黄昏流星群

黄昏流星群 10話(最終回)のあらすじと感想評判「完治(佐々木蔵之介)、真璃子(中山美穂)の夫婦仲は?完治と栞(黒木瞳)は再会できるのか?」



ドラマ「黄昏流星群」第10話(最終回)が2018年12月13日(木)に放送されました。

ここでは、「黄昏流星群」第10話(最終回)のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

前回は栞が突然、完治のもとから姿を消しました。そして、完治は若葉銀行に復帰しました。最終回、結末はいかに?



スポンサーリンク


黄昏流星群 10話(最終回)のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。しかし、妻の真璃子(中山美穂)は家を出て行き、日野冴(麻生祐未)の世話をする形で春輝(藤井流星)を支えている。

完治が想いを寄せる目黒栞(黒木瞳)も姿を消し、音沙汰がない。完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任される。その矢先、同期で融資部長の井上秀樹(平山祐介)が自殺を図ってしまう。

一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。冴は、真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する。だが冴は、春輝との関係は今日で終わりにして欲しいと冴は真璃子に釘を刺した。

真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家に戻ることとなった。

真璃子が家に帰ると、完治が真璃子を井上がいる病院へ連れて行った。井上は意識が回復した。井上は立場を守りたくて、不正を行ったと言うが、完治は井上の上司が不正にかかわって関わっているのではないかと疑う。

完治は不正の原因究明にあたる。奥さんだけでも味方になってくれたらいいのにね、と言う真璃子の一言に、完治は井上の妻に会いに行く。井上の妻が撮っていた井上の動画により、金田常務の指示で不正が行われていたことが分かった。

春輝は真璃子に会いたいと連絡をするが、真璃子は会うつもりはない。冴は春輝に真璃子さんに会っていないのか聞くが、春輝は会っていないと答える。

不正事件が解決したのを機に、真璃子は離婚を決断した。あなたの心の中には別の人がいるから、自分も新しい人生を生きていきたい。自分にも好きな人がいる、と真璃子は完治に打ち明けた。

春輝から母、冴が真璃子に会いたがっていると連絡が入り、真璃子は冴に会いにホスピスに行く。真璃子は夫、完治と別れたと冴に伝えた。冴からはこれからも春輝のことを見守って欲しいといった話だった。

真璃子は家に帰ると、完治宛のはがきが届いていた。栞は糖尿病を患い、母の介護をしていた経験から、好きな人に迷惑をかけたくないという理由で、小さな漁港で働いている。

完治が若葉銀行の不正事件の件でテレビ報道に出ているのを見ており、週刊誌の記事をお守りのように持っている。一度会いに来てほしいと書かれていた。真璃子は、自分なら会いに行くと完治に伝え、完治は栞に会いに行った。

娘、美咲(石川恋)はロンドンで楽しくやっているようだ。真璃子は、春輝との定期的にあっている。完治は、不正事件を解決したことで、その功績がたたえられ、昇進することもできたが、若葉銀行を辞めた。そして、栞とともに、エーデルワイスカフェを開く。



スポンサーリンク


黄昏流星群 10話(最終回)の感想

とうとう最終回となりました。前回は、完治の同期、井上が自殺を図るといったシーンで終わりました。完治は井上の無念を晴らすために、事件を解決していくのかなと思っていたのですが、井上が生きていてホッとしました。

真璃子の一言で、井上の奥さんなら知っている、と気づくことが出来ました。真璃子の日々の支えに、完治は本当に感謝しなければいけません。

真璃子は、完治の浮気を知っていると打ち明けました。完治は真璃子に最後まで浮気がばれていないと思っていたのでしょうか。完治はかなり驚いていました。ただ、夫婦解消も円満に終わることが出来て良かったです。

このドラマは何よりエンディングが非常に良かったと思います。美咲はロンドンで充実した生活を送っているようです。ただ、戸浪教授と色々あったのですから、もう少し結末が知りたかったです。

真璃子も冴に春輝と会うことを許してもらえ、ときどき一緒に会っているようです。この二人はいつ見ても素敵だなと思います。

完治が銀行を辞めるとは、意外でしたが、栞のカフェを開きたいという夢を一緒に叶えました。完治も最初の頃は、仕事一筋でしたが、人生、仕事だけではないということを、栞と一緒に過ごすことで学べたのは有意義だったと思います。



スポンサーリンク


黄昏流星群 10話(最終回)の視聴者の反応(評判)とまとめ

終わり方がすてきでしたね。今回で最終回となりますが、読んでくださりありがとうございました。



スポンサーリンク