黄昏流星群

黄昏流星群8話あらすじと感想評判「消えた美咲(石川恋)の行方は?完治(佐々木蔵之介)の愛の告白に栞(黒木瞳)は?」



ドラマ「黄昏流星群」第8話が2018年11月29日(木)に放送されました。

ここでは、「黄昏流星群」第8話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

前回は、美咲が突然家を去りました。美咲は本当にロンドンに行ってしまったのでしょうか。



スポンサーリンク


黄昏流星群 8話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)と真璃子(中山美穂)の娘、美咲(石川恋)が姿を消した。美咲は日野春輝(藤井流星)との結納をすませたばかりだった。テーブルには「先生とロンドンに行く」という美咲のメモがあった。

美咲の相手が、40歳近く離れた戸浪恭介(高田純次)だと完治に聞かされ、真璃子は驚愕する。しかしそれ以上に、完治だけが二人の関係を知らされていたことに大きなショックを受ける。

目黒栞(黒木瞳)とホテルにいた時に鉢合わせしたと言えない完治は、偶然二人が一緒にいるところを見たからだと話す。だが、その曖昧な説明に真璃子はさらに動揺する。

完治と真璃子は日野家に経緯を詫びに行く。謝るしかない完治たちは、帰りに激昂する冴(麻生祐未)に塩を撒かれる。昏倒しそうな冴を支え、「僕も悪いんだ」と言う春輝の言葉に冴は疑問を抱く。

荻野倉庫に出社した完治が食堂を覗くが栞の姿はない。そんな完治は朝礼で社長に想い出ボックスが評判になっていると称えられた。完治は自分の手柄ではなく、川本保(礼二)たちが支えてくれたからだと応える。完治は銀行の融資を確約し、川本との距離も縮まりつつあった。

食堂で小俣房江(山口美也子)から栞が体調不良で休んでいると聞いた完治は家を訪ねる。すると栞は頑として会おうとせず、完治は追い返されてしまった。家に帰った完治は二人きりの夕食だった。

美咲を心配する真璃子を完治がなだめているとドアチャイムが鳴った。やって来たのは戸浪の妻、和代(松本留美)であった。和代は主人と別れる気はないという。

完治は川本から差しで飲まないかと誘いを受ける。そんな中、美咲から連絡が入った。空港で完治は美咲に、戸浪の妻は離婚する気はないと伝えるが、それでも美咲は戸浪とロンドンに行くと決め、真璃子に別れの電話をかけた。

栞が居酒屋「一番」にいると、完治がやって来た。完治は娘、美咲の話を栞にする。娘は婚約者がいるにもかかわらず、40歳も離れた男の人と浮気をしている。結婚できるわけでもないのに、ただその人と一緒に過ごしたいと娘は言うのだ。

家族を裏切りたくない気持ちとともに、栞と一緒に過ごしたい気持ちをどうしたらよいのか。栞も完治のことがまだ好きだったのだ。二人は山登りに行く約束をする。

栞は母と同じ糖尿病であることが分かり、山登りに来ることはなかった。完治は若葉銀行から呼び出された。守口専務が専務に返り咲いたのだった。そこで完治に銀行に戻ってきて欲しいといった依頼であった。

真璃子は春輝にハンカチを返しに行った。真璃子はもう二度と春輝に会わないと決めていた。そこで春輝は最後のお願いとして、ハーブティーを一緒に飲んで欲しいという。帰り道、春輝は行かないでといって真璃子にキスをした。



スポンサーリンク


黄昏流星群 8話の感想

美咲がロンドンに行く前に真璃子に話せてよかったですね。美咲の心に引っかかっていたものも、少し取れたのではないでしょうか。それにしても戸浪の妻が瀧沢家にやってきて、起こるのかと思いきや、まさかの離婚しない宣言とは驚きました。それは美咲、本人に言わないとどうしようもないのではないかと…。

想い出ボックスの評判が良いようで良かったです。なにより完治と川本の関係が改善された時には、正直嬉しかったです。

そして、完治と栞はやっと居酒屋「一番星」で話すことができました。世間的には不倫はタブーとされていますが、完治が話す言葉に重みがあって、不倫にも人それぞれの生き方なのだなと少し考えが変わりました。(だからといって手放しで容認できるわけではありませんが…。)

真璃子も春輝との別れを決意して、はや二週間目に突入していますが、なかなかこちらの方がドキドキする展開になりそうですね。

来週は、完治が銀行に復帰するようです。折角、なじんだ荻野倉庫ともお別れですか。自分の中では、若葉銀行に復帰という展開は意外でした。真璃子は完治に別れを告げるようですが、春輝のもとへ行くのでしょうか。真璃子と春輝のコンビの方が大人な関係になりそうな気配でしたが、楽しみです。



スポンサーリンク


黄昏流星群 8話の視聴者の反応(評判)とまとめ

金曜ドラマの「大恋愛」とシーンが似ているといった話題もあるようです。

やはり、真璃子と春輝シーンは人気のようです。それでは、また来週。



スポンサーリンク