まんぷく

【まんぷく】109話のあらすじと感想「福子(安藤サクラ)の天ぷらづくりを見て何かを思いつく萬平(長谷川博己)」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第18週「10歩も20歩も前進です!」の109話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

萬平(長谷川博巳)は蒸した麺を乾燥させる方法を試しますが上手くいかず、福子(安藤サクラ)もがっかりします。

そんな時、忠彦(要潤)と真一(大谷亮平)が萬平の様子を見にやってきます。

2人の励ましを受けた萬平は、乾麺にスープエキスをかける方法を思いつき試してみるのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  109話のあらすじ

萬平(長谷川博己)は麺にスープエキスをかけることを思いつきます。

その麺が乾いてお湯をかけて食べてみると、「今まで試してきた中では1番良い」と福子(安藤サクラ)は言いますが、萬平は納得がいかずまたやり直しです。

萬平は福子とお湯をかけて元に戻るものは何かと考えていると、福子が高野豆腐を思いつきます。

高野豆腐の作り方を調べてみると「冷凍と蒸発を繰り返して水分を抜く」ということが分かり、萬平はそれを麺でも試してみることにします。

萬平は「とにかく思いついたことは全部やってみる」と福子に言うのでした。

萬平は池田商店街の製氷店に向かい、「麺を凍らせてください」と頼みます。

麺が凍るまで1時間あるので、萬平はパーラー白薔薇へ向かいます。

パーラー白薔薇では岡(中尾明慶)と森本(毎熊克哉)が吉乃(深川麻衣)と映画を見るために待ち合わせをしていました。

しかしやってきたのが神部(瀬戸康史)で「どうしてお前が来るんだ!」と怒る岡と森本。

神部は、鈴(松坂慶子)が「吉乃が男と映画を見に行くなんて許さない!」と言ったため監視役で来たと言います。

そこへ萬平がパーラー白薔薇にやってきて、神部と岡、森本と出くわします。

岡と森本は萬平に吉乃のことを話し、2人は「抜け駆けはなし、吉乃がどちらを選んでも恨みっこなし」という紳士協定を結んでいると話します。

しかし、吉乃はなかなかやって来ません。

萬平は麺が凍る時間になり製氷店へ戻ると麺がカチカチに凍っていました。

萬平は製氷店の店主に「この麺を天日干ししたいから店の前に置かせてほしい」と頼み、麺を店先でを乾かすことにします。

麺の様子を見ていると、そこに吉乃がやって来て萬平の麺づくりに興味津々です。

神部は吉乃が待ち合わせに来ないので克子(松下奈緒)に電話をかけてみますが、吉乃はとっくに出かけたと伝えます。

鈴は「吉乃はきっと映画に行きたくなかったんだわ」と言い、満足そうです。

タカ(岸井ゆきの)は忠彦(要潤)の描いている絵を見て、「だんだん好きになって来た。お父さんの絵。凄くいいと思う。」と言い忠彦を喜ばせます。

萬平は製氷店の前で吉乃と一緒に麺の冷凍と天日干しを繰り返していました。

萬平は吉乃に「そういえば、映画に行く約束をしていたんじゃないのか?」と聞くと、吉乃は約束をすっかり忘れていました。

吉乃はすぐにパーラー白薔薇に向かい、岡と森本に「萬平おじちゃんの麺づくりが気になってしまって…。映画はまた今度。」と伝えに来るのでした。

がっかりする岡と森本。

福子が子供たちと家で遊んでいると敏子がエビとサツマイモを持ってきてくれます。

敏子は「今日はうちはこれで天ぷらよ。」と言うと「うちもそうする。」と言う福子。

萬平は麺を凍らせ乾燥させることを5回繰り返し、とうとうお湯をかけて試食してみることにします。

パーラー白薔薇に吉乃や岡たちもみんな集まって順番に出来上がったラーメンを食べてみます。

しかし、「チキンスープの味もするしラーメンの味もするけれど美味しくない」という結果に終わります…。

なんで高野豆腐みたいにならないのかと言うと、アキラ(加藤雅也)が高野豆腐はスポンジみたく穴が開いているからだと言います。

また行き詰ってしまった萬平はがっかりして家に戻ります。

福子は、敏子にもらったエビとさつまいもで天ぷらを揚げていました。

福子は萬平に「この天ぷらを食べて元気を出してください。」と言うと、萬平は天ぷらの様子をみて目の色が変わります!

そして大きな声で「これだ!天ぷらだ!福子!!」と言う萬平。

何が何だか分からない福子でしたが、今度こそ萬平は良い方法を思いついたようです!!



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  109話の評価評判は?



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  109話の感想

月光仮面ごっこ、福子が真面目に子供達と遊んでいる姿が、あまりにも上手すぎて月光仮面ごっこの方の続きを観たくて仕方がありませんでした。

最初の方の即席ラーメン作りはかなり暗いものだったのですが、だんだん周りも家族も明るくなってきて観ていて楽しくなってきていました。

高野豆腐を見た萬平が「僕が作りたかったのはこれなんだ」と言っていますが、イヤイヤ、高野豆腐は生の豆腐が変えた形であって、お湯を入れたからといって生の豆腐には戻らないだろ!と突っ込みをいれてしまいました。

逆に今までやってきたことからダメなことぐらいわかりそうなのに、萬平は「思いついたものは全て試してみる」といって、氷屋に凍らせることを頼みますが、これもまた、氷屋のおじさんは何であんなに快く萬平に協力できるのか不思議でした。

敏子が海老を差し入れしてくれた時に、お!これは天ぷらだ!とわかり麺を揚げて出来上がるのかと思ったのですが、時間を見るとその時すでに44分!あー無理だなとワクワクしながら予告を見て楽しみになりました。

世良が「売らせてください」と土下座をしているシーンが出て、やっぱりなと思い、タカの出産もあり、最後に福子が倒れてしまうシーンで不安がこみ上げてきました。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク