2019年春ドラマ

【家政夫のミタゾノ】最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)と感想「美田園の衝撃なラストとは!?」

家政夫のミタゾノ


ドラマ「家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)」最終回(8話)が2019年6月7日(金)に放送されました。

いよいよ最終回を迎えましたが、美田園が起こす衝撃のラストに注目です!

ここでは、「家政夫のミタゾノ」最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

家政夫のミタゾノ
【家政夫のミタゾノ】キャスト(出演者)紹介!松岡昌宏ミタゾノが帰ってくる!あのミタゾノが2019年春ドラマで帰ってくる! TOKIO松岡昌宏さん演じる女装の家政夫「美田園」。タイトルも「家政婦は見た!」「...


スポンサーリンク

【家政夫のミタゾノ】最終回(8話)のあらすじ(ネタバレ)

伝説のロックバンド

伝説のロックバンド「ハングリーズ」のライブが突如に中止になって、ボーカルのケビン小須田(宇梶剛士)が見に来ていたファンの前で謝罪します。

ライブを中止した理由が会場の音響が悪いと明かして、次のライブへの意気込みを語りました。

むすび家政婦紹介所では「ハングリーズ」のケビンの話をします。

結頼子(余貴美子)はCDを持ってきて盛り上がりますが、村田光(伊野尾慧)と恩田萌(川栄李奈)はその様子に呆然としていました。

すると光は退職願を出して、ミュージーシャンを目指すと宣言します。

結からは最後の仕事として依頼主の田畑はじめのホームパーティに3人で手伝いに行くように指示を受けました。

豪華なパーティーに驚く光達の前に依頼主であるケビンが現れて、会場は盛り上がります。

「まさか、スターの家だったとは」と光は口にして、3人は挨拶をしました。

ケビン小須田は参加者の要望で歌い始めましたが、事務所の専務・東郷信八(川島潤哉)が慌てて、ケビンの娘・奈緒美(朝倉あき)の元に駆け寄ります。

脅迫状が来ていて、バンドのトニー(冨家規政)とベン(春海四方)も加わり話し合いを進めました。

奈緒美はライブの中止を提案しますが、ケビンは子供との約束を果たすと言って、強行しようとします。

そこに光が玄関に変な荷物があると伝えに来ました。

箱を開けると中に入っていた人形が突然燃え始めて、美田園薫(松岡昌宏)が重曹を振りかけて消火します。

萌は「警察に通報します」と主張しますが、ケビンはファンの動揺を考慮して内密にする事にしたのです。

すると萌は黒い服装の人物が目に入り追いますが、どこにもいません。

光に不審者を探すように言い、彼が探していると突如後ろから何者かに襲われました。

一方、トニーとベンはケビン小須田に脱退を告げて、ドームライブの中止を頼みが彼の承諾せずに2人は部屋を出て行きます。

脅迫状が再び入る

再び脅迫状が送られて、中にはケビンの写真が喉元で切られていました。

すると物音がして、奈緒美がケビンの部屋に入ると声が出せずにいる彼の姿を発見します。

極端に乾燥している室内に「ご安心下さい」と美田園が急いで加湿をしました。

萌は「あたし、犯人知ってます」とこの間目撃した黒帽子の存在を明かすのです。

東郷が脅迫状をポストに入れようとすると反対から「ご苦労様です」と美田園が現れて、彼は急いで逃げます。

行き止まりで周囲を見渡すと後ろから美田園が現れて、今までの脅迫状を見せて立ち去りました。

東郷は急いで奈緒美に連絡して事情を説明すると「お呼びでしょうか」と再び美田園が後ろから迫ってきます。

奈緒美はケビンには内緒にして欲しいとお願いしました。

萌と美田園はケビンの話をしている時に料理レシピの本が出てきて中から、ある用紙を見つけます。

「じゃあ、お嬢様の目的って」と萌が推理をしている間に隣接している部屋に光が拘束されている姿を美田園は気付きましたが、助けません。

ケビン達が打ち合わせをしていると「大変でございます」とドームからライブ中止の連絡が入ってきたと美田園が言ってきました。

光は脅迫状を東郷から書くように指示をされていましたが、ライブ中止が決まっても解放してもらえません。

再び集まったメンバー

ケビン宛にファンの子供からの手紙が来ていて、中身の写真を見て悩みます。

練習場に足を運ぶとトニーとベンがいて2人にも手紙が届いていたのです。

ライブ中止に落胆する3人に国立の予約が出来たと美田園が報告しました。

現地に行くと国立市立ホールだったと分かり、ケビンは中止しようとします。

すると美田園が「また、ドタキャンされますか」と口にして、2人が説得しました。

家にいた萌に奈緒美のケビンの事を聞くと東郷が新たなライブがある事を見つけて現地に向かいます。

萌も行こうとすると部屋の奥から声が聞こえて、扉を開けると光がいたのです。

ライブで判明した事実

ライブ前に譜面を確認しようとするケビンは奈緒美の本から複数人の振込内容が書かれていた紙を目にします。

そこに現れた奈緒美に紙を見せていると、駆け付けた萌と光から脅迫状が奈緒美と東郷によるものだと明かされました。

ケビンは待っているファンの元へ行くと観客は誰もいません。

機械から流れている声援に驚いているとファン役のエキストラが現れました。

そこに大量の紙が降ってきて振込はエキストラ代と判明して、だいぶ前からファンがいなくなった事を耳にします。

更にホームパーティーのエキストラでライブもわざと小さい会場でした事が分かりました。

「もう終わりなんです」とスターとしての寿命がない事を言われたケビンは落胆します。

再びチラシが降ってくると今度はメンバーの2人が暴露本を出してお金を稼ごうとした事がバレました。

更に美田園が出した紙からヒット曲の権利を売る書類があった事が次々と明らかになりました。

奈緒美が「何やってるのよ」と声を上げて、名曲を封印した事でファンが離れて事を伝えるとケビンは会場を去ろうとします。

するとドラムの音が聞こえて皆が再び会場に集まると美田園が演奏していたのです。

夕食の仕込みと言って、ゆで卵の皮むきのために振動を与えていたと口にして、本当の自分を見せるのも考えた1つで変わると意味深な言葉を残して去りました。

ケビンはファンが減っている事に気付いて認めるのが怖かった事を明かして、スターの殻にしがみついていたと本音を漏らします。

そして、引退すると宣言しましたが、「いるわよ、ファンは」と奈緒美が1番のファンだと公言しました。

光と萌は奈緒美と東郷の行動を肯定して、ケビン達は歌い始めます。

光が復帰した理由

ライブの映像がユーチューブの動画に投稿されて話題になっていました。

更に曲の権利は暴露本を出して買い戻していました。

光は仕事を辞めずに今度はアイドルになる事を決意して、「また、宜しくお願いします」と仕事を続けていくようになります。

すると帽子男が現れて国税局の職員でしたが「本日で休業となります」と言って、美田園は扉を閉めました。



スポンサーリンク


【家政夫のミタゾノ】最終回(8話)の感想

伝説のロックバンドのボーカルであるケビンの元に派遣されましたが、まさかの事態が多過ぎました。

光が怪しい男を探している時に襲われますが、犯行が東郷だとは驚きです。

脅迫状を書いていたのが光で、東郷がポストに投函していたとは一体どうなっているのかと困惑しました。

更に娘の奈緒美も加担している事が分かり、目的は金銭なのかと思いました。

本当の理由はバンドの実情を父親であるケビンに知られたくなかったのだとは予想していませんでした。

ケビンもこの事を知って、相当落胆していましたね。

多くのファンがいると思っていて、まさか全くいないとは受け入れがたいと思います。

しかし、奈緒美の言葉で再び歌い始めて新たな道を歩む事が出来て良かったです。

美田園も相変わらずの活躍や存在感を発揮していて、面白かったです。

今回の家事情報も大変参考になりました。

ドラムを叩いている美田園の姿を見たのはとても嬉しかったです。

滅多に見る事が出来ない貴重なシーンだと思います。

ついに最終回を迎えてしまいましたが、最後まで見応えのある展開で楽しかったです。

可能であれば、再び続編があって欲しいです。

また、パワーアップしたミタゾノが見られる事を期待しています。



スポンサーリンク


ドラマ【家政夫のミタゾノ】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tverやテレ朝キャッチアップで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

テレ朝キャッチアップで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、U-NEXTで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【家政夫のミタゾノ】最終回(8話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【家政夫のミタゾノ】最終回(8話)の評価評判

まとめ

ついに最終回を迎えてしましたが、今回も美田園らしさが出てましたね。

視聴者から面白いとの声や終了を惜しむ声が上がっています。

最初から最後まで見応えのあるドラマでしたね。

また、続編がある事を期待しましょう。



スポンサーリンク