まんぷく

【まんぷく】52話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)がみんなで塩づくりとダネイホン開発をしようと提案する。」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第9週「違うわ、萬平さん」の52話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

塩づくり担当の従業員たちは仕事に対する不満が日に日に溜まっていました。しかし、萬平(長谷川博己)はそのことに目を向けません。ある夜、塩づくり担当とダネイホン担当とで大喧嘩が勃発します。鈴に責任は社長の萬平にあると言われ、今までの自分を反省する萬平でした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 52話のあらすじ

従業員の大喧嘩が起きたことで、萬平(長谷川博己)は塩づくり組にダネイホンの材料集めを手伝ってもらうことにします。しかし、それでは塩づくり組の仕事が増えるだけで余計不満がたまる一方でした。

福子(安藤サクラ)は萬平にこれでは何の解決にもなっていないと助言しますが、萬平はこれでみんなの結束が深まるはずだと信じて疑いません。困ってしまう福子。そこへ真一(大谷亮平)が突然訪ねてきます。急にやってきた真一に驚く福子と萬平。

真一は、仕事は休暇を取ってやってきたと言います。源を見て可愛くなったと言う真一に、鈴(松坂慶子)は真一と咲(内田有紀)の子供も見たかったと言います。福子は咲が夢に出てきた話をすると、真一も咲の夢をよく見ると言います。自分の夢には出てこないと拗ねる鈴。

真一は塩づくりの工程を見て回ります。研究室に行ってみると、萬平は研究室で真一がお土産に持ってきたスモモをダネイホンに加えようとしていました。これでビタミンも加えられるし味も良くなるはずだと言います。

新しいスモモを入れたダネイホンを食べてみる福子たち。前よりは味が良くなりなんとか食べられる味になりました。しかし、鈴は1人不味いと言っています。

真一は1人海岸で塩づくりを見ていました。すると、従業員たちの不満の声が聞こえてきます。心配した真一は、福子に萬平は発明家だから福子がもっと前に出て会社をやった方がいいのではないかと助言します。

しかし、福子は従業員のみんなは萬平を尊敬し慕っているので自分ではないのだと話します。そしていろいろ助言をしてくれる真一に感謝するのでした。福子は本当にいい奥さんだと言う真一。

とうとうダネイホンの商品化の目途が立ちます。ご飯の時でもダネイホン組は仕事の話を生き生きとしています。そんな様子を塩づくり組は面白くない様子で聞いています。福子は皆の雰囲気が良くないのを感じ、萬平に問題は全く解決していないと話しに行きます。

福子は塩づくり組のみんなも萬平と一緒に仕事がしたいのだと言います。萬平は、自分は社長には向いていないから福子が社長をやった方がいいのではと言います。しかし、福子は皆が慕っているのは萬平なのだから自分ではダメだと萬平を励まします。そして、萬平の口からみんなときちんと話すべきだと言います。

萬平はみんなが食事している所に行きます。そこでみんなに話があると言い、塩づくり組のみんなの名前を1人1人呼びます。そして今までみんなの気持ちに気づくことができなかったことを謝ります。

そして、翌日から全員で塩づくりとダネイホンづくりを交代でやっていくことにすると話します。今までダネイホン担当だった人たちも塩づくりも行い、塩づくり担当だった人たちは順番でダネイホンづくりに加わってもらうことにしたのです。

ダネイホンづくりに加われることを喜ぶ塩づくり組の従業員たち。萬平は、自分たちは大きな会社ではないから、全員が一丸となって仕事をしていかなければ会社は上手くはいかないとみんなに話します。

萬平の提案と言葉で従業員たちの雰囲気が良くなり、これからダネイホンの商品化に向けてみんなの結束を深めるのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 52話の評価評判は?



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」 52話の感想

真一が訪れました。真一もハナ、咲同様萬平は研究に没頭すると周りが見えなくなる事をわかっていて、周りの事は福子がやらなければならないと忠告します。本当にみんなそう思っているのだという事がわかります。そして優しく助言してくれるいい人達です。

鈴も言っているのですが、福子はその言葉を聞かないので、福子を慕う周りの人達が福子を助けるかのように協力してくれている事がヒシヒシと伝わってきます。福子は頼んではいないので、福子の今まで周りの人たちと関わってきたことの信頼なのでしょう。

塩作りの人達の不満をどうにかしようと福子は奮闘します。そこで直接萬平を喧嘩腰ではなく優しく萬平に助言する事をついに決断します。そこで萬平は自分が社長に向いていない、福子が社長をすればいいと言います。

でもあくまでも萬平は社長。萬平を立てる事を福子は選びます。それでこそ福子です。萬平を尊敬している従業員は萬平の言葉でなければ響かない。それを福子は分かっていたのでしょう。さすが福子です。

上手く萬平を持ち上げ従業員が不満にならないようにできるように仕向けます。この様子を見ると三田村と話をした時と同じ感じがしました。福子の折角のこの才能をドンドン活かす事で、萬平の発明も生きていくのでしょう。今後が楽しみです。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク