黄昏流星群

黄昏流星群 1話のあらすじと感想「完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)の恋の行方は」



ドラマ「黄昏流星群」第1話が2018年10月11日(月)に放送されました。

ここでは、「黄金流星群」第1話のあらすじと感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。



スポンサーリンク

黄昏流星群 1話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は安定性を求め、実績を上げるためなら年下にも頭を下げる銀行員だった。28年勤め、定年まで10年このまま働くはずだった。銀行員の不倫は御法度で完治も興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)も完治を信用し、ずっと支え続けている。完治は仕事ばかりであるため、真璃子の生きがいは娘、美咲(石川恋)だった。そんな美咲にも真璃子は恋人、日野春樹(藤井流星)を紹介したいと言われ、何とも言えない気分になる。

一方、最優秀賞店舗賞まで獲り、いよいよ本店へ昇進すると思われていた完治は、よくしてもらっていた森口専務がパワハラで訴えられたことで、荻野倉庫への出向を言い渡される。

部下から他人のミスで左遷されたと知った完治は街を彷徨った末に居酒屋でボロボロに酔いつぶれる。そのとき完治は目の前のグラスの中の氷を見ると、その氷がスイスのマッターホルンに見えて、運命に逆らってみたくなる。

数日後、完治はスイスにいた。真璃子には出張だと噓をつき、一人で来てしまった。しかし、悪天候でマッターホルンには登ることも見ることもできない。それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。吹雪の中、ゴンドラに日本人女性、目黒栞(黒木瞳)が乗り込んでくる。

完治と栞は偶然にも同じホテルに泊まっていた。栞は、主人と来るはずだったが出張で来られなくなり、一人でエーデルワイスを見に来たそうだ。完治も山の植物が好きで話が弾む。家族には言えなかった左遷を栞にはあっさり言えてしまった。

ホテルの部屋に戻ろうとする栞に完治は飲みなおそうと自分の部屋に誘う。完治は部屋に入ると、彼女にキスをするが、栞はすぐに去ってしまう。翌日、完治はマッターホルンで栞を探すが、スイスで彼女に会うことはなかった。

一方、真璃子は会社から電話がかかってきたことで、完治が仕事を休んでいることを知る。真璃子と美咲は完治の浮気を疑う。
完治は帰国し、真璃子と美咲がスイスに何をしに行ったのか問い詰めるが、完治は出向のことを言い出せない。完治は栞に謝り、感謝を伝えられなかったことを心残りに思う。

完治は出向のことをいつ家族に言うか迷いながら、出向先の荻野倉庫を見に行く。その荻野倉庫の食堂で栞に再会する。栞は食堂で働きながら、一人で認知症の母の面倒を見ているらしい。



スポンサーリンク


黄昏流星群 1話の感想

黄昏流星群は、漫画が原作で面白いのではないかと期待していました。CMを見ている限り、かなり大人のドラマになっているかと思っていたのですが、ラブコメディーが好きな自分でも抵抗感がなく見ることができました。話の展開も早く、続きが楽しみです。

完治はかなり優秀な銀行マンで、妻の真理子も夫を献身的に支え、可愛らしい娘もいて、何とも恵まれた家庭だなと思っていたのですが、そんな理想的な家庭でもトラブルが起こるのですね。だからこそ、今後の展開が気になるのだと思いました。

スイスで出会った栞も、まさかの完治の出向先、荻野倉庫で働いているとは…。世間は非常に狭いなと思います。完治のことを考えると、栞と本当に再会できて良かったです。

そして、このドラマを引き立てる平井堅の主題歌「half of me」も素敵でした。ドラマのイメージによく合っていると思います。

次回の予告では、完治が銀行を辞め、荻野倉庫に出向するようです。栞と職場が一緒になるみたいです。しかし、完治はまだ会社を辞めたことを言い出せていないのでしょうか。真璃子の完治への疑いも深まるようです。

また、娘、美咲の恋人、日野春樹も来週はかなり登場するのでしょうか。真璃子と春樹の関係も一部見受けられたので気になります。ますます、ややこしいことになっていくのでは…。

あらすじを読んで気になった方は、是非来週見てください。



スポンサーリンク


黄昏流星群 1話の視聴者の反応(評判)とまとめ

来週は娘、美咲の恋人、日野春樹(藤井流星)も登場するようですね。
Twitterでも藤井流星さんへの関心が高いようです。
次回もよろしくお願いします。



スポンサーリンク