の中にワインを注ぎ入れていました。怒らせると何をしでかすかわからない怖い男です。秘書も天馬には、かなりおびえた様子です。

そして今回は詐欺集団を相手に戦った翔子たち。またも天馬法律事務所の海崎との戦いです。もう一歩と言うところで、惜しくも一審は負けてしまいました。しかし翔子はすでに次の一手を用意しています。

翔子に言われなくても裁判での勝ち方がわかってきたような圭太。翔子からも「だんだんわかってきたわね」と言われて、圭太も嬉しそうでした。次回はきっと勝てるよう期待しています。

そして海崎の二股疑惑が判明しました。白鳥と付き合っていると思っていたのですが、どうやら秘書の中沢とも怪しいようです。天馬にワインをかけられた中沢は一目散に海崎の元へ向かっていました。そしてそれを翔子に見透かされた海崎。クールな表情の海崎からは、彼が何を考えているのかいまいち読み取れません。海崎はいったい何を考えているのか、気になります。



スポンサーリンク


リーガルV 6話の視聴者の反応(評判)とまとめ

今回は、天馬法律事務所に直接乗り込んだ翔子と海崎とのやり取りに、反応が多くありました。いつまでも可愛らしい伊藤理恵演じる安達祐実さん。お見合いとあって、気合入りまくりでそれもまた素敵でした。

次回は高級婚活相談所に対して集団訴訟をおこします。そして天馬は翔子をつぶすために、動き出します。



スポンサーリンク