2019年春ドラマ

【集団左遷!!】2話のあらすじ(ネタバレ)と感想「泥船に乗って進め!片岡(福山雅治)たちの戦いの始まり」

集団左遷!!


ドラマ「集団左遷!!」第2話が2019年4月28日(日)に放送されました。

ここでは、「集団左遷!!」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

前回「ノルマを達成できたら蒲田支店を廃店させないでくれますか?」と横山に言ってしまった片岡ですが、今回はどんな展開が待っているのでしょうか?

集団左遷!!
【集団左遷!!】キャスト(出演者)紹介!銀行員福山雅治が仕掛ける史上最大の下克上!大人がじっくり観られる良質なドラマで定評があるTBS日曜劇場。 2019年春ドラマのTBS日曜劇場は福山雅治さん主演の「集団左遷!...
集団左遷!!
【集団左遷!!】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)日曜劇場(TBS日曜21時)「集団左遷!!」が2019年4月からスタートします。 主人公の片岡洋(福山雅治)が廃店候補の支店長に着...


スポンサーリンク


【集団左遷!!】2話のあらすじ(ネタバレ)

本部の嫌がらせ

片岡洋(福山雅治)は「蒲田支店を廃店にはさせないと本部に言ってきた」と社員たちに言いますが、「廃店候補になっているならあきらめるしかない」と真山徹(香川照之)はきっぱり。

ノルマがプラス100億なら大丈夫だと約束してきたと片山に言われて社員たちはびっくり。

「蒲田は毎年3%ずつ業績を上げてきたが半年で100億とか結果はもう見えてる。このままだと廃店になった上に島流しになる。そうなったら誰が我々の面倒を見るのか」と真山は説得しようとしますが、口論になってしまい、「だったら好きにしたらいい」と片山は逆ギレ。

とにかく頑張るしかないと繰り返す片山にみんなは抗議しますが、「現時点で泥船みたいなもんだから、頑張るしかないんですよ!」と言います。

花沢浩平(高橋和也)は電話で稟議が通っていなくて、審査部が融資を通してくれないということを知りびっくり。

真山はそれを聞いて「支店長が宣誓布告したことへの報復でしょう」と一言。

本部に行って話を聞くと、不備があった稟議書を書き直せばOKということで実際は電話1本で済む話でした、

一方で横溝厚男(迫田孝也)は町田エネラルから5000万円の融資の相談を受けたと報告してきて拍手が起こりますが、「鶴田工房のマイナス分を経常して100億6000万だ」と真山。

しかし片岡はそれをあくまでポジティブに受け止めるのでした。

横取り

片岡は横溝と一緒に町田エネラル社長の町田良介(市川猿之助)に会いに行きます。

南洋銀行にも融資の話をしていて、なるべく金利を下げたいと言う町田の話を聞いて、「融資の件頑張らせていただきます」と片岡。

片山と横溝は真山に金利を南洋よりも下げたいと言いに行き、真山はそれを承諾します。

「金利の問題が解決すればもらったも同然」と片岡は喜びますが、町田エネラルは羽田支店の三友の支店長に横取りされてしまいます。

片山は宿利雅史(酒向芳)に「なぜ羽田支店ばかり優遇するのか」と言いに行きますが、「リストラ計画は絶対。横山常務に謝れ。そしたら力になる」と言われ、立ち去っていきました。

町田エネラルが本部にとられたことは既に蒲田の社員たちに知られていました。

報告を待っていた横溝はそれを聞いてがっかりしますが、「頑張ろう」と繰り返す片岡に滝川晃司(神木隆之介)は「僕が口答えしたらムカつくでしょ?それを片岡支店長が本部にしたんじゃないですか?」と言います。

真山はとりあえず5000万取り戻せなかったら本部に謝りに行くことにしようと提案。

片岡は自宅に帰ってから部屋から出てきた中学三年生の受験生の息子、裕太に「頑張れよ」と言いますが、「頑張ってるのに、頑張れって言わないほうがいい。会社でも言わないほうがいいよ」と言われてしまいます。

町田の夢

横溝は融資のことがだめだったことがショックだったのか、有休をとっていました。

頑張るだけじゃなくてなんとか取り戻せないかと考えていた片岡は、町田がエコに興味があってやりたいことが他にあると言っていたことを思い出し、町田に会いに会社へ行きます。

町田がやりたいことはエコ関連の事業でした。

町田は過去にメガソーラー事業をやろうとしたことがありましたが、それをやるには3億の資金が必要で、融資は羽田にも断られていました。

その夢を叶えるには少なくとも東京ドーム半分の土地が必要で、他にも色々と条件がありました。

片岡は「探しましょうか?もし見つけられたら、融資のこと考えてもらえませんか?」と言いますが、「今回はすみませんでした」と断られてしまいます。

片岡は土地の件を蒲田の社員たちに話し、もともとうちの客なんだから取り返すべきなんだと力説。

また、平正樹(井之脇海)に岩盤浴で出会った三嶋和夫(赤井英和)の食品会社「三嶋食品」に行ってみろともらった名刺を渡します。

片岡は木田美恵子(中村アン)や花沢と共に太陽光発電を土地付きで売っている物件を見に行きますが、なかなか条件に合うものが見つかりません。

真山が大口の顧客「田口るみビューティサロン」のため土地を探したことがあるという話を聞いた片岡は、普段使っている不動産屋を紹介してくれないかと聞きに行きますが、「それはお客のためになるのか?無駄な借金を背負わすことになるんじゃないのか?」と言われてしまいます。

いつものように定時で帰っていた真山は入院している妻、有里(西田尚美)のところへお見舞いに行っていました。

横溝の変化

有休が明けた横溝は久しぶりに出勤してきます。

実は休み前に人事部に異動願を出していた横溝でしたが、「希望退職者の説明会に出ろ」という返信が来ているだけでした。

横溝は町田エネラルのために片山たちが日々頑張っていることを知り、片山に謝罪し、「土地を一緒に探してもいいですか?一緒に頑張らせてください」と言ってきます。

2人は木戸に勧められた土地に行きますが、その側には海があって太陽光発電は無理そうでした。

しかし出会った畑仕事をしているおばあさんが、使っていない東京ドーム半分の土地を譲ってくれることになりました。

これで5000万は取り戻せるかもしれないと横溝は喜びますが、片岡は真山に言われたことを思い出していました。

2人は町田にアポなしで会いに行き、土地の資料を渡します。

予算は8000万円ほどで、地主と交渉して3年先までタダで待ってくれると約束をしたから、町田の負担にもならないだろうと言います。

しかし融資の話は羽田と進めてくれたらいいし、夢の実現を応援していると言って片岡と横溝は帰っていきました。

真山と横山

片岡は真山から「町田エネラルの件ですぐ帰ってこい」と言われて慌てて帰社。

片岡は「融資ダメでした。謝りに行きます」と真山に言いますが、なんと町田が「融資の件をあらためてお願いできないか?」と蒲田に来ていたのです。

「2人の気持ちが嬉しかった。これからも応援よろしくお願いします」と言う町田に片岡は「応援させていただきます」と笑顔で言うのでした。

一方、平は三嶋食品で「毎月3000万の給振がとれました!」と知らせてきて、片岡は後日お礼に行っていました。

その後のみんなの頑張りにより、100億より7億近く減っており、みんなで飲みに行こうということになりますがいつも定時で帰っている真山は断ります。

真山は会社に残って誰もいなくなると、田口るみビューティーサロンに電話をかけていました。

みんなが会社に戻ってくるとなぜか横山輝夫(三上博史)と真山が対面しているのでした。



スポンサーリンク


【集団左遷!!】2話の感想

1話では1人で走り回って、空回って、とにかくたった1人で頑張っている印象を受けた片岡でしたが、今回は社員たちも徐々に「一緒に頑張ろう」という気持ちになってきたのがよかったなと思います。

「頑張れ」「頑張ろう」という言葉をしつこく言ってきた片岡のことはちょっと気になっていたので、息子の裕太が「頑張ろうって言わないほうがいい」と言っていたシーンは良かったなと思います。

まったく「頑張ろう」って言わないのもちょっと寂しい気もしますが、バランスが大事なんでしょうね。

平のような若手社員にはあまり「頑張ろう」と繰り返し言わないほうがいいかもなと思ってしまいました。

最初片岡は町田エネラルにたいしてぐいぐい自分の意見を押しつけている感じでしたが、なんの見返りも求めず「夢の実現を応援しています」と土地紹介をしていたシーンはかっこいいなと思いました。

融資の件はどうなるんだ?とハラハラもさせられましたが。

真山は片岡と真逆な冷静沈着なタイプなので、まったく違った意見が聞けるのは貴重ですし、蒲田にとっても片岡にとっても良いことだと思います。

滝川はこの中にスパイがいるのかもと言っていましたが、それが真山だと分かりやすすぎるので違う人物であってほしいなと個人的に思います。



スポンサーリンク


【集団左遷!!】2話の評価評判

ドラマ【集団左遷!!】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【集団左遷!!】2話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

まとめ

「集団左遷!!」第2話のあらすじや、視聴者の反応などをご紹介しました。

100億のノルマなんて無理だろうと思っていましたが、1か月で7億のノルマを達成し少しゴールに近づいてきましたね。

泥船とか島流しとか縁起でもないことを言われていた蒲田支店ですが、結構未来は明るいのかもしれません。

しかし最後に真山と横山が会っていたのはいったいなんだったでしょうか。

真山がスパイかどうかはまだ分かりませんが、何か隠していることは間違いなさそうでしたね。

奥さんの入院のお金も必要ですし、裏でつながっているような気もします。



スポンサーリンク