まんぷく

【まんぷく】12話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)が憲兵隊に連行される。」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第2週「・・・会いません、今は」の12話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

家族の奇跡を信じる想いも届かず、咲(内田有紀)の容体が悪化。皆にごめんね、ありがとうと言い残してこの世を去ります。皆、悲しみに暮れます。福子(安藤サクラ)は萬平(長谷川博己)の会社を訪ね、咲が亡くなったことを伝えるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」12話のあらすじ

昭和17年、夏。第二次世界大戦で日本の勝利が続いているという報道がされていますが、人々の生活は日に日に苦しくなっていました。福子(安藤サクラ)の勤務先である大阪東洋ホテルも客足がすっかり少なくなっていました。

福子は、仕事中は普段と変わりない姿をみせていましたが、恵(橋本マナミ)は咲(内田有紀)を亡くして辛いのを無理しているのだろうと心配していました。

暗い表情で帰宅する福子。仏壇の前には暗い部屋の中で鈴(松坂慶子)が一人座っていました。鈴はお昼に少しうとうとしていたら咲が見えたと話します。咲は父親の心配を話しながら、また消えていなくなったのだと言う。鈴はきっと天国で父親の世話をやいているのだと言うのでした。

福子はお風呂を焚きながら咲との思い出が頭から離れず涙が止まりません。

萬平(長谷川博己)の会社ではまた一人従業員に赤紙が来ます。加地谷(片岡愛之助)は若い男は皆お国のために戦えることをうらやましいと言います。自分もいつ赤紙が来るかわからないと言う萬平に、その時は盛大に壮行会を開くと言って笑うのでした。

新商品の開発はもう資金がなくできないし、萬平もそんな気力がなさそうだと言う加地谷。福子とは会っていないのかと尋ねる加地谷に、萬平は咲が亡くなったことを伝えます。それは縁がなかったなと言って出ていく加地谷。

牧(浜野謙太)が力なく街を歩いていると知り合いの男に声を掛けられます。今日は馬に乗っていないのかと聞かれると、馬は兵役にとられたと言います。大阪東洋ホテルでも備品がどんどん軍隊に取られていきます。戦争の影が近づいているのでした。

野呂(藤山扇治郎)は戦争が終われば、持っていかれたものもきっと戻ってくると恵を励まします。そして恵に自分の想いを伝えようとした時、牧がやってきます。牧は恵に結婚を申し込み、日本が勝利したら一緒に祝いましょうと一方的に言って去っていきます。驚く野呂と恵。

福子は克子(松下奈緒)の家にやってきます。克子も何もする気が起きないと言います。忠彦(要潤)はいつ赤紙が来るかわからないからと普段通り絵を描いています。克子は、真一(大谷亮平)はどうしているだろうかと心配をします。

真一の家を訪ねる福子。憔悴した様子の真一が出てきます。真一の心配をする福子に真一は赤紙が来たことを伝えます。福子と萬平の仲を心配してくれる真一に、福子は咲が亡くなってからは萬平とは会っていないことを話します。

真一は福子に、「自分の気持ちに正直になるべきだ。咲やお母さんは関係ない。大事な人が生きてそこにいるなら絶対に手放してはいけない」と伝えます。真一の言葉が福子の胸に突き刺さります。

萬平との時間を思い出し、急ぎ萬平に会いに行く福子。萬平は驚きます。涙を流しながら連絡をしなかったことを詫びる福子。福子が萬平に想いを伝えようとしたその時、憲兵隊が入ってきます。軍事物資の横領の容疑で萬平を連行するという。

萬平は何かの間違いで自分はやっていないと福子と憲兵隊に必死に訴えますが、憲兵隊は聞く耳を持たず強引に萬平を連れていきます。驚くばかりの福子なのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」12話の視聴者の反応は?



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」12話の感想

咲が亡くなって笑顔もどこかいつもと違う福子。普通に振る舞っていますが、支配人や保科にはわかります。2人で福子のことを心配しています。福子は上司に恵まれていますね。このような会社に入れた福子は幸せ者です。

それも、福子が仕事をきちんとこなしているからのこそなのでしょうね。今までやってきていたことが、周りにも伝わっていて、福子が元気ではない時は、周りが助けてくれるのでしょうね。

仕事が終わって1人になった時、家に帰ってただいまを言う時、外でお風呂の火の番をしている時、悲しい顔を見せます。最後の火の番の時は、ついに泣き出してしまうのですが、それが本当に悲しそうで、見ている方も泣きそうになってしまいます。

仕事中や人がいるところでは悲しい顔1つ見せずに笑顔でいつものように振る舞う福子。しかし、その裏側では咲の死を受け止めきれていないのだという心情が伝わってきます。家族が亡くなるってそういうことなんですよね。

私も母を亡くした時は、しばらく何も手につかずに落ち込んでいるわけではないのだけれど、信じられない感情が湧いてくるのです。知り合いにそんな時は泣いた方がいいと言われ、1人になった時泣いていたことを思い出しました。

自分の気持ちに正直になれ。咲と母鈴は関係ない。真一にこの言葉を投げかけられた福子は、目が覚めたように萬平の元へ向かいます。咲という大事な人を失った真一は大事な人を失う悲しさを見にしみてわかっていたのですね。

咲が亡くなって真一も柔らかい感じになっていました。咲と付き合っていた頃の真一の硬さは全くと言っていいほどなくなっていました。人ってこんなに変わるのですね。大事な人を失ってしまうと。

戦地に行くことが決まって1人で残された家にいなくていい開放感と、戦地に行けば咲のことを忘れられるのではないかという期待と、咲の写真も連れて行き戦地に行って自分も死のうと思っている感じが伝わってきました。

赤紙が来ることに対して、みんなはおめでとうございますと言います。全然おめでとうじゃないのに、お国のために戦えるという誇りを持って日本人は戦地に行っていたのでしょうね。若い男の人からどんどんいなくなってしまうのですね。

最後に軍事物資横領の容疑で萬平が逮捕されます。なんのこっちゃわかりません!どうなったらそんな容疑がかけられてしまうのでしょう?加治谷が何かしたのかなと不意に頭をよぎったのですが、全くわかりません。

今週は咲のことで悲しい回になってしまいましたが、来週はまた違う動きになりそうですね。萬平の容疑は晴れるのか?福子と萬平は一体どうなって行くのか?そうそう、保科の三角関係も気になるところです。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク