2019年春ドラマ

「パーフェクトワールド」キャスト(出演者)紹介!車いすになり恋を諦めた松坂桃李の純愛ラブストーリー

パーフェクトワールド


関西テレビ(フジテレビ系)火曜21時からの春ドラマは松坂桃李さん×山本美月さんによる清き純愛ラブストーリー「パーフェクトワールド」。

古くだとセカチューこと「世界の中心で愛を叫ぶ」もそうですが、同じ原作で映画化のあと、ドラマ化(もしくはその逆)は少なくないですが、「パーフェクトワールド」は映画化が2018年10月に公開されたばかりなのです。

ここまで近い期間で映画化とドラマ化される作品も珍しいのではないでしょうか?

ドラマ化の主演は松坂桃李さん×山本美月さん、映画化は岩田剛典さん×杉咲花さん、両者を見比べながら楽しんでも面白いかもしれませんね。

ここでは、「パーフェクトワールド」のキャスト(出演者)、世間の反応、スタッフなどについてご紹介します。



スポンサーリンク


ドラマ「パーフェクトワールド」あらすじ(ストーリー)と原作情報

「パーフェクトワールド」あらすじ

鮎川樹(松坂桃李)は、高校時代はバスケット部のエースとして活躍して、将来を嘱望されていましたが、大学3年の時に事故に巻き込まれ、脊髄損傷で下半身不随となってしまいます。

一度は人生を絶望しかけた樹でしたが、周囲のサポートもあり、一度は諦めかけた建築士を目指すこととなり、念願の建築士となります。

そんな樹が設計事務所との飲み会で高校時代の同級生である川奈つぐみ(山本美月)と再会を果たします。恋もバスケも二度としないと心に決めていた樹でしたが、つぐみと再会することで心が動き始めるのです。

一方、つぐみは車いすの樹に戸惑いつつも気にかけるようになり、二人は付き合い始めるのです。

しかし、樹に好意を寄せるヘルパーや、つぐみに好意を寄せる地元の友人などが二人の恋の妨げとなり…。

別々の道を歩み始めた樹とつぐみ…しかし二人には後悔していることがありました。果たして恋に臆病になった樹はつぐみと結ばれる日はやってくるのでしょうか。

「パーフェクトワールド」原作

「パーフェクトワールド」の原作は、有賀リエ氏による日本の同名漫画作品「パーフェクトワールド」です。

『Kiss』(講談社)に掲載が開始され、2019年3月13日現在、単行本既刊9巻発行している人気漫画となっています。

「パーフェクトワールド」は2016年には、フランスの雑誌『Animeland』においてベスト少女漫画賞を受賞するなど国内外での評価が高く、2019年4月からの連ドラをはじめ、2018年には映画化されるなど実写化されています。

有賀リエ氏は、2011年漫画家デビューで、デビュー作である「天体観測」が第6回Kissゴールド賞を受賞し話題となりました。

これまでの代表作としては

  • オールトの雲から
  • パーフェクトワールド
  • 天体観測
  • 先輩の左手
  • ストライド

があります。

また、ドラマ版「パーフェクトワールド」は、オリジナルキャラクターを加えるなど、ドラマならではのストーリーになるとか。原作ファンも要チェックですね。



スポンサーリンク


ドラマ「パーフェクトワールド」キャスト(出演者)紹介

主人公たち

鮎川樹…松坂桃李

大学時代時に事故に遭い、下半身不随で車いす生活となっている建築士。

高校時代はバスケ部のエースとして活躍していたが、今ではもう二度とバスケもそして恋もしないと心に決めているなど臆病になっている。

※松坂桃李さんプロフィール

生年月日:1988年10月17日(30歳)

出身地:神奈川県茅ケ崎市

代表作:軍師官兵衛(NHK大河ドラマ)、わろてんか(NHK朝ドラ)、ゆとりですがなにか(日本テレビ)、怪盗ロワイヤル((TBS)、今日、恋をはじめます(映画)など他多数

川奈つぐみ…山本美月

樹の高校時代の同級生で、当時樹に恋心を抱いていた。

飲み会で再会を果たし、恋が再燃する。

現在は、インテリア会社に就職し、事務をしているが、本来は夢だった美術系の仕事がしたいが自信が持てない。

※山本美月さんプロフィール

生年月日:1991年7月18日(27歳)

出身地:福岡県福岡市

代表作:恋仲(フジテレビ)、臨床犯罪学者・火村英生の推理(日本テレビ)、刑事ゆがみ(フジテレビ)、女子ーズ(映画)、東京難民(映画)など

樹の周りの人々

長澤葵…中村ゆり

樹を心身ともに支えるヘルパー。

樹が自暴自棄になったときでも支え続けてくれている存在。

※中村ゆりさんプロフィール

生年月日:1982年3月15日(37歳)

出身地:大阪府寝屋川市

代表作:おひさま(NHK朝ドラ)、BG〜身辺警護人〜(テレビ朝日)、ディアドクター(フジテレビ)、doctoers(テレビ朝日)、全開の唄(映画)など

渡辺晴人…松村北斗(SixTONED/ジャニーズJr.)

樹の会社の後輩で10年来の友人でもある。

※松村北斗さんプロフィール

生年月日:1995年6月18日(23歳)

出身地:静岡県

代表作:ぴんとこな(TBS)、SHARK(日本テレビ)、黒の女教師(TBS)、バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ (映画)、坂道のアポロン(映画)など

渡辺剛…木村祐一

樹の会社の代表で、良き理解者。

※木村祐一さんプロフィール

生年月日:1963年2月9日(56歳)

出身地:京都府京都市

代表作:砂の塔〜知りすぎた隣人(TBS)、陸王(TBS)、おんな城主 直虎(NHK大河ドラマ)、PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜(フジテレビ)、チコちゃんに叱られる! (NHKバラエティ)など

雪村美姫…水沢エレナ

樹の元恋人。

※水沢エレナさんプロフィール

生年月日:1992年3月21日(27歳)

出身地:愛知県名古屋市

代表作:せいせいするほど、愛してる(TBS)、フランケンシュタインの恋(日本テレビ)、戦力外捜査官(日本テレビ)、ドクターX〜外科医・大門未知子〜(テレビ朝日)、Missデビル 人事の悪魔・椿眞子(日本テレビ)など

鮎川文乃…麻生祐未

樹の母親。

※麻生祐未さんプロフィール

生年月日:1963年8月15日(55歳)

出身地:長崎県長崎市

代表作:JIN(TBS)、カーネーション(NHK朝ドラ)、天皇の料理番(TBS)、教師びんびん物語II(フジテレビ)、白夜行(TBS)など他多数

つぐみの周りの人々

是枝洋貴…瀬戸康史

つぐみの幼馴染。ずっとつぐみに片思いをしている。

現在は、アプリ制作会社の社長。

※瀬戸康史さんプロフィール

生年月日:1988年5月18日(30歳)

出身地: 福岡県嘉麻市

代表作:まんぷく(NHK朝ドラ)、あさが来た(NHK朝ドラ)、海月姫(フジテレビ)、HOPE〜期待ゼロの新入社員〜(フジテレビ)、ミックス。(映画)など

東美千代…とよた真帆

つぐみが働くインテリアデザイン事務所の代表。

※とよた真帆さんプロフィール

生年月日:1967年7月6日(51歳)

出身地:東京都

代表作:土曜ワイド劇場(テレビ朝日)、火曜サスペンス劇場(日本テレビ)、パパとなっちゃん(TBS)、どんど晴れ(NHK朝ドラ)、デイジー・ラック(NHK)など

川奈咲子…堀内敬子

つぐみの母親。

※堀内敬子さんプロフィール

生年月日:1971年5月27日(47歳)

出身地:東京都府中市

代表作:ゲゲゲの女房(NHK朝ドラ)、絶対零度(フジテレビ)、MOZU(TBS)、花のち晴れ~花男Next Season~ (TBS)、夜行観覧車(TBS)など

川奈元久…松重豊

※松重豊さんプロフィール

生年月日:1963年1月19日(56歳)

出身地:福岡県

代表作:孤独のグルメ(テレビ東京)、ちりとてちん(NHK朝ドラ)、デート〜恋とはどんなものかしら〜(フジテレビ)、アンナチュラル(TBS)、バイプレイヤーズ(テレビ東京)など他多数



スポンサーリンク


キャスト展望

2018年10月公開の映画版では、岩田剛典×杉咲花。2019年4月~のドラマ版では松坂桃李×山本美月。

年齢的にはちょっと大人になった感じでしょうか?比較しながら観ても楽しめそうです。

松坂さんは演技力には定評がありますが、車いす役は難しい繊細な演技も必要でしょうから演技力が試されますね。

次の日の元気がもらえるような胸キュンストーリーを期待したいです。

キャスティングについての世間の反応は?

旬の人である菅田将暉さん×米津玄師さんが作る主題歌と、本格的なドラマ初参戦となる松村北斗さん(SixTONED/ジャニーズJr.)への話題が集中していますね。

特に主題歌は初回で曲が流れたらもっと盛り上がっていきそうです。

スタッフ紹介

原作

  • 有賀リエ(講談社KISS連載「パーフェクトワールド」)

脚本

  • 中谷まゆみ(過去の作品:ディア・シスター(フジテレビ)、地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(日本テレビ)、WATER BOYS(フジテレビ)、ぽっかぽか(TBS)、隣の家族は青く見える(フジテレビ)など)

音楽

  • 菅野祐悟(過去の作品:軍師官兵衛(NHK大河ドラマ)、半分、青い(NHK朝ドラ)、ホタルノヒカリ(日本テレビ)、ガリレオ(フジテレビ)、SP 警視庁警備部警護課第四係(フジテレビ)など)

主題歌

  • 菅田将暉「まちがいさがし」(作詞作曲:米津玄師)

※菅田将暉さんコメント

まず松坂桃李さんは、同業者の中で、常に、間近で、背中を見ていた人です。気づけば10年近くなりますでしょうか?

今では会えば家族のような挨拶をし、離れれば先輩後輩として作品のみで触れ合う。そんな方のドラマの主題歌を僕が歌う。しかも米津玄師が作ってくれる。

正直、何から整理すればいいのかわからない状況でした。ちょっと吐きそうでした。

ただこんな贅沢なことはないと胸躍る自分が間違いなくいました。

「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。

当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。宜しくお願い致します。

引用元:関西テレビ「パーフェクトワールド」公式サイト

※松坂桃李さんコメント

初めて聴いた時、歌声から菅田の作品への想いがビシビシと伝わってきました。

米津さんの書かれた歌詞に樹の心情とリンクする言葉が多く、ドラマの世界観からそのまま曲が流れていくことを容易に想像できるくらいピッタリだと思いました。

お互い、同じ時期にデビューをした菅田とこういう形で作品作りに関わるということに不思議な縁、巡り合わせを感じます。10年前には全く想像しなかった出来事です。

この楽曲を聴きながら、ワンシーンずつを大切に、撮影に臨んでいきたいと思います。

引用元:関西テレビ「パーフェクトワールド」公式サイト

菅田将暉さんのコメントがもう既にカッコ良いですよね!松坂桃李さんも曲を聞いて興奮している感じが伝わってきました。

菅田将暉×米津玄師の「灰色と青」も余韻が残る凄く良い曲だったので、今回の曲もかなり気になります。

プロデューサー

  • 河西秀幸(過去の作品:GTO(フジテレビ)、銭の戦争(フジテレビ)、逃亡弁護士(フジテレビ)、明日の約束(フジテレビ)、スターマン・この星の恋 (フジテレビ)など)

演出

  • 三宅喜重(過去の作品:アットホームダット(フジテレビ)、ブスの瞳に恋してる(フジテレビ)、銭の戦争(フジテレビ)、嘘の戦争(フジテレビ)、僕の生きる道(フジテレビ)など)
  • 白木啓一郎(過去の作品:CRISIS 公安機動捜査隊特捜班(フジテレビ)、サイレーン(フジテレビ)、幽かな彼女(フジテレビ)、銭の戦争(フジテレビ)など)


スポンサーリンク