まんぷく

【まんぷく】55話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)たちが進駐軍の取り調べを受ける」



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第10週「私は武士の娘の娘!」の55話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

真一(大谷亮平)がたちばな塩業の一員となります。ダネイホンは大阪の病院での評判が良く、注文もどんどん入るようになります。塩づくりもみんな仕事が板につき、すべてが順調でした。

しかし、ある日進駐軍がたちばな塩業に突入してきます。武器を隠し持っている疑いがあると言います。突然のことでどうすることもできない福子(安藤サクラ)たちでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  55話のあらすじ

進駐軍たちはたちばな塩業に武器を隠し持ち反乱の疑いがあるので捜索を行うと言います。全く身に覚えのない萬平(長谷川博己)はたちばな塩業は健全な会社だと言います。

その時、高木(中村大輝)たちが手を上げます。倉庫に手榴弾があることを知っていたのです。進駐軍たちは手榴弾を見つけたことで男たちを全員逮捕して連れて行ってしまいます。

福子(安藤サクラ)は克子(松下奈緒)に萬平たちがみんな進駐軍に連れて行かれてしまったことを電話します。驚く克子。克子と忠彦(要潤)は子供たちのことはタカ(岸井ゆきの)に任せてすぐに福子たちの所に向かいます。神部(瀬戸康史)のことが心配の様子のタカ。

米陸軍本部で取り調べを受けるたちばな塩業の従業員たち。1人1人写真を撮られます。取り調べでは何を言っても信じてもらえず、余計なことも話すなと言われてしまします。

牢の中で高木たち3人が手榴弾を使って魚を採っていたことを話すと、何も知らなかった他の従業員たちは怒り心頭です。いくら魚を釣らなくてはいけなくても、手榴弾を使うことはないだろと激しい言い争いになります。

その様子を監視していたチャーリー・タナカ(岡崎体育)という日系の軍人が喧嘩を止めて白々しい芝居は止めろと言ってきます。

真一(大谷亮平)の取り調べが始まります。真一が今まで証券会社に勤めていたことを話すと、証券会社からたちばな塩業に来ておまえの本当の役割は何なのかと疑いの目でしか見られません。真一がただの社員だと言っても嘘をつくなと言われるだけでした。

萬平の取り調べも始まります。萬平の取り調べの相手は日本語が流暢でした。アメリカに反感を持つのは構わないが反逆は決して許さないと言い放ちます。萬平は今までどんな仕事をしていたのか聞かれます。いままで自分が開発してきたものを説明する萬平。お前は一体何をしたいのだと言われてしまいます。

萬平の前にたちばな塩業の会社の写真を並べられ、ここに写っているものについてすべて説明しろと言われます。その中の写真の一枚に福子が写っており、萬平は福子のことを思い出し心配するのでした。

一方、福子と鈴(松坂慶子)は家で途方に暮れていました。福子は法律事務所に電話をして萬平たちのことを相談しようとしますが、すぐに断られてしまいます。鈴はこういう時は落ち着かないといけないと言いますが、そう自分に言い聞かせているだけで本当は不安でたまらず涙を流すのでした。

福子も不安でたまりませんでしたが、萬平たちを助けたい一心で諦めずに法律事務所に電話をかけ続けるのでした。



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  55話の評価評判は?

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js



スポンサーリンク


朝ドラ「まんぷく」  55話の感想

今日の15分間は以前萬平が憲兵に捕まった時を思い出します。あの時は加治谷が萬平をはめたことが発覚して事が解決したのですが、今回の爆発の問題は違うものでしょう。福子が必死に弁護士に電話をかけていますが、どこも引き受けてくれることはないでしょう。

また三田村の出番なのかと思ったのですが、予告で三田村が今回のことは私にはどうすることも出来ないと言っていたシーンが思い浮かびました。では誰が助けてくれるのでしょう。このままでは終わらないという結末はわかるのにドキドキします。

萬平の仕事の経歴を聞かれて、進駐軍の人にお前は何がやりたいんだ。と聞かれた時のハッとした表情が印象的でした。萬平の経歴を聞いていて確かに統一されていないなと思いました。このヒントで何か思いついてくれないかとも感じました。

手榴弾で魚を採っていた3人が正直に手を挙げたことが素晴らしかったです。ここで嘘を突き通しても無駄だと察知したのでしょう。後から他のみんなからなんで俺たちに言ってくれなかったんだと、大勢の人がわかっていれば、それはいけないことだと判断して辞めさせてくれたでしょう。

克子と忠彦も駆けつけてくれ、これから福子と鈴はどうなっていくのでしょう。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク