まんぷく

【まんぷく】24話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)が戦争に行けず情けない感情を叫ぶ。」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第4週「わたしが見つけます!」の24話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

萬平(長谷川博己)に赤紙が来て不安でたまらない福子(安藤サクラ)。しかし、ある日突然萬平が激しい腹痛に襲われます。腹膜炎で薬を飲んでも助かるかは五分五分だと言います。鈴は萬平が助かるようにと百度参りをし、福子は萬平にずっと寄り添うのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 24話のあらすじ

萬平を助けてと百度参りを続ける鈴(松坂慶子)。福子(安藤サクラ)も必死に看病を続けます。明日も百度参りを続けるという鈴に萬平(長谷川博己)のためにありがとうという福子。しかし、鈴は福子のためにやっていると言います。

翌朝、萬平が目を覚まします。一晩中そばについてウトウトしている福子に声をかけます。萬平さん!という福子。萬平は少しだけ笑みを浮かべます。

医師が萬平を診察すると山は越えたから大丈夫だが、あとひと月かふた月は安静にしなければいけないと言います。喜ぶ福子。鈴の百度参りが効いたのだと言う医師の言葉を聞いた萬平は鈴にも目を向けます。様子を見に来た村の人たちも萬平の回復を喜びます。

夜、少し食事を摂る萬平。鈴は安心したのかぐっすり寝ています。福子はボーっとしている萬平にどうしたのかと聞きます。すると萬平は目を覚ます前に見た夢の話をします。

その夢は、川のほとりに立っていると向こう岸に鈴が立っていたのだと言います。そして鈴にこっちに来てはいけないと叱られて引き返したら目が覚めたというものでした。

福子は、三途の川の向こう岸に鈴がいたのか?と驚きます。萬平は鈴が自分を助けてくれたのでは…お礼を言った方がいいものかと言うと福子は、それは絶対黙っていた方がいいと言います。その夢のことで元気がなかった萬平をくすっと福子は笑います。

数日後、萬平は一度入隊したものの、またその日のうちに帰されてしまっていました。縁側に座って物思いにふける萬平。鈴はため息をつきます。落ち込む様子の萬平を福子は散歩に誘います。

田舎道を二人が散歩していると村の人々が集まってきます。すると突然戦闘機の飛ぶ音が聞こえてきます。それに気づいた萬平はみんな隠れろ!!と叫び、みんなで隠れて伏せます。戦闘機はミサイルを何発も撃って飛び去って行きます。

萬平はみんなを確認すると幸い無事でした。鈴も心配でやってきます。急にすごい剣幕で叫びだす萬平。「くそー!!!くそー!!!」と地面を叩きながら自分が戦争に行けない情けなさを露呈します。自分の体が弱く、福子にも鈴にも申し訳なく思い、赤紙が来てもお国のために働けない自分を責めます。

そんな萬平に福子は戦争に行く以外でもお国のために働けることはきっとある、萬平には誰に何と言われようと生きていてほしいと必死に話します。そして萬平がお国のためにできることを自分が見つけると福子は言うのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 24話の視聴者の反応は?



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 24話の感想

今までに出したことのない声で、人が変わったように叫ぶ萬平は日本男児として御国のために戦えない悔しさ、何のために自分がいるのかを体と声で表現していますね。戦争が起きているとは思えない田舎の畑にも敵の飛行機は攻撃していた事が怖かったですね。

萬平を励ます福子と鈴の言葉は萬平の心を癒したのでしょう。すごい形相だった萬平の顔が穏やかになっていき、冷静ないつもの萬平の顔に少し戻りましたね。どんな想いで萬平が大声を発したのか。悔しい想いが画面を通してでも伝わってきます。

福子が上手に萬平を元気づけた言葉「私があなたにできることを見つけます」。力強く萬平を見る福子は芯の通った女性ですね。心が強いです。どうしたらこんな風に旦那様に言えるのでしょう。

こういう福子だからこそ発明家の夫を支える妻になる事ができたのでしょうね。昔の人はこのように芯の強い人がたくさんいたのでしょうね。現代ではここまで強い心を持った奥様は見た事がありません。

萬平の迫真の演技に15分間の前半の内容を忘れてしまいました。それぐらいインパクトがあり考えさせられるシーンでしたね。来週の予告を見ると戦争が終わり復興の様子が映し出されていました。

加治谷に再会する場面も見られました。焼け野原の映像もあったので、大阪に戻るのでしょうね。大阪でどのように福子と萬平は発明をしていくのか、楽しみです。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク