スキャンダル専門弁護士 QUEEN

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)のあらすじと感想評判「氷見が長年企んでいた作戦が実行される!」



ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」最終回(10話)が2019年3月14日(木)に放送されました。

ここでは、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

前回、氷見を悪人に仕立て上げた与田はさらに氷見を叩こうと調査会の開催を提案。

調査会が始まると氷見は与田たちにどんどん追い込まれていく。

そして調査会が終わりに差し掛かった時、氷見は5年前の事件について話し始めるのだった。

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】9話のあらすじと感想評判「氷見vs与田!」



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)

さらに氷見を叩く

与田(水川あさみ)と藤枝(中川大志)は、氷見(竹内結子)の選挙違反の記事が掲載される『週刊文新』の発売前、吾妻(山本耕史)、林光蔵総務大臣(山田明郷)訪ねていた。

そこで与田は5年前の氷見の選挙違反について話す。

与田はそれが氷見の単独プレイで吾妻がこれに関与していなかったことを確認すると、氷見の選挙違反の記事でもう一度氷見を叩くため公の場を用意して欲しいと頼む。

与田は「国民のすべての疑惑を氷見に向けるのです。全国に晒さなければ意味がありません」と言い証人喚問が望ましいことを伝えると、吾妻は証人喚問は無理だが公聴会や調査会の名目ならと検討すると答える。

与田と藤枝が帰った後、吾妻と林は五十嵐(小野武彦)にそのことを話し、吾妻は調査会を開くことを決めるのだった。

調査会開催決定

調査会の開催決定の知らせを鈴木(バカリズム)が受け、それを聞いた与田は「よしっ」と喜ぶ。

与田が事務所を出ると東堂(泉里香)と遭遇。

東堂は「この前の氷見さんのフェイクニュースのネタ元はどこですか?」そのような事実は無かったのではと与田に詰め寄る。

すると与田は笑い「氷見さんのスキャンダル暴いてみる?過去最大の」と言うのだった。

その頃、林と五十嵐は村西と話していた。村西は「田村に関する情報をあの時全て消しました。選挙違反の件も氷見にしっかり罪を被せられるようにしてあります」と言うと、五十嵐はもしもの時は吾妻を切るよう伝えるのだった。

調査会スタート

氷見への調査会が開かれる。

調査会の冒頭、氷見は不正に情報を取得し嘘の印象操作を行うなど、選挙法において違反行為をおこなったかを尋ねられるもそれを否認。

すると、林は氷見の協力者で選挙法違反を裏付ける証人として茂呂(佐野岳)を招き入れる。

茂呂は反社会組織に名義を貸し事務所の借用に協力し、そのことを氷見に知られ脅されていたと話す。

そして氷見の脅しにより前にペイグッドの工藤社長が会社を売ろうとしているとの情報を氷見に渡したと話す。

しかし氷見は茂呂を脅していたことも否認。

林は氷見がシンクタンクから個人情報を受け取っていたのではとその名簿を見せると氷見は動揺した様子を見せる。

そしてその関係者としてシンクタンクの親会社の社長・村西を招き入れる。

村西は氷見が不正に個人情報を手に入れ選挙に利用していた可能性が高いと話すも、氷見は否認。

その後、村西はシンクタンクから氷見への依頼メールを見せると氷見は激しく動揺し追い込まれるのだった。

林は次の証人として与田を招き入れる。

与田は氷見の5年前の選挙での不正について話し、当時フェイクニュースを作成していた便物の証言も得ていると話すのだった。

氷見の反撃

そして調査会が終わりに差し掛かった時、氷見は5年前逮捕されたことを話し始める。

そして「私たちはこの日が来ることをずっと待っていたんです」と言うと吾妻を名指しする。

すると吾妻は5年前氷見と共に民自党の選挙違反を正そうとしていたこと、その不正により人が亡くなったことを明かすのだった。

その時亡くなった田村は民自党とマネークグループによる不正に協力していて、何度もそのことを告発しようとするも党から圧力をかけられその罪悪感から精神的に病んでいった。

そして田村と同じ職場で働いていた吾妻の妻・美咲(山崎紘菜)にそのことを相談していて、田村が亡くなった日も寸前まで美咲と話していたのだ。

実は美咲は田村から相談を受けていることを氷見に相談していたのだ。

氷見はこの事実が党にもみ消されないようにわざと自分が容疑者になるよう仕向けていたのだった。

それを聞いた調査会会場が騒然とする。

すると藤枝が調査会の会場に現れ、林と五十嵐と村西の密談を隠し撮りした動画を会場のモニターで再生。

実はこの一連の出来事は全て林や五十嵐を陥れるための氷見の作戦で、氷見と与田は鼻からいがみ合ってなどいなかったのだ。

この様子は全国に生中継されていてすぐさまネット上でも話題に。

そして真野は極め付けに、シンクタンクへの依頼メールは自分が作ったニセモノだと五十嵐が真野(斉藤由貴)に話す様子を記録した音声を再生し、吾妻は五十嵐が不正の黒幕だと明かすのだった。

その後、村西はマネークの社長を解任され、林と五十嵐は責任を追及された末辞任。

そして吾妻は民事党の党首として再出発することになったのだった。

この一件が解決し、氷見は鈴木法律事務所に戻って来て



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)の感想

氷見の5年前の事件についてなど全ての真相が明らかになりました。

政治家の不正を暴くというドラマでは度々目にするテーマではありましたが、そこには氷見の作戦が隠れていて最後まで見応えがありました。

これまでの話の流れから何かしらこの件には氷見の作戦が隠れているのだろうなとある程度予想しながら観ていましたが、与田が氷見を追い詰める場面は、与田の眼差しが鋭く本当に2人はいがみ合っているのではと思わせるほどでした。

しかし、どんどん氷見が不利になる証拠が出てきて氷見が動揺する様子がどこかわざとらしく見えたのでこれも氷見の作戦なのだろうと思えました。

後になって考えてみるとこの場面では、氷見が動揺した演技をしているという演技を竹内結子があえてわざとらしくしていたのかもしれません。

終盤で林や五十嵐を陥れる証拠が揃い、氷見と与田が見つめ合い笑う場面では、ある程度予想はしていましたが、2人はいがみ合っておらず全ては氷見の作戦だったことが分かりホッと安心しました。

期待していた通りの大逆転劇で、吾妻と氷見で林と五十嵐を追い詰める場面は痛快でした。

全てが解決し氷見と鈴木と吾妻の同級生3人が何気ない会話をする場面では、その和やかな雰囲気が良かったです。



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)の評価評判

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(3月14日放送分)

まとめ

今回で最終回ということで、このドラマは全体的に映像や音楽、鈴木法律事務所のメンバーの衣装などカッコよくおしゃれでした。

キャラクター演出をバカリズムが担当していたということで、事務所での会話ややりとりの場面ではバカリズムっぽいなと思わせる部分もいくつかあり観ていて面白かったです。

各話のなかで実際に起こった出来事が基になっているようなストーリー展開が多く、今回はどの出来事を基にした話なのだろうと毎回楽しみでした。

今後もし続編や映画化やスピンオフドラマなどがあれば見てみたいなと思いました。

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】最終回(10話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(3月14日放送分)ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の最終回(10話)が2019年3月14日(木)に放送されました。 ここでは、ドラマ「ス...


スポンサーリンク