なつぞら

【なつぞら】63話のあらすじと感想「千遥の行方が気になるなつ(広瀬すず)」



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」の63話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田祐貴)は咲太郎(岡田将生)の劇団の公演を見に行きます。

その芝居の素晴らしさに感動する2人。

主演女優の蘭子(鈴木杏樹)に「よく演劇を辞められたわね。」と言われ、雪次郎は返す言葉がありません。

なつはトレースの仕事に取り組み始めますが、なかなか上手くは行かないのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  63話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)はトレースをやってみましたが、10枚描いて重ねてみると全く重なり合いません。

先輩の見本を見せてもらうと10枚きちんと重なっていましたが、それでもほんの少しのずれがありました。

富子(梅舟惟永)は「どんなに完ぺきに描いても少しのずれは生れてしまいます。でも、それが絵に命を吹き込むことなんです。」と話します。

トレースの技術の深さに感心するなつ。

昼休みになつは桃代(伊原六花)とお昼ご飯を食べていると「初めてにしては上手くいった方なんじゃない?」と言われます。

「子供の頃に牛の乳しぼりをしたことを思い出したわ。どんな仕事も奥が深いんだわ。」と話すなつ。

2人で洋服の話をしていると近くで下山(川島明)がその話を聞いていました。

「今のところ同じ服は一度も着ていない。同じ服を着ていてもどこか変えている。感心するよ!」と言う下山。

「どうしてそんなことわかるんですか?」と桃代が聞くと、下山は「証拠ならここにある。」と言って毎日の二人の様子をスケッチしたものを見せます。

「同じ服を着てきたら書くのを止めようと思っていたら止められなくなっちゃった。同じ服装で来たら逮捕するからね!」と笑いながら言う下山。

桃代は「ここまで来たら逃げ切って見せる。」と気合が入ります。

なつは仕事が終わると川村屋に向かいます。

川村屋にはテレビが置かれ、お店は相変わらず大盛況で野上(近藤芳正)や佐知子(水谷果歩)も変わらず元気にしていました。

光子(比嘉愛未)もなつを迎えてくれます。

「兄の劇団の芝居は見てくれましたか?」となつが聞くと「忙しくて無理よ。」と言う光子。

その脇から野上が「チケットは買いましたけどね。10枚も。」と呟きます。

「それは、新劇好きのお客様に配るためよ!!」と焦る光子。

そこへ信哉(工藤阿須加)がやって来ます。

信哉の取材したニュースがテレビで放送されるので見に来たのだと言います。

そのニュースは「都会の迷子たち」という東京で取り残された子供たちの様子を取材されたものでした。

そのニュースを見て、なつは妹の千遥のことを思い出します。

「ねえ、信さん。お願いがあるんだけど。千遥の行方を捜したいの。」と話すなつ。

「僕も気になっていたけれど、咲太郎は探してもしょうがないって言うし。」と話す信哉。

しかし、なつは「お兄ちゃんは今更会いに行っても千遥の幸せを邪魔するだけだっていうけれど、私は千遥の幸せを邪魔するようなことは絶対にしない。」と言います。

すると光子は「咲ちゃん、もし千遥ちゃんに会ったら自分がどうなるかわからなくて苦しんでいるんじゃないかしら。今の自分に何が出来るかわからなくて怖いのよ。」と咲太郎の気持ちを代弁します。

「お兄ちゃんには私から話すから、そしたら信さん探してくれる?」と聞くと「もちろん。」と答える信哉。

咲太郎(岡田将生)が帰って来るとなつは「千遥のこと。今どこにいるのか知りたい。千遥がいることが分かればいい。近くで見るだけでもいい。」と話します。

「だけど、どうやって探すんだ?」と咲太郎が聞くとなつは信哉が探してくれることを伝え、千遥の前の住所を教えて欲しいと頼みます。

複雑な表情を浮かべながらも一枚のはがきを持ってきてなつに渡す咲太郎。

「これが、おばさんから来た最後の手紙だ。」と言います。

咲太郎は孤児院から出てからも千遥からの手紙が来ていないか確認しに行き、千遥が引っ越してからも近所の人にどこに行ったのかを聞いて回っていました。

本当は咲太郎も千遥に会いたかったのです。

「信によろしく頼むと言ってくれ。」と言う咲太郎に「ありがとう!お兄ちゃん。」と話すのでした



スポンサーリンク


朝ドラ「なつぞら」  63話の評価評判は?



スポンサーリンク


朝ドラ「なつぞら」  63話の感想

なつがトレースに挑戦しますが、なかなか上手くいきませんでした。

なつが熱心にクリーンアップの練習をしていたのでもう少し上手くいくかと思いましたがなかなかそう簡単にはいかなそうです。

なつと桃代の洋服のスケッチを下山がしていたのは驚きですね。

しかもなつと桃代がまだ一度も同じ服を着てきたことがないというのが凄いです!

桃代もなつの洋服の影響を受けていろいろとおしゃれに気を使っていたのですね。

実際になつのモチーフとなっているアニメーターの奥山玲子さんも、毎日違う服を着ていたため同僚からスケッチされていたというエピソードがありました。

その話がモデルとなっていたので、実際の話とリンクして面白いです。

そして、とうとうなつが妹の千遥の行方を捜したいと言い始めました。

ずっと心に引っかかっていたのでしょうが、信哉の作ったニュースを見て幸せに暮らしているのかだけでもどうしても確認したくなったのでしょう。

咲太郎も千遥の行方を全く探してないのかと思いましたが、引っ越し先の連絡が孤児院に来ていないかや近所の人たちにどこに行ったのか聞きに行ったりと千遥の行方を気にしていました。

長年会っていないとはいえやはり本当の兄妹ですね。

今後、千遥の行方が分かって幸せに暮らしていることを願いたいです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク