メゾン・ド・ポリス

【メゾン・ド・ポリス】最終回(10話)のあらすじと感想評判「牧野達が辿り着く結末は!?」



ドラマ「メゾン・ド・ポリス」最終回(10話)が2019年3月15日(金)に放送されました。

ここでは、「メゾン・ド・ポリス」最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

高遠建設の野間仁の策略で崩壊寸前の「チームひよこ」。

果たして、一発逆転があるのか注目ですね!

【メゾン・ド・ポリス】9話のあらすじと感想評判「牧野ひよりが高遠建設の闇に迫る!」



スポンサーリンク


【メゾン・ド・ポリス】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)

バラバラになった「チームひよこ」

高平厚彦(小日向文世)は急いで娘である小梅(水谷果穂)の元に駆け付けます。

無事を確認した高平は小梅を連れて行こうとすると牧野ひより(高畑充希)から連絡が入るのです。

爆発があり藤堂雅人(野口五郎)が大怪我にあった事を報告して、牧野の代わりに「メゾン・ド・ポリス」に行ってくれるように頼みますが、断られました。

さらに警視の間宮朝人(今井朋彦)から自宅待機を言い渡されて、彼女は帰宅する事になるのです。

その頃、野間仁(佐野史郎)と密会していた館林真琴(東風万智子)は「メゾン・ド・ポリス」の情報を密告しましたが、しばらく見張るように指示を受けました。

真琴は市野沢和子(宮地雅子)が亡くなった事を問い詰めますが、逆に圧力を掛けられて「良い働きを期待しているよ!」とお金を渡されます。

諦めないおじさん達

深夜に1人で暗闇の「メゾン・ド・ポリス」を訪れていた牧野は皆が写っている写真が目に入るのです。

すると物音がして急いで隠れますが、伊達有嗣(近藤正臣)が現れました。

明かりを照らして、即席ラーメンを食べながら今回の事を話します。

皆がバラバラになり、迫田保(角野卓造)は逮捕されて、夏目惣一郎(西島秀俊)は姿を消し、藤堂は入院しました。

さらに高平は娘の事が心配で、伊達は野間に誘われてチェスをしていましたが、惨敗です。

牧野は「すいません…相手を甘く見ていました」と謝罪して、「私の判断ミスです」と言うのです。

しかし、伊達は牧野に年を取ると諦めが悪くなると伝えて、「皆、久しぶりに燃えている」と口にします。

すると高平が食材を持って現れて、手を引いていない事をアピールするのです。

牧野は「夏目さんも…」と言うと、伊達が「彼が1番心配…」と言葉を漏らします。

「火が付くとヤバい…」の通り、夏目は街で青戸組の関係者に声を掛けて、大黒を探していました。

彼は大黒毅(中野英雄)がマッサージをしている場所を突き止めて、現場に乗り込みます。

夏目の行動に大黒が忠告をしますが、「刑事じゃないから何でも出来るんだよ!」と言って、殺人事件の証拠となる靴を持って帰るのです。

大黒は警察の人間に電話をして、証拠を処分してもらうように裏工作をしました。

入院していた藤堂が目を覚ますと杉岡沙耶(西田尚美)が付き添っていたのです。

彼女は「何があったの?」と尋ねて「罠だね…誰かの仕業…」と藤堂が答えて、犯人である若林和史(笠松将)を殺された事を耳にします。

「これは強敵だね」と口にする藤堂に杉岡が相手は誰かと聞くと「ムカつくやつだよ」と言いました。

そして、看護師からある袋を渡されると中には「大黒の靴です」と夏目が鑑定を依頼してきた事を察するのです。

迫田は元部下の新木幸司(戸田昌史)と原田照之(木村了)を留置所に呼び、頼み事をします。

牧野のICレコーダーの件を話して、警察内部の犯行による事や野間の事を説明して、「お前らにしか頼めない!」と言って捜査を依頼するのです。

迫田に頼まれた新木と原田が警察署内の防犯カメラを確認すると、間宮が声を掛けてきて「ちょっと調べもの…」を返答しました。

彼は映っている人物が野間と監察官の鴨下篤(ヨシダ朝)と口にします。

新たな情報からある作戦へ

「メゾン・ド・ポリス」の修理に来ていた瀬川草介(竜星涼)は牧野と2人になり、今回の話をし始めるのです。

そして、牧野は「草介さんを信じているんです」とわざと盗聴器を外さずに情報を共有していた事を明かします。

すると藤堂が病院から抜け出して帰ってきました。

伊達が「何ですか?これは…」と聞くと「大黒の靴です」と答えて、もう片方の靴は杉岡に渡したと伝えます。

その時、チャイムが鳴り牧野が出ると館林桃香(住田萌乃)が立っていて、「ママが怖い人に脅されている」と訴えてくるのです。

その頃、バーでマスターの三上重利(三村晃弘)を待ち伏せしていた夏目は3年前の事を聞き、市野沢譲(税所伊久磨)が誰かと来ていたかと尋ねます。

三上は頑なに市野沢が1人で来ていたと言い張り夏目に抵抗しますが、当時の映像があると口を割るのです。

「メゾン・ド・ポリス」に来た真琴に牧野は「お話があります」と言い、桃香が今回の事に気付いていると伝えました。

「どうしてですか?」と牧野が問い質すと、以前に野間と会った際に取引をして金銭を受け取っていた事を打ち明けられます。

「ごめんなさい!」と謝る真琴に牧野は彼女が切り札になり得ると口にして、「もう一度、味方になって下さい!」と頼むのです。

悔しがる瀬川

迫田の前に間宮が現れて、警察内部に裏切り者がいる事を新木達から聞いた事を口にしました。

そして、伊達の働きにより保釈の許可が出た事を伝えられて、迫田が部屋から出ようとすると間宮は鴨下が警察署に来ていた事を話します。

瀬川は上司の鴨下に大黒の靴の事を報告しますが、事件の打ち切りを指示されるのです。

横には野間がいて、2年間掛けた捜査は無駄になってしまい「結局、俺もお前も野間に負けたんだ」と言われて、「クソ!」と瀬川は悔しがりました。

証拠が次々と…

体調が万全ではない藤堂が伊達に休むように心配されますが、鑑定を続けます。

「あの時みたいに…」と伊達に言い、「エクセレント!」と血液が大黒の靴から検出されて「ご苦労さん!」と労いの言葉を掛けられるのです。 

そこに迫田が帰宅して伊達に「ご迷惑掛けました」と謝り、高平は皆が揃った事を喜びました。

自宅に帰る途中、夏目から監視カメラのデータを渡されて2人は映像を確認します。

すると市野沢が亡くなった当日に池原慎吾(関幸治)が一緒にバーに来ていた事が分かり、野間の指示で市野沢から警察に不正の話をする事を聞いていました。

そして、口封じのために野間が大黒の部下を使って、橋から突き落としたのです。

三上を脅して強引に聞いたため、証拠にはならないと口にする夏目に「どっかにあるはずです!」と牧野は野間の弱点を探そうとします。

牧野は「こうゆうときはこれですよね!」と新品のアイロンを出して、推理をし始めました。

途中で何かを思い出した牧野はある写真を取り出して、高遠建設の封筒に気が付きます。

父親の遺品の中から同じ封筒を見つけて、中身を確認すると不正会計の証拠となる資料が入っていたのです。

牧野は「真琴さんに公表してもらいます」と決断して、伊達達も「ここはひよりさんの考えに従いましょう!」と賛同しました。

その後、牧野から資料を受け取った真琴はそのままバイクで去って行きます。

追い詰められる「チームひよこ」

夏目は周囲を警戒しながら、「メゾン・ド・ポリス」に入ると「お帰り」と目の前に野間が現れて、「これでゲーム終了だな」と連れて行かれるのです。

中に入るとおじさん達はすでに捕まっていて、夏目は野間に「取引しよう!」と言いました。

しかし、真琴は牧野から預かった資料を野間に渡してしまいます。

大黒はその資料と靴をバケツに入れて燃やしてしまい、「終わりにしよう」と野間が口にしました。

「まだだ!牧野がいる!」と最後の砦が残っていると口にするが、彼女も捕まっていたのです。

牧野は野間に20年前の父親が亡くなった真相を聞こうとします。

すると「あれは違うと言って…私が殺した」と自白したのです。

正義を貫いた結果、野間に突き落とされてしまいました。

そして、鞄の中にゼリーが入っていた事を告げられて、牧野は当時父親が幼い自分と約束を果たすために買っていたのだと知り涙します。

野間は笑うが、牧野は「本当にありがとう」と言い、「これであなたを逮捕出来る!」と口にするとおじさん達が笑い始めるのです。

見事な策略

真琴に協力を得て、野間の自供を引き出して「無敵の野間さん…ばかまるだしです!」と牧野は言い放ち、合図で瀬川を含めて警察官が一斉に入ってきました。

さらに警察署内では内通者の間宮が新木達に捕まります。

野間はしらを切ろうとしますが、「もう手遅れです!」と牧野が言い、「ですよね…草介さん」と瀬川はICレコーダーを出すのです。

そして、瀬川に感謝して「草介さんの事、信じてたんで!」と牧野は口にした。

連行される野間が抵抗して銃を取り発砲しようとしますが、なんと高平が「正当防衛!」と野間に目掛けて撃ち、命中します。

隠されていた真相

牧野は事件の報告で「メゾン・ド・ポリス」を訪れました。

伊達に隠し事がある事を問うと、彼の名刺が出来たのです。

父親を亡くした母親と幼い牧野を心配してくれたのが伊達でした。

当時藤堂から不自然な事を聞いていましたが、上司からの打ち切りになり「ずっと後悔していました」と伊達は言い、牧野に謝罪するのです。

牧野は「ここに呼んでくれて、皆さんに育ててもらえて…」と感謝を伝えました。

そして、残りの仕事に向かった牧野の姿に「立派に成長してくれましたね!」と皆が納得します。

夏目を逮捕する牧野、そして…

夏目に会いにきた牧野は「夏目さん調べは終わりました」と言い、「そうか…」と返答しました。

「どうした?」と夏目が尋ねると傷害罪や器物損壊罪で逮捕状が出ている事を伝えるのです。

「ここに来てくれたのが、お前で良かったよ!」と言われた牧野は泣み出して、さらに「最強の刑事になるんだろう!頑張れよ!」と言葉を掛けられて手錠を掛けました。

事件も落ち着き、上司から内示を渡された牧野は捜査一課に異動になり、夏目を踏み台にしたと新たな上司に宣言します。

一方、夏目さんを東京拘置所から出る「メゾン・ド・ポリス」のおじさん達が待っていて、彼を温かく迎えるのでした。

牧野は事件現場に行きますが、何やら聞き覚えのある声が聞こえて、振り向くと「嘘でしょう!」とおじさん達が現れるのです。



スポンサーリンク


【メゾン・ド・ポリス】最終回(10話)の感想

「チームひよこ」は野間の策略でバラバラになってしまいますが、皆が諦めていなかった事に驚きです。

逆に火が付いているとは流石だと感じました。

各人が捜査を進めていき、野間を追い詰める証拠を掴みますが、相当の覚悟を決めていたはずです。

夏目は強引な捜査で逮捕されてしまいます。

しかし、そこまでしても真相を明らかにしたかったのだと彼の正義感は素晴らしいです。

折角、証拠まで集めて真琴が裏切るとはと思いましたが、あれは芝居だった事に驚きとチームワークの良さを感じました。

野間が全てを話をするとは皆が協力したからこそ出来たのだと思います。

高平が拳銃を持って野間に撃ちましたが、命中するとは腕の良さが意外でした。

夏目が牧野に逮捕される時の2人の姿は何か安心感がありました。

ついに夏目を逮捕して、捜査一課に異動するとは彼女の成長は凄まじいです。

拘置所から出てきた夏目を温かく迎えるおじさん達の優しさにホッとしました。

そして、再び牧野の前に現れたのに自然と笑ってしまいました。

やっぱり「チームひよこ」は、これからも存続していくのでしょう。

また、続編がある事を期待しています。

成長した牧野やあれからおじさん達がどうなるのか気になります。

難事件に立ち向かっていく姿を再び見れる日を楽しみにしています。



スポンサーリンク


【メゾン・ド・ポリス】最終回(10話)の評価評判

まとめ

大きな強敵を見事に打ち破る事が出来た「チームひよこ」は凄いですね!

牧野とおじさん達のやり取りは面白かったです。

ドラマが面白かった事や続編を期待する声が多く上がっていますね!

最終回を迎えてしまいましたが、続編に期待しましょう!

また、「チームひよこ」の再結成が楽しみですね!!



スポンサーリンク