まんぷく

【まんぷく】48話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)が栄養食品を作り始める。」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第8週「新しい冒険!」の48話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

福子(安藤サクラ)は元気な男の子を出産します。克子(松下奈緒)と鈴(松坂慶子)もやってきて萬平(長谷川博己)たちとみんなで赤ちゃんの誕生を喜びます。名前は萬平と鈴で揉めますが、福子が二人の意見を尊重し「源」と決まります。福子は産後の肥立ちが良くなく体調不良が続き、みんな心配なのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 48話のあらすじ

福子(安藤サクラ)の産後の肥立ちが悪く、産婆さんから卵だけではなく野菜や魚など栄養のあるものを食べさせてあげるように言われます。鈴(松坂慶子)、タカ(岸井ゆきの)、赤津(永沼伊久也)が福子のために栄養のある食事を作ります。

鈴の家出の一件があり、萬平(長谷川博己)はすべての家事の分担をきちんと考えるようになりました。福子に食事を食べさせる萬平。みんなの頑張りがあり、福子は徐々に回復し2か月後には元気になりました。

福子が元気になって安心する鈴とタカ。会社が順調でお金があったから栄養のあるものを買うことができたと萬平に感謝しています。もしお金がなくて栄養のある食べ物を買うことができなかったら命の危険もあったと言います。

萬平は神部(瀬戸康史)に新しい事業として栄養食品を作りたいと相談します。今はお金がなく栄養不足の人がたくさんいるので、誰でも手軽に食べられる栄養食品を作りたいと言います。しかし、萬平はどういう風に作ればいいのか全く見当がつかなくて困っていました。

すると神部が、母校の大阪帝大の医学部には栄養学の研究をしている人がいてそこに知り合いがいると言います。ぜひその人を紹介してほしいと言う萬平。

さっそく萬平と神部は大阪帝大に行き、近江谷(小松利昌)に栄養学について話を聞きます。妊婦は産後は脂溶性ビタミン欠乏症というものにかかることがあり、暗いところで目が見えなくなる症状があると聞きます。まさに福子の今までの症状と一致していて驚く萬平。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを含んだ安い栄養食品を作りたいと言う萬平。しかし鈴はせっかく塩づくりが上手くいっているのだから、新しいことに手を出さなくてもいいと言います。しかし萬平は聞く耳を持ちません。

翌日からさっそく新しい事業を始めるために倉庫の半分を研究室に改装します。張り切る萬平。絶対失敗すると言う鈴に福子は、萬平は絶対にみんなが喜ぶものを作ってくれると信じていると言います。

1週間後、萬平の作った研究室に近江谷がやってきます。念入りに作られた研究室を見て感心しています。新しい事業には神部、岡(中尾明慶)、倉永(榎田貴斗)、大和田(梅林亮太)が参加することになります。

夜、栄養食品について考えている萬平に、福子はどんな栄養食品を考えているのか尋ねます。なかなかアイデアが思いつかないと言う萬平に、福子は今学校の給食ではパンが出されていると言い、そのパンに塗るようなものはどうかと提案します。確かにいいと頷きながら言う萬平。

翌日から、パンに塗るようなペースト状の栄養食品を考え始めます。まずは動物性たんぱく質をなにから摂るか考えます。

鈴は、近江谷は毎日来ているようだがお給料はどうするのかと福子に聞きます。もちろん払うのではないかと言う福子ですが、鈴は自分は経理なのに何も聞いていないと腹を立てて直接萬平に確認に行きます。

すると萬平たちは研究室におらず、森の中で何かを探していました。動物性たんぱく質の材料となるものを探していると言います。すると神部と岡が見つけた!と言い手にしていたものはなんとカエルでした。そのカエルを見て悲鳴を上げる鈴。

萬平たちはそのカエルを鍋で煮込んでいます。するとなにか爆発するような音が鳴ります。研究室の鍋の蓋が飛んだのです。臭いにおいを漂わせる萬平たち…。鈴はもうこんなことは辞めて欲しいと言いますが、僕は絶対にやめないと萬平は宣言します。

萬平は何度失敗してもその先に成功があると言い、そして必ず自分が栄養不足で困っている人たちのために栄養食品を作るのだと高らかに宣言するのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 48話の評価評判は?



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 48話の感想

福子の産後の肥立ちが悪いのは栄養が足りなかったから。お産は昔から命がけと言われていますが、この時代の人達は特に命がけだったのでしょう。福子の家は普通の家より裕福だったために命が助かった。これも運なのでしょう。

萬平は栄養食品をどうするか全く思いつかず福子の助言で動き出しますが、それは発明ではなくただのひらめきなのではないのでしょうか。今みたいにジャムやピーナッツチョコレートなどはなかったでしょう。

萬平が発明したのはカップラーメンなので、今回のパンにつけるものは違うのでしょう。過程としてこんなものも考えたのだということを伝えたいのでしょう。でも、カエルから動物性脂肪を取ろうとしたのはズゴイ考えです。

何度も失敗することで成功が見える!と萬平はやる気満々です。そこに乗っかってくれる従業員たち。唯一反対しているのが相変わらず鈴です。とにかく鈴は萬平がすることに必ず引っかかってきます。

発明より塩を作った方がいいという鈴に対して萬平も憎まれ口を叩くところが、やはり鈴は面白くないようでした。この小さな事が重なって鈴は家出したのを萬平はわかっていないようですね。

料理以外は従業員で分担するようになったので、鈴は料理を作ることだけに専念出来て生き生きもしていたように見えます。料理長みたいなものでしょう。来週からまた色々問題が出てきそうで楽しみです。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク