スキャンダル専門弁護士 QUEEN

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】4話のあらすじと感想評判「氷見が教育制度を変える!」



ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話が2019年1月31日(木)に放送されました。

ここでは、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

今回の依頼者は大手ゼネコン次期社長候補の佐久間で、マンションの家の前にゴミを撒かれたり誹謗中傷のビラを貼られたりと嫌がらせを受けていました。

佐久間の家に嫌がらせをしている犯人は一体誰なのだろうか?またその理由とは?

一方で、氷見の過去を知る茂呂と氷見はホテルの部屋へ。そこで氷見の過去が明かされます。

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】3話のあらすじと感想評判「汚れた金メダル!」



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】4話のあらすじ(ネタバレ)

今回の依頼

氷見(竹内結子)は事務所のテレビである議会の様子を見ていた。

そこでは待機児童問題を訴える土方議員(江藤あや)が子どもを連れて議会に参加し、泣きわめく子供をなだめながら待機児童問題を訴えていた。

そんななか鈴木(バカリズム)が新たな依頼を持ってくる。氷見たちは依頼者が大手ゼネコン次期社長候補の佐久間だと知り意気込むが、内容はご近所トラブルだった。

佐久間は妻の京子(原田佳奈)と息子の怜(南出凌嘉)と暮らしていて、マンションの玄関前にゴミがばら撒かれていたり、誹謗中傷のビラを貼られたりしてたのだ。

調査開始

早速、氷見と与田は調査のため佐久間一家が住むマンションへ。そして京子の知人を装いマンションのママ友の会に潜入。

その帰り氷見の元に茂呂(佐野岳)からメールが。そこには「ベイサイドホテル天海のラウンジでお待ちしております」と書かれてあった。

与田と藤枝は、佐久間家に嫌がらせをしている人物はマンション内の人間の可能性が高いと推測するのだった。

京子が夜道で歩道橋から何者かに突き落とされる事件が発生。その知らせを聞いた与田と藤枝はマンションを調べに行く。

与田はマンションのゴミ箱から佐久間家に当てたバラバラになった怪文書を見つける。

氷見は茂呂のホテルに到着すると二人は部屋に入る。そこで茂呂は「あの時のこと教えてください」と事故のことを聞き出そうとするも氷見は言わないのだった。

怪しい人影

マンションの佐久間家の部屋の前を監視する藤枝は佐久間家の部屋の前に怪しい人影を発見する。

その人物が誰か確認しようと近付くも気付かれて逃げられてしまう。

しかし逃げた人物は途中でミントタブレットを落としていて、藤枝はそれを拾うのだった。

事務所に戻ると与田の見つけたバラバラの怪文書には「オマエタチノカコヲスベテシッテイル」と書かれてあった。

氷見の過去

茂呂は氷見に「5年前まで吾妻議員の政策秘書をしていましたよね?」と尋ねる。

氷見がそれを認めると茂呂はマニフェスト遂行のため汚い手を使っていたことを氷見に問い詰める。

そして茂呂は氷見に秘書をやめた理由を尋ねると、氷見は「あんなこと起こしたらやめるでしょ?」と事故で人を死なせてしまったことを話すのだった。

怜の元担任

次の日怜が登校すると学校の門に怜への誹謗中傷のビラがたくさん貼られていた。

そのことを知った藤枝は学校へ向かう。

藤枝は学校で授業中に怜がノートを赤ペンで塗り潰しているら様子を目撃するのだった。

氷見たちはママ友への聞き込みなどから怜が原因で自殺未遂をした元担任がいることを知る。

早速、入院しているその人物に会いに病院へ。しかし昏睡状態で話は聞けなかった。

すると藤枝に京子から電話がきて慌てた様子で怜がいなくなったと言うのだった。

事件の真相

怜は元担任の妻と一緒に海辺にいた。怜はそこで自殺しようとした時に氷見たちと京子がやって来て、藤枝の説得もあり怜の自殺を止めるのだった。

その後、氷見は京子と元担任の妻を事務所に招き話を聞く。そこで京子は怜が発達障害だということを明かす。

すると元担任の妻は、夫が怜に向き合ったことで他の親からクレームを浴びせられ鬱になり自殺未遂に至ったこと、そしてそのことを恨み佐久間家に嫌がらせをしていたことを話すのだった。

その後、氷見は京子にマンションのボスママの夫である柿崎議員(アキラ100%)にお金を払い怜の問題をもみ消したことを問い詰める。

それを聞いた元担任の妻は激怒し京子と言い争っていると、氷見は「怒りをぶつける相手は別にいるんです」と二人に言うのだった。

氷見の作戦

その後氷見は柿崎議員の元を訪れ例の問題をもみ消したことを問い詰める。

実は真野が柿崎議員に色仕掛けで近付き、情報を聞き出していたのだった。

氷見はそれをネタに柿崎議員を脅し、教員の増員など教育制度の改革を行わせるのだった。



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】4話の感想

冒頭の議員が子どもを連れて議会に参加し待機児童問題を訴える場面や、議会中ミントタブレットを食べる場面では、少し前にニュースになった熊本市議会を思い出しました。

他にも土方議員が議会で発した「東京終わってる」という言葉も、少し前にニュースになった「幼稚園落ちた、日本死ね」のパロディーなのだろうなと思いました。

氷見が茂呂とホテルの部屋で話す場面では、氷見が過去に吾妻議員の政策秘書だっということが明らかになり、1話の最後に出てきた氷見と吾妻議員が二人で歩いている写真はそういうことだったのかと合点がいきました。

氷見が秘書時代に政策を遂行するために汚い手を使っていたとのことだったので、その時の名残で今でも自分が得た情報をネタに相手を脅したりしているのだろうなと思いました。

予告では「マンション内のドロドロした人間関係」と言っていたので、どんなドロドロした展開になるのだろうと期待してみていたが、そこまでドロドロした感じはなく中途半端で期待外れでした。

担任の先生が少し問題のある一人の生徒にフォーカスして、他の生徒の親からクレームが来て、板挟みになり鬱になるという展開は本当にありそうでリアルだなと感じました。

アキラ100%の議員役の演技が上手くて、芸人としてのアキラ100%の存在感がいい意味で消えていて違和感なく観ることが出来ました。



スポンサーリンク


【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】4話の評価評判

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【見逃し】ドラマQUEEN(クイーン)4話の動画を無料視聴できるサービス紹介(1月31日放送分)

まとめ

今回は氷見の過去が少し明らかになりました。

しかし氷見についてまだ謎は残っているので今後明らかになるのを楽しみにしたいです。

次回はある夫婦の離婚問題がテーマです。

しかしその設定が、夫婦二人ともテレビで活躍する有名人でかつてはおしどり夫婦として有名だった、妻の方が離婚をしたがっている、動画の生配信で釈明、など完全に船越英一郎・松居一代の離婚騒動のパロディでしょう。

他にも船越英一郎・松居一代の離婚騒動の要素が散りばめられていそうなので次回その辺も注目して観ていきたいです。

【見逃し】ドラマQUEEN(クイーン)4話の動画を無料視聴できるサービス紹介(1月31日放送分)ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の4話が2019年1月31日(木)に放送! ここでは、ドラマ「スキャンダル専門弁護士 ...


スポンサーリンク